2019年1月11日金曜日

「ゐ・ゑ・ヰ・ヱ」の本来の音・・・英語みたい?

旧仮名遣いの「ゐ」「ゑ」「ヰ」「ヱ」って読めますか。
   正解は「い」「え」「イ」「エ」です。
読めたとしても、自分で手書きしたことなどない方が多いと思います。

でも「ニッカウヰスキー」などの固有名詞に、今でも細々と生き残ってはいますね。
機種によるかもしれませんが、PC でも iPad でもスマホでも、「い」と「え」を入力するとこの旧仮名がそれぞれちゃんと候補に挙がってくるので、逆に驚いてしまいます。


奈良時代には「ゐ」と「い」、「ゑ」と「え」、そして「を」と「お」にも、発音上の明確な区別があったようです。


平安時代以降は次第に混同されることが多くなり、やがて統合。
でも戦後に仮名の表記法が改正されるまで、一般の文書にも文字だけは残りました。


「ゐ・ヰ」「ゑ・ヱ」「を・ヲ」の本来の音は、「ウィ wi」「ウェ we」「ウォ wo」だったと言われています。
(あれ?「ニッカウヰスキー」は「ニッカウウィスキー」?)

なぜ昔はそのような音が存在したのか、そしてなぜ次第に消滅してしまったのか不思議です。
奈良時代の日本人に英語を話させたら、現代人より発音が上手だったかも!?

ワ行の「ウ」はどうでしょう。
文字としては残っていないけれど、やはりア行の「ウ」とは別に の音が含まれる「ウ」があったのでは!?

・・・期待してググってみましたが、残念ながらそれを証明するような記録は残っていないようです。
「ウゥ(?)」という音に出会いたかったな。

実は奈良時代の人たちにとっては、「ワ」も英語っぽい「ウァ」で、ワ行は「ウァ・ウィ(ヰ)・ウゥ・ウェ(ヱ)・ウォ(ヲ)」だったかも?
(私が勝手に想像しただけです。)


旧仮名から、英語の発音の話に飛びますが・・・
Wの音は、唇を小さく丸めて尖らせた形でスタートする必要があります。
そう、バースデーケーキのキャンドルを吹き消す時みたいに。

こんな表記は見たことないけれど、「ゥア・ゥイ・ゥウ・ゥエ・ゥオ」と文字の大きさに合わせて口の開き方も変え、初めゆっくり、段々速く wa, wi, wu, we, wo と言ってみると、英語らしい発音の練習になると思います。

タイガー・ウッズの Woods なども、日本人には難しい音です。
この出だしも、どうしても不得意な方は「ゥウ」のつもりで発音すると良いのでは?と、ふとひらめきました。
Womanwouldwolf なども同様です。)


現代仮名遣いでは「ヤ・ユ・ヨ」しか残っていないヤ行はどうでしょう。
文字としては当てはまるものがなくても、ア行の「イ・エ」とヤ行の「イ・エ」の音も、昔は区別されていたそう。

初めは 「ウィ wi」「ウェ we」という音だった「ゐ」「ゑ」が、時代と共にヤ行の yiye に変わっていったようです。
そしてついには、ア行の「イ」「エ」と同じになってしまったそう。

私たちにとって意外と手強い earyear の発音の区別も、「いにしえびと」にとっては朝飯前だったかもしれませんね。


Happy New Year! が Happy New Ear! にならないよう、ちょっと意識したほうがよさそう。
でも普通は文脈でわかってもらえるので、それほど問題になりません。


カタカナで書くと Yes は「イエス」、パン作りに必要な yeast は「イースト」ですが、Yの音って実は意外と厄介です。

Wの音の練習にワ行の「ゥア・ゥイ・ゥウ・ゥエ・ゥオ」が効果的なのと同じく、Yの音についてはヤ行の「ヤイユエヨ」を「ィア・ィイ・ィウ・ィエ・ィオ」のつもりで練習することをおすすめします。

喉の奥から(腹の底からかも)の空気の勢いが、英語の発声には必要。
日本語で話す時より、自然に声が大きくなってしまいます。
口周りの筋肉をたくさん使い、舌をもっと動かし息もいっそう使うので、体力勝負ですね(笑)


平均的日本人が例外なく不得意なLRについては、それを文字上で区別できるような新しいカタカナ表記が登場すればいいなと思っています。
THを表すカタカナも、どなたか作ってくださいな。)

ついでに「ゐ」「ゑ」「ヰ」「ヱ」の文字も、奈良時代の音と共に復活なんてことになったら、私は拍手でお迎えしたい気分になっています。

 *以前書いたこちらの記事もよろしくね♪ ⇒ LとRの発音は永遠の課題 / グーグルの呪い


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2019年1月6日日曜日

2019年の抱負と心配事

やっとクリスマスツリーなどの飾りを片付け、普通の景色が戻ってきました。

新年の楽しみのひとつは、年賀状に代わるメールのやり取りです。
日本の家族と親戚や友人たちも、それぞれ生き生きと頑張っている様子・・・愛情あふれる文面を目にすると、飛んで行って会いたくなってしまうな~
嬉しいながら、ちょっとホームシックになりがちな季節です。

さて、一部の方への年賀メールにも書いたのですが・・・
今年はネガティブな言葉なんて決して口にせず、いつも微笑んでいる天使になろうか?
それともいのしし年(亥年)なので言いたいことは我慢せずに、相手によってはをむいてしまおうかと迷っています。

私の牙なんてこの程度だけど・・・


エナジーバンパイア(ネガティブオーラを発しまくり、相手の生気を奪うことで自分が元気になるタイプの人)に接しても影響されない強さは、両方を使い分けることで得られるのかな?
幸いいつも笑顔で心優しい方々がほとんどの環境で、牙のことは滅多に考えずにすむことに感謝です。


具体的な新年の誓いは・・・

昨年かなり頑張ってリスト「ラ・カンパネラ」を暗譜した勢いで、今年はムソルグスキー「展覧会の絵」全曲のピアノ演奏にチャレンジです♪♪♪

これも学生時代に一応弾いたものの、不満足な出来のまま放置していた曲。
特に「バーバ・ヤーガの小屋」から「キエフの大門」に続く最後が圧巻で、弾く度に魂の震える思いです。


錆びついてくる脳みそ刺激のために、英語ももっともっとレベルアップしたいところです。
ネイティブスピーカーの生の英語に日々接することができる環境ですもの、日常生活には困らないからまあいいか・・・なんてハードルを低くするのは勿体ない。
役立ちそうなことは、このブログでもシェアしますね!

ためておくだけでは何の役にも立たない数々のレシピ・・・そのうち作ってみようと思っていた料理もお菓子も、どんどん試す予定。
でも糖質制限など実行中だったり、グルテンがダメという方が増えてきて、差し上げるものには気を遣います。


ところで、この頃よくニュースの話題に上るのが AI(人口知能)やロボットについて。
テクノロジーの発達は喜ばしいことですが、逆に人間がどんどんダメになっていきそうで心配です。
増えた余暇でバラ色の未来ではなく、失業者ややる気のない人があふれるのでは・・・

自分の能力が退化しているなと感じる色々なこと。。。

友人の電話番号など、覚える努力なんてだいぶ前からしていません。
(自分の番号さえ、そらで言えない)
何でも便利になった反面、スマホを持って出かけるのを忘れたら、自宅以外誰にも連絡できない・・・それに、公衆電話そのものがなくなってしまいましたから。
若い頃はちゃんと暗記していたのにね。小学校からの親友の自宅番号は、今でも覚えていますよ。

漢字は読めてタイプすることはできても、手書きでは書けないものがたくさん。
英単語のスペリングもスペルチェックのお世話になりっぱなしで、紙に書こうとすると簡単なものでさえ怪しい・・・

日本に帰国した時には、電車の乗り換え情報もネット任せ。
昔は時刻表とにらめっこで、自分でベストな方法を確認していたのにね。

どこかに出かける時も、この頃はグーグルマップ様が頼り・・・
本当に便利でありがたいけれど、最近まで地図を逆さにしたりしながら(私、方向音痴なので)迷っていたのが懐かしい。


きっと、優秀な翻訳機に通訳を全て任せられる時代も近いことでしょう。
気の遠くなるような時間をかけて外国語をマスターするのが、バカらしくなってくるかも。

楽器演奏も、ロボットには敵わなくなってしまったりして!?
これは2016年の動画でまだかなり音痴ですが、今はどの位上手になっているのでしょうか。


楽器演奏などに自分でチャレンジする意欲が、人間からなくなったら悲しいことです。
ロボットバンドは既に活躍中。全員ロボットというオーケストラも、そのうち登場するかしら?
スポーツに関してもそうですね。ロボット対ロボットの試合・・・観る気がしないけどなあ。

料理も、ロボットのほうが失敗なく無駄なくやってくれるようになるかもね。
将来は包丁を使えない人間が増えてきそうです。

あらあら、ひょっとしたらブログなども、その日に撮影した写真を元に文章自動作成の時代が近いかも?


私の今年の新年の誓い、あと何十年かすると「なぜそんなことに時間をかけているの?」と不思議がられるようになるかもしれないものばかりでしょうか。
そういう時代が訪れた来た時、人間は毎日一体何にワクワクしながら暮らしているのでしょうね。。。

進化には逆行かもしれなくても、私は老体に鞭打って、あえて面倒くさいことを大切にしながら日々を送りたいと思っています。
ひとりでいても思わずニコニコしてしまう真の喜びって、お手軽な娯楽からは決して得られませんから。

もうひとつの目標は、自分のお気に入りのものだけに囲まれたすっきりした環境を整えること。
日本から移住する前にかなり断捨離したはずなのに、またじわじわと物が増えてきちゃった!

決して片付け上手ではなかった娘も、ミニマリストを目指しているそう。
今年は、小さな引き出しのひとつひとつから大きなクロゼットまで、もう一度全て見直すことにしましょう。

皆様にとっての2019年も素晴らしい年となりますよう、心よりお祈りしています。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2018年12月30日日曜日

どうぞ良いお年を!

ぐ~んと冷え込んできたミネソタでは、明日の大晦日の最低気温はマイナス30℃ですって!
お正月も引き続きかなり寒そうですが、1月3日から5日の昼間は、いきなり0℃前後だそう。
ここに住んでいると、0℃なんていうのは本当に暖かく感じるように身体が変化しました。

日本のように大掃除したりおせち料理を作ったりはしないものの、今日は家じゅうに掃除機をかけて新年を迎える準備です。
しばらくの間、クリスマスとお正月の飾りが混在する不思議な空間となります。

来年はカエル年だっけ?

洋食ばかり続いたので、今日は純和食。
やはりお肉がどで~~ん!より、色々なものをちょこちょこ少しずついただくのがほっとします。
明日は年越しそばも作る予定です。


ミネソタ暮らしも、早いもので8年目進行中です。
3日坊主で終わるかも・・・という危惧と共に始めたこのブログも、更新頻度は低いながらも我ながらよく続いています。

ブログを始めたばかりの頃の記事を読み返すと、何だか初々しいこと!
夏しか来たことのなかったミネソタで、初めて秋・冬・春を迎えることや、サンクスギビングクリスマスなどのイベントを体験することに、とてもワクワクしていたのでした。

最近は前回の記事のように「やれやれ、またか・・・」という態度になっていたことを、深く反省です。。。


それほど立派なことはしていなくても、日々家族(今は夫&ネコ)と自分のために快適な環境を整え、こんな年になっても少しずつ何らかの形で成長していくことに小さな喜びを感じています。

変わらず温かく包んでくれる夫、心優しい親戚や友人たちとオーケストラの仲間にも感謝です。
「ミネソタナイス」の言葉通り、困った時には手を差し伸べてくれる大勢の方々がいらっしゃらなかったら、孤独感に押しつぶされていたことでしょう。


さて、来年はどんな年になることやら・・・
世界情勢はあちらもこちらもきな臭く、心配の種はつきませんね。
でも、くよくよしていても私たち個人の力ではどうしようもないことですから、笑顔でいることにしましょう。

個人的には、人様のお役に立てる機会があればどんどん飛びつこうと思っています。
そして、まだまだ試したいレシピ、弾けるようになりたい曲、読み直したい本がいっぱい!

英語力もさらにつけたく、来年はそれに関するブログ記事にも力を入れる予定です。
英語を英語らしく話すには、顔の「英語筋(?)」も腹筋も鍛えなくてはいけません。
これ、真面目な話です。詳しくはまた来年・・・

それでは、皆様もどうぞ良いお年をお迎えくださいね♪




にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...