2011年12月12日月曜日

食欲を誘わないアメリカのケーキ

今の時期、店にはいろんなクリスマスケーキがディスプレイされています。
けれどもアメリカのデコレーションケーキって、本当にカルチャーショック!

日本では定番の、生クリームたっぷり&イチゴやチョコレートの乗っかったクリスマスケーキは、一体どこ?
そういうのを探そうと思っても、それは無理なのです。 アメリカでも、都会だったら手に入るのでしょうか。

こちらで売られているクリスマスケーキって、こんなの・・・


真っ青真っ赤真紫真緑・・・日本ではあり得ない、カラフルな色が使われています。
アップにしてみると・・・


ケーキだと思わなければ、確かにとてもきれいです。
でもこれって、普通のスポンジケーキの上に、着色したフロスティングで絵が画いてあるわけ・・・

この色使い、日本人の感覚ではとてもついていけません。

フロスティングって、大量の砂糖とショートニングが混ざってたりするので、常温でも長期間崩れないらしいです。
だから食べると砂糖のじゃりじゃり感が舌に残るし、唇や舌がに染まっちゃう!

で、食べた後に頭痛がするほど、ものすご~~~~~~く甘い!!


真っ赤っ赤なドレスの人形もケーキです。
切り分けられて、目の前に出されても、ちょっと困ってしまうでしょう。。。
唯一、クッキーを組み合わせたお菓子の家だけは、許せる♪と思いました。


小さい頃から、 「はではでグリーンの恐竜型バースデーケーキ」 やら、「はではでオレンジのハロウィン菓子」 なんかを食べながら育った彼らには、おいしそ~と思えるのでしょうね。

今日載せた写真のケーキの色使いは、実はまだまだおとなしい方。
もっととんでもない原色満載のケーキが、バースデーケーキコーナーなどによく売られています。
また機会がありましたら、ご紹介することにします。

ケーキの色使いの違いって、自己主張の強いアメリカ人と、奥ゆかしい日本人の性格の違いに、そのまま当てはまるのかも・・・?


おまけ 今朝はが出たので、それが木の枝に凍りつき、とても幻想的! 何てきれいなんでしょう♪
       (雪ではありません。)


車の窓やサイドミラーにも、雪の結晶のようなが・・・!




ランキングに参加してみることにしました。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2 件のコメント :

  1. わあ~ きれい! 見るのならいいけど、食べるのは考えちゃうわね。今でさえダイエットしなきゃ・・そう思ってる私にはね。新しい土地で日本人と絆をつなげて、なんかいいね。東京では、隣人も知らない現状ですもの。そうそう 今年の漢字 「絆」ですよ

    返信削除
  2. 直さん、コメントありがとう♪

    「絆」 っていい言葉ですね。大事にしなくちゃ・・・
    私も日本に住んでた時は、隣人とも挨拶程度だったけれど
    こちらの人ってとてもフレンドリーで、スーパーでレジ待ちしていても
    後ろの人が急に話しかけてきたりで、びっくり。

    市販のケーキは食べる気しないので、ダイエットにはいいかも!?

    返信削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...