2019年11月7日木曜日

ペットとのお別れ、安楽死という選択

去年の3月頃から体調が悪かった娘のワンコ、コーギーのカービィ。
何度も、もうだめかもという状態に陥ったのに、今までよく頑張りました。

でもついにお別れの日がやってきてしまい、私たち夫婦も孫を亡くした気分です。。。

抗生物質で何とか抑えていた肺炎をこじらせ、処方されたもっと強い薬の数々も効かず・・・
食欲が全くなくなり、動けなくなり、荒い息遣いで数日間ずっと苦しそうだったとのこと。

とうとう見るに見かねて、安楽死の選択をしたそう。
カービィが一晩入院して家には戻ってきたけれど、かなり状態が悪いという話は聞いていたので、このことについては先週から私たちも覚悟していました。

アメリカでは、治る見込みのないペットに対し、苦しみを長引かせるよりこの方法を選ぶ飼い主が、日本より断然多いです。
大変辛い決断ですけれど、ペットの quality of life を第一に考えてのこと。
非情だ、残酷だ、という評価を周りから受けることは、ほとんどないようです。

安楽死は英語で euthanasia ですが、ペットについては、会話では put ~ to sleepput ~ down という表現が使われます。

娘は処置の前にカービィをたくさん抱っこしてやったけれど、辛すぎるので亡骸は見ず、すぐに火葬してもらったそうです。
遺灰をきれいな壺に入れて家に置いたり、ペンダントにしたり・・・というのも悲しすぎてダメで、そのままペットの共同墓地に埋葬という選択でした。

我が家に来るのが大好きだったカービィ、ミネアポリスから来る度に、家からかなり離れた角を曲がると、もうわかって興奮し始めたそう。
どんな季節にも、それぞれの楽しみがあったものね。



いろんな所で、嬉しそうによく転げ回っていたな~


娘も、経済的なことも含めて、カービィのためにできることは全てやったと思います。
きっと、先天的に体の弱い子だったのでしょう。

落ち込んでいる娘の力になれたらと、急遽夫とミネアポリスに行ってきました。
しばらく料理する気にもなれないだろうから、食料もたくさん積み込んで。

床に落ちているカービィの毛を吸い込んでしまうのも寂しくて・・・ということで、掃除してなかったけど、今回は許しちゃう。
私は黒い靴下を履いていたので、毛だらけになってしまい、それがまた涙を誘いました。

とても辛い経験でしたが、短い生涯でもたくさんの喜びをくれたカービィに感謝です。
出会えて幸せだったね・・・娘も、後悔はなかったと思います。
家族や親戚、友達からも、多くの心温まるメッセージをいただきました。


娘の所に1泊してこちらに戻ると、途中で雪が降り始めたのに、夜は見事な星空!
カービィは星になって、これからも娘のことをいつも見守ってくれるのだなと感じました。


私たちの周りにも、最近愛犬を亡くしたり、いつ何が起きてもおかしくない年齢のワンコを飼っている方が結構います。

病気がちのシベリアンハスキーを飼っている友人は、これからの長い冬に備え、既にワンコが入る大きさの墓穴を庭の一画に掘って、埋め戻すための土は凍らない場所に置いてあるとのこと。。。
ミネソタならではの「あるある物語」でびっくりですが、これも愛なのだろうな~

私たちシニア世代に共通なのは、今飼っているペットに何かあっても次は飼わない・・・という夫婦間の約束です。
動物を飼うことには大きな責任が伴い、飼い主が動けなくなった時のことを考慮してやらなければなりません。
寂しいけれど、仕方がないですね。

娘はまだまだ若いので、少し落ち着いたらまた子犬を飼いたいそう。
良い出会いがありますように・・・


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2019年10月30日水曜日

グリコ・チョコレート・パイナップル

子供の頃に友だちとよく遊んだ「グリコ・チョコレート・パイナップル」のことを、ふと思い出しました。
階段じゃんけんをし、もしグーで勝ったら「グ・リ・コ」と言いながら3段進みます。
チョキで勝ったら「チ・ヨ・コ・レ・ー(エ)・ト」で6段、パーで勝ったら「パ・イ・ナ・ッ(ツ)・プ・ル」で6段進み、早く階段の一番上まで(一番下もありだったかな?)たどり着いた人が勝ちという遊びです。

今の子供たちはもっとエキサイティングな遊び道具の色々に恵まれているので、こんなのはもう廃れてしまっているのだと思いますが・・・

とても単純な遊びだけれど、結構楽しかったな~
伸ばす音(長音)も、つまる音(促音)も気にせず、一文字を階段一段として数えていたっけ。
日本語ってユニークな言語だと、今さらながら思います。


「グリコ・チョコレート・パイナップル」を、なぜ話題にしようと思ったかというと・・・
この遊びを正しい英語の発音でやってみたらどうなるか?と、変なことを考えたので。


英語圏で暮らすようになった日本人が「あれえ?発音が違う!」と感じる単語の色々の中に、高確率で「チョコレート chocolate」が入っています。


Chocolate の発音記号は [tʃɔ́(ː)k(ə)lət]、[tʃɑ́k(ə)lət] などですが、 ( ) 内のあいまい母音は省略して子音だけにしてしまう方が多いです。
つまり、真ん中の co の部分は「コ」ではなく、k の音をごく軽く発音するだけになります。
後半もカタカナのチョコレートのように音を伸ばさず、英語では「チャk・レt」とあっさり2音節。
もしチョキで勝っても、階段はたったの2段しか進めません。

パイナップル pineapple」の「パイ」の部分は [ai] が二重母音のため一音節として数えます。
ですから 「パイ・ナ・ポー」みたいな発音で、こちらは階段3段ね!
しかも、アクセントをつける「パイ」の1段はゆっくり目で、あと2段はもっと速足にしたほうが英語らしいです。
ほとんどずっと同じペースで階段を歩ける日本語と、その点も違います。


「グリコ」は、名前の由来がおもしろい。
創業者である江崎利一氏が、 エネルギー代謝に大切なグリコーゲンが多く含まれる牡蠣に目をつけ、牡蠣エキスを使った「栄養菓子」として売り出したのがグリコです。


子供の頃は、グリコの赤い箱の上についていた「おまけ」を開けるのが、すご~く楽しみだったな♪
それほど物のなかった時代の、懐かしい思い出です。

グリコの公式サイトによれば、おまけのおもちゃも、現代ではデジタルとリアルの融合ですって。
木のおもちゃの動物たちをスマホで撮影すると、バーチャルな世界の中で動きだすそう。見てみた~い!


ちょうど3年前のブログ記事でも、「グリコ」に触れたことがありました。
  ⇒ LとRの発音は永遠の課題 / グーグルの呪い

その時書いたように、残念ながら(笑)グリコーゲン glycogen は英語だと発音がかなり違って、発音記号は [gláikədʒən] です。
「グリコ」ではなく、「gライコ([ə] が「あいまい母音」でグライカに近い)」になっちゃう。
ここでも二重母音の [ai] が登場で、「gライ・カ」と2音節。
チョコレートと同じく、階段を2段だけ進むことになります。

途中で訳がわからなくなって、階段上で足がもつれそう・・・
危険ですから、「グリコ」は英語で遊ばないほうが良さそうだというのが、私の結論です。

音節シラブル syllable)のとらえ方が日本語と英語でかなり違うのが、英語学習者をつまずかせる要因のひとつ。
英語で話す時、「音節」を無視するとリズミカルに聞こえません。
「音節」攻略のためには、それぞれの英単語は「グリコ」の遊びだったら階段を何段進めるかな?と、心の中で考えてみるのはいいかも♪


なお、日本での暮らしが長かったため、夫は今でも日本人と同じように「チョコレート」を略して「チョコ」と言っています。
それが、お見事なまでに完璧なカタカナ発音! 家の中でだけですけれどね。



ずい分寒くなり、昼間でも気温が氷点下の日が続いています。
でもこちらは華氏で表示するので、まだ20度代。気分的に少し救われるかも?

実は今日は、義妹のご主人の70歳のバースデーです。
こんなのを見つけて、お祝いメールに添付しました。こういう時は摂氏 Celsius がいいな!



ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2019年10月22日火曜日

即位礼正殿の儀・・・遠く離れた日本に思いを馳せる

暖かく晴天に恵まれた週末から一転、夕べから暴風と雪混じりの雨が続いています。
逆に、新天皇の即位礼正殿の儀が行われた東京では、雨が上がった後に雲の合間からも見えたとか!
ずっと雨続きだった静岡でも、富士山が顔を出したそう。
新しい令和の時代が、天から祝福されているサインのように思えますね。

1990年に行われた平成天皇の即位の礼は、ニュースでちらっと見た程度でよく覚えていません。
手のかかる幼児二人を抱えて、それどころではなかったもの・・・
今回は遠く離れたアメリカに住んでいるにも関わらず、じっくりと拝見することができて嬉しく思います。

画像はCNNニュースより


新皇后雅子様のお写真は宮内庁提供のものを使わせていただきましたが、まるでお雛様みたい!

大河ドラマなどの俳優とセッティングではなく、両陛下も他の皇族の皆様もお付きの方々も、正真正銘の本物・・・すごい!!
十二単は驚くほど重いものだと聞いています。お疲れ様でした・・・


新天皇皇后両陛下、緊張した面持ちではあったものの、堂々として輝いていらっしゃいました。
そこら辺の大統領たちとは、人間としての格が違うのが明らか。(失礼・・・)

現在「エンペラー Emperorの称号を持つのは世界中でただ一人、日本の天皇だけだそう。
しかも日本の皇室は、神武天皇以来2000年以上続いているとされる「世界最古の王朝」であり、今上天皇は第126代にあたります。

日本の長い歴史の中では、戦争をはじめ色々な出来事があったものの、皇室への敬愛はずっと続いてきました。
国民の安全と豊穣を祈願してくださる天皇のいらっしゃる国に生まれたことを、つくづく幸せに思うと同時に、懐かしさがこみ上げてきます。
ちょっとホームシックだわ。。。


元々は外交官として活躍されていた雅子さま。
通訳なしで各国の要人と会話を弾ませることができる新皇后は、世界中から尊敬の眼差しを浴びているようで、とても誇らしく思います。

長い長い療養生活中には、バッシングを受けることも度々だったことでしょう。
やっとご自分らしさを取り戻されたかに見える雅子さまの、風格と気品のある笑顔のお美しいこと!
辛いご経験を乗り越えたからこそ、なおさらの輝きを内面から放っていらっしゃるように思えます。


絢爛豪華な調度品などで権力を見せつけるのではなく、シンプルながらも凛とした皇居の独特なたたずまいに、海外からの来賓客は驚かれたでしょうね。
ミニマリズムの極致として数年前に話題になった、平成天皇とサウジアラビアのムハンマド副皇太子殿下のご会見の場の様子。


日本人として、こんな空間に憧れるな・・・
心の中までも、こうありたいものです。年と共に、色々と溜まっているのでね。

即位礼正殿の儀、続いての饗宴の儀も無事に終わり、両陛下も関係者の皆様もどんなにほっとされていることでしょう。
これからも続く饗宴の儀、台風で延期になってしまったパレードなど、まだしばらく関連行事が続くようですね。
全てが滞りなく終わりますよう、お祈りしています。

そして、令和の世が安泰でありますように・・・


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...