2019年7月16日火曜日

ナマケモノたちのパーティー / おしゃぶりの妖精

昨日は、3歳になった親戚のEちゃんの誕生会に招待されました。
パーティーのテーマは、「ナマケモノ」

去年の2歳の誕生会の時、ギフトのひとつだったナマケモノ Sloth のぬいぐるみ。


これが大のお気に入りのEちゃんを喜ばせようと、家の中はナマケモノが住むジャングルみたいになっていました。
ママが中心となりパパも協力しながら、準備に相当な時間をかけたようです。


この年齢の女の子が好きそうなウサギクマでなく、ナマケモノとはめずらしいですね。
日本だったらマイナーな動物に思えるのですが、アメリカでは大小のぬいぐるみ、Tシャツ、毛布、バッグ、紙皿まで、ナマケモノグッズが意外と豊富なようです。

ごく普通のスナック菓子でも、「ナマケモノの爪」「ナマケモノの歯」などと手作りタグがついていると、それらしく見えてきます。




ジャングルジュース!中身は、何かな~?


最高傑作は、やはりママ手作りのナマケモノのケーキですね。Eちゃんお気に入りの毛布のデザインまで、忠実に真似しています。



3本のキャンドル、簡単に吹き消しました!
この後、顔の部分を切り分けるのがちょっと可哀そうだった・・・


プレゼントをひとつひとつ開けた後、ほとんどのゲストが帰ってしまうと、家族だけの神聖な儀式が始まりました。

西洋では、乳歯が抜けると「歯の妖精 Tooth Fairyが夜中にそれを持って行き、代わりにコインを置いていってくれるという言い伝えがあります。
(日本で育った我が家の子供たちに、妖精が置いていったのは五百円玉でした。)


今回は「歯の妖精」ではなく、「おしゃぶりの妖精 Pacifier[Paci] Fairyのお話です。
おしゃぶりがないと落ち着けない子供にとって、卒業するのは結構難しく、親子でバトルが繰り広げられることが多いみたい。

Eちゃんはそれほどまでには依存していなかったけれど、もう3歳になるので、時々口にしていたおしゃぶりを妖精にあげてしまおうね、という約束が事前にあったようです。
まだおしゃぶりが必要な他の赤ちゃんの元へ、きっと妖精が運んで行ってくれることでしょう。

パパとママ、お姉ちゃんであるLちゃんにも見守られながら、庭に用意された袋に、Eちゃんは自分のおしゃぶりを真面目な顔してそっと入れました。

とても美しく、ちょっと切ない光景でした。
誕生日の前日、「明日から、家には2歳の小さな女の子はいなくなってしまうのだ」と気付いたパパ・・・娘の成長が嬉しいのだけれど、密かに涙したそうです。。。

ナースとして働くママをサポートし、ずっと子育てに積極的に関わってきたのですもの。
二人のお嬢さんたちがもっと成長しても、頼られ、慕われる父親であり続けることでしょうね。
愛情いっぱいの素敵な家族に乾杯♪


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2019年7月7日日曜日

七夕の飾り / 快適なミネソタの夏

この前日本に帰った時、買ってきたもののひとつがこの七夕飾り


子供たちが大きくなってからは、笹に短冊などを飾ることもなくなり、七夕が特別な日ではなくなってしまいました。
ですから、これを見つけた時はちょっと嬉しくて、自分のために買ってしまったのです。

たまプラーザテラスの、オーサムストア Awesome Store という店で一目ぼれ・・・
お値段は、何とたったの190円!
この店、他にもやたらと安くて気になるものが多かったです。

今年は余計なものは買わないようにしようと思っていたものの、「小さい・薄い・軽い」の三拍子に、つい手が出てしまいました。
この七夕飾りみたいなフェルト製の可愛い雑貨、季節ごとに色々欲しくなってしまいますね。

今の時期、寝室からは北斗七星がど~んと見えるのが嬉しいです。
織姫と彦星も、1年に1度のデートをきっと楽しめたことでしょう。
ホタルもあちこちに飛び、カエルの鳴き声が聞こえてきて、癒されるな~~


今日は、ウォーキング中に写真も撮りました。


 小さくてふっくらした黄色の花が可愛いらしい、セイヨウミヤコグサ (Birds-foot trefoil / Lotus corniculatus) に止まっている、これまた小さな(蝶とは違うような?)です。
何という名前なのかな?

野生のラズベリーが、あちこちで少しずつ色づいてきたよ~♪
毎年確実に、すごい勢いで増えている気がする・・・
粒が小さいので収穫は大変ですが(今年は蚊も特に多いし)、ジャムやソースを作るつもりです。


ミルクウィード(トウワタ) Milkweed の数も、ネズミ算的に増えているのでは・・・?
オオカバマダラ(モナーク蝶)Monarch butterfly を引き寄せる花です。つぼみのピンクがだいぶ濃くなってきました。


マダニの数はかなり減ったけれど、アブが多くてネット付きの帽子が欠かせません。

でも、湿気が少なくてそれほど暑くならないミネソタの夏は大好き♪
冬は北極並みの寒さに耐えているのだから、せめて夏は快適に過ごさせてもらわなきゃね。


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2019年7月3日水曜日

あれ?独立記念日ってこれからだっけ?

思い切りバタバタしていた週末が終わり、今日は誰かに会う用事もなく、久しぶりにゆっくりと庭の花の手入れなどをしていました。
夕食はどうしようかと、アメリカの料理サイト(クックパッドに似ている Allrecipes というサイト)を眺めていたら、やたらと 4th of July独立記念日)用のものが並んでいるじゃない?

そう言えば、本番は明日だっけ!?
都合により先週末に早めに祝ってしまったため、もうすっかり終わった気分でいました。


今年も義妹夫婦の家に招待され、ミネアポリスや、ここよりもっと北の町ロゾーから、続々と親戚一同が集合。
残念ながらお天気はイマイチで、ボートに乗っていたら雨が降り始め、濡れてしまって急いで家に駆け込むことに・・・

それだけではなく、一番年長の姪のご主人のもとに、彼の親友が心臓発作のため40代の若さで急死という悲報が届き、いつもより自粛ムードになってしまいました。
4th of July なのに6月中に祝ってしまったのも、残念さを増したかな~

それでも雨が止んで青空が広がってから、もう一度ボートに乗って遊ぶことにしました。

義妹夫婦の家は、大きさ約154エーカーの湖のほとりに建っています。
湖周辺の距離は2.3マイル(約3.7キロ)だそうで、かなりの数の家やキャビンがあるそうです。
でも皆さん意外と静かに暮らしているようで、他のボートは滅多に見かけません。


恒例の船上簡易トイレで大笑いしたり、


カヤック水上スキーなど、思い思いに楽しみました。



みんなで一緒に眺める日没は最高!



食事は持ち寄りで、私は今年も春巻きデザート担当でした。
ローストビーフやシュリンプ、コールスロー、ポテトサラダなどを何度かに分けてちょこちょこ食べるスタイル。
最後は夜10時過ぎていたため、翌日はお腹が重かったこと・・・

あらら、食べるのに夢中で料理の写真を全然撮っていなかったことに、後から気付きました。。。

土曜の夜は義妹夫婦の家に、何と総勢23名がお泊り!!
寝袋持参でカウチやエアーマットレスなど総動員でしたが、何とかなるものね~

メインの集まりは義妹の家だったものの、前後には我が家にも泊り客がありました。
私たちの留守中には、ここのゲストキャビンに宿泊したいと別の親戚夫婦からのリクエスト。
皆さんを迎えるための掃除や食事の支度、送り出してからのシーツやタオルの洗濯が結構大変でした。

そんなわけで、明日の独立記念日は家で静かに過ごしたいなと思っています。


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...