2018年8月8日水曜日

実は虫好きだった?

今度の週末から、日本に住んでいる息子夫婦がミネソタに遊びに来ます♪
残念ながら、9日間だけなのですけれどね(涙;)

家と庭の掃除、ジープやボートの点検、メニューを考えたり、大勢集まってのパーティーの計画を立てたり、準備することが山ほどです。

息子たちに見せやすいように、自分で撮った写真の整理もしています。
美しいミネソタの夏には、風景や生き物の写真がやたらと多いこと!


そこでふと気付きました。
私って実は、「虫は平気」を通り越して結構「虫好き」みたい・・・
(前にも書きましたが、悪名高きGくんと人を刺したり噛んだりする虫は除きます。)

ブログでも、オオカバマダラ Monarch butterfly の幼虫マダニとホタルとハナグモトンボセミの羽化など、話題にしたり写真を載せたりしてきました。
虫嫌いの皆さんの、顰蹙(ひんしゅく)を買っていたかも。

子供の頃も、「ダンゴムシのおうち」を作って遊んでいたな~
ダンゴムシ好きは、私の子供たちにもしっかり遺伝(笑)。
英語では Roly-poly という可愛らしい名前で、子供たちに親しまれています。

鱗粉の舞いそうなは割と苦手だったのですが、ミネソタに移住してから段々平気になって克服!
きれいだな~と思えるようになってよかった・・・

ミルクウィードオオカバマダラ Monarch butterfly は、とても仲良しです。


家の周りのミルクウィード Milkweed、毎年どんどん増えている気がする・・・
オオカバマダラの幼虫の大好物なので、この花が咲く場所にはたくさんの蝶が集まってきて卵を産みつけます。
ミネソタの「州の蝶」ですから、大事にしなきゃね。

Monarch butterfly より小型のも発見。似たような色合いです。
ラブラブの2羽のそばに、文字通り「おじゃま虫」のもう1羽がやってきて、ちょっかいを出している図・・・?
この後、どうなったのかな?


庭の花に水やりをしていたら、マリーゴールドの鉢にやたらと凝ったデザインの毛虫を発見!!


ひゃ~、今までこんなの見たことなかった。背中も側面もモフモフだ~っ!!
(ミネソタで生まれ育った夫にとっては、おなじみの毛虫だそう)
神様の設計図が見てみたい♪


お尻のほうの毛はどうなっているのかな?とカメラを近づけると・・・
ありゃりゃ、お尻をひょいと持ち上げ、カメラに向かってフンをプリっと飛ばしてくれました!
結構、勢いがよかったぞ。


子供時代がこんな派手なのだから、大人になったらどんなに妖艶な姿を見せてくれるのかと期待して調べたら・・・

こんなに地味でびっくり。印象が違い過ぎでしょ!
毛虫はいかにも毒々しい姿で、天敵を近寄らせないようにしているのでしょうね、きっと。

画像は Wikipedia より

White-marked tussock moth(学名 Orgyia leucostigma)という蛾の幼虫 caterpillar のようです。

日本名はわからないのですが、これにそっくりな White-spotted tussock moth は、ヒメシロモンドクガ(姫白紋毒蛾)と呼ばれるそう。
毒は持っていないのに毒蛾扱いされているらしく、ちょっと気の毒・・・


虫が苦手な方は、とにかく一刻も早く視界から消えて!とパニクってしまうようですね。
自分と全く違く形態のものに恐れを感じ、危険を回避しようとするのが人間の本能なのでしょう。

「毛虫のように嫌う」という慣用句もあるほどですから、写真さえ見たくない人が多いかも。
こんな記事をアップしてしまって、すみません。。。

クモが大嫌い!という人も、周りにたくさんいます。
確かにバカでかいのがモゾモゾ出てきたら嫌だけれど、普通サイズのクモなら私は平気です。
弟子入りして修行を積まなくても完璧な巣を作ってしまうなんて天才!と尊敬しているほど。

虫の動きを時々うっとり観察している私って、もしかして変態かしら・・・?


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2018年7月30日月曜日

アメリカでも作れる春巻きのレシピ

独立記念日についての記事の中で、「次回アメリカでも作れる春巻きのレシピを載せます!」と宣言していたのに、先延ばしにしてしまいました。。。

すみません、皆さんとっくにお忘れだと思いますので、もう一度しつこく写真を。


意外と少ない材料でたくさんできますから、おすすめよっ♪
冷めても、皮のパリパリ状態は変わりません。
材料は、アメリカの田舎でも手軽に買えるものばかりです。

皮は、一昨年の記事「さわやか春巻きと、フィリピンのバナナ春巻きトゥロン」でもご紹介した egg roll wraps を使いました。
新鮮な筍の水煮はこの辺では手に入らないので、缶詰を使用。


春雨の食感は日本のものとは少し違いますが、これにも段々慣れてきました。


親戚に豚肉が苦手の方がいるので、鶏肉と半々にすることに・・・
鶏ひき肉があれば、もっと簡単なはずです。
でも今回はどこにも売っていなくて、仕方なくささみをせん切りに。

春巻き40個分の材料、たったこれだけです。少ないでしょ?
一度にあまりたくさんは包めませんから、これでもやや余る量なのです。


材料を半々に分けて同時進行で混ぜ合わせるため、ちょっと忙しい・・・



アメリカでエッグロールに何をつけて食べるかと言うと、生春巻きと同じようにスイートチリソースを好む方が多いようです。
春巻きにはしょうゆ辛子でしょ・・・と私は思うのですが、今回しょうゆとスイートチリソースを混ぜ合わせてみたら、これが大ヒットでした!

Target で見つけた、sweet red chili よ。辛いのが苦手な方にも大丈夫そう。
春巻き自体にしっかり味がついているので、何もつけなくてもおいしいですけれどね。
何だか、アメリカ・中国・日本・タイのコラボ料理っぽくなってきたかな。


今回の春巻きは、前菜のひとつとして用意しました。下がレシピです。
うんざりするほど作らず、「ああもっと食べたかったな~」と思ってもらえる位の量が、ちょうど良いのではないかしら(笑)


揚げ春巻き(40個)

材料
  Egg roll wraps  2パック(1パックは20枚入り)
  豚ひき肉  200g
  ささみ  200g(せん切り)
  しょうが  少々(みじん切り)
  Bean threads(緑豆春雨) 1かたまり分(50g)(ゆでて食べやすい大きさに切る)
  筍水煮スライス缶 1缶(142g)(さらに細切りに)
  人参  4本(せん切り)
  マッシュルーム  6個(スライス)
  グリーンオニオン 4本(4センチ長さに切って細切り)
  しょうゆ  大さじ4
  砂糖  大さじ1と1/3
  酒・みりん・ゴマ油  各大さじ2
  鶏ガラスープの素  小さじ2
  オイスターソース  小さじ2
  水溶き片栗粉  水大さじ2+片栗粉 (potato starch) 大さじ1と1/3
  水溶き小麦粉  少々

作り方 フライパンを2個用意して同時進行。野菜・春雨は半量ずつ使用)
 1) フライパンにサラダ油少々を入れ、香りが出るまでしょうがを炒める。
   片方に豚ひき肉、片方にささみを入れて炒める。
 2) 肉の色が変わってきたら、人参、筍、マッシュルーム、グリーンオニオンを順に加えて炒める。
 3) 春雨も加え、ボウルに合わせておいた調味料を半量ずつ入れて混ぜる。
 4) 火を一度消し、水溶き片栗粉を半量ずつ加え、全体をよく混ぜ合わせる。
 5) 再び弱火にかけ、とろみをつける。
 6) 冷めたら、egg roll の皮に具を少量ずつ乗せて巻き、巻き終わりを水溶き小麦粉で留める。
   水溶き小麦粉を塗るには、小筆を使うと便利。
 7) 深めのフライパンにサラダ油を熱し、7個位ずつ揚げる。冷めたら斜め半分に切る。


ところで「春巻き」を素直に訳すと spring roll ですけれど、egg roll との違いは何なのでしょう。
私もよくわからなかったのですが、アメリカ人は spring roll と聞くとベトナム料理でポピュラーな「生春巻き」を思い浮かべるようです。

米粉でできた、丸くて透き通った薄い皮。ここでも意外と多くのスーパーで扱っています。
生春巻きを作る人、そんなにたくさんいるのかしら。

中身はレタスやエビ、きゅうり、アボカド、人参などがポピュラーです。
好き嫌いがはっきり別れる香菜が入っていることも・・・

レストランのメニューには、 fresh spring roll と書いてあることが多いです。
冷たいままいただくせいか、summer roll (夏巻き?)という別名もあるとのこと。

そして日本でおなじみの「揚げ春巻き」が、アメリカでは egg roll です。
大抵のスーパーで買える egg roll の皮は、日本の春巻きの皮より厚めでひとまわり小さく見え、揚げると表面がボコボコになります。
皮に卵が使われているから、egg roll なのですって。

町にあるタイ料理のレストランでも、メニューに egg roll があるのですが、これには日本の春巻きみたいに表面がすべすべで薄い皮が使われていたな~
中身はともかく、皮がパリパリでとてもおいしかった!

アジアの食材を扱う都会の店なら、きっとこういう皮にもお目にかかれるのでしょう。
アマゾンにないかな?と調べたら、やはり spring roll は丸い米粉のものばかり。

おっ、こんなのを見つけた~!!日本の春巻の皮に似てる~


でも、一度に20パックも買ってどうしろと言うの。。。
商売でも始めちゃう???


海外生活での料理は色々と制限も多いですが、何とか工夫して満足できる味を再現するのが喜びでもあります。
私などよりもっともっと頑張っていらっしゃる方が多いので、見習わなくては・・・


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2018年7月24日火曜日

シニア世代の恋愛も盛んなアメリカ

先週後半から週末にかけて、お付き合いの予定がぎっしりでした。
でも、金曜の夜に泊まりに来る予定だった方から急にキャンセルの連絡があり、ありゃりゃ~という気分でくつろいでいたところ・・・

夜8時頃に、トントントンとドアをノックする音。(家にはインターホンがない)
窓からチェックすると、図体のデカいおっさんが中の様子ををうかがっていました。

この人は夫の幼なじみ(悪友?)で、数年に一度、なぜかいつもアポなしで突然やって来るのです。
私たちだって留守にすることも多いのに、彼が現れる時には百発百中在宅なのが不思議・・・


「ああよかった、今日もいてくれた!」と嬉しそうに言った後、「実は紹介したい人がいる」とのこと。
まだ車の中で待っていたひとりの女性を呼んでから、一緒に家に入ってきました。
お名前と共に紹介してくれた後、「僕のフィアンセです♪」とにっこり!!

私も30年以上前から知っているこの友人、レビー小体型認知症を患った奥様の自宅介護を、10年も続けていました。
2年程前に奥様を亡くされてからは、ひとり暮らし。でも、寂しくなってしまったようです。

フィアンセさんも、ご主人と死別なさったとのこと。
二人とも70代ですが実年齢より若々しく見え、少年少女のように恋を楽しんでいる様子で微笑ましいこと!


彼の話によれば、奥様は最後の数年は全く言葉を発すことはなかったそう。
でも、亡くなる1週間前に突然はっきりした声で "Let me go."(もう私を行かせて)と彼に告げたのですって。

奥様はすでに飲み込む力もなくなってきて、彼がスポイドで流動食を何とか与えていた最中だったとのことです。

最後の力を振り絞って、ご自分の意思を伝えたのでしょうか。
それからは食事を一切受け付けなくなり、亡くなる前の晩には彼の名を2回呼んだそう。
きっと愛情と感謝の気持ちを伝え、お別れを言いたかったのだろうと、聞いていて涙が出ました。

"Let me go. " は、「これまでありがとう。もうあなたを自由にします」という意味だったと私は解釈し、彼にもそう伝えました。
もし自分が奥様の立場だったら、やはりそのように言いたかったと思います。


周囲のアメリカ人を見ると、シニア世代でも恋愛意欲がお盛んで驚いてしまいます。
パートナーと離婚あるいは死別後にも、友だちの紹介やいわゆる「出会い系サイト」さえ利用して、生き生きと恋を楽しんでいる方がいっぱい。


「老いらくの恋」に対しては、日本人よりアメリカ人のほうがずっと積極的だし、周囲の人々も寛容な視線で見守ることが多いかな。

と言っても、子供や兄弟にとってはやはり複雑な気持ちかもしれませんね。
実際に結婚となると、財産問題などでひと悶着の心配もありますし・・・

それでも人を愛することは貴く、人生を輝かせてくれます。
私たちとしては、お幸せにね~と彼らを応援したいです。


翌日の土曜日は、お泊りガールズナイト
女性ばかりのグループで、カクテルを飲みながらこの話をしたところ、「もし夫に先立たれたら、私も素敵な人と知り合ってまた恋をしたい」と即答した人がいました!

夫婦仲が悪いわけではなく、逆にすこぶる良好で愚痴など聞いたことがありません。
ご主人がいなくなってしまったら、寂しくてひとりではいられないので・・・とのことでした。

私は・・・・・・多分、その可能性はゼロです。
誰か別の人と一からやり直すなんて、ときめきより先に面倒臭いと感じちゃうだろうな(笑)

ただし逆の場合、私よりは寂しがり屋の傾向がある夫がもし誰か他の女性を好きになっても、「うらめしや~」と化けて出てくることはないでしょう。


それにしても友人くん、立派なスマホをお持ちなのですから、アポなし突撃で深夜過ぎまで居座るのは、もうやめてくださいね(大汗;)


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...