2020/11/20

アメリカのコロナ感染者数が、さらにとんでもないことに・・・

アメリカのコロナ感染者数は1,180万人、死者数は何と25万人を超えてしまいました。
人口約564万人のミネソタ州だけでも、日本全体の2倍以上(約25万人)が感染というのは驚きです。

新たな知事命令により、レストランやバーはテイクアウトとデリバリー以外は再び営業停止となり、経営者たちは頭を抱えています。
お馴染みの店が生き残れるよう、なるべく協力したいところですが、外出も最低限にしたほうが良さそうです。

同一世帯以外の人たちとは集まらないこと・・・つまり来週のサンクスギビングも、今年はみんな別々に祝えということですね。
ジムやフィットネス、ヨガスタジオなども営業停止、礼拝もバーチャルが基本だそう。

宴会場なども営業停止ということで、12月初めに予定されているクリスマスコンサートは、多分またキャンセルになりそうです(涙;)


この前の週末に行ったコンサートでも、家族に感染の疑いがあって出演できなくなった団員がいました。(検査の結果、大丈夫だったとのことでしたが)
当然のことですけれど、本人または家族にほんの少しでも疑わしい症状が見られたら、決して来ないようにとの約束でしたのでね。

今回はリハーサル数も予定より減らし、3グループに分けて10名ずつ程度で演奏。
私は、アメリカの作曲家アーロン・コープランドによる Quiet City という曲のグループでした。
トランペットイングリッシュホルン(コールアングレ)のソロが素晴らしく、その掛け合いに魂を揺さぶられます。


弦楽器だけだった10月と違って、今回は管楽器パーカッションも加わって、色彩豊かになりました。
ストラヴィンスキーの2曲はかなり難しそうでしたが、それを担当したメンバーも本当によく頑張り、素敵なコンサートになったと思います♪


今週も割と暖かく、湖の表面は凍っているものの、雪はどこにも残っていません。
私たちがセントラルパークと呼んでいる雑木林の中心に位置する広場を、夫がアップグレード。
せっせと木を切って薪も用意し、かなり良い運動になっているようです。



ここで焚火を囲んで男同士で楽しむのは、屋外なのでまだ許されるのではないかな?
気の合う友人たちと会う喜びまで、コロナに奪われませんように・・・



★11月14日&15日のコンサートのプログラム★

     A Soldier's Tale  (Igor Stravinsky)
      1. Marche du Soldat
      2. Musique de la Premiere Scene (Petits Airs au Bord du Ruisseau)
      3. Musique de la Deuxieme Scene (Pastorale)
      4. Marche Royale
      5. Petit Concert
      6. Trois Dances (Tango - Valse - Ragtime)
      7. Danse du Diable
      8. Grand Choral
      9. Marche Triomphale du Diable
    
     Quiet City  (Aaron Copland)
     
     Dumbarton Oaks Concerto  (Pyotr Ilyich Tchaikovsky)
      Ⅰ. Tempo Giusto
      Ⅱ. Allegretto
      Ⅲ. Con Moto

2020/11/13

気が滅入るニュースが多いので、笑っちゃおう!

アメリカ大統領選はなかなか結果が出ずにやきもきしましたが、バイデン氏の勝利ということでひとまず落ち着いています。
けれどもトランプ氏がまだ敗北を認めていないため、どうもすっきりしません。

スキャンダルの噂もありますし、これからどんでん返しが起こる可能性はあるのでしょうか。
もしそんなことになったら、一体何を信じたら良いのか・・・


コロナの感染者数は、アメリカでは今月1千万人を超えてしまい、さらに増加に拍車がかかっています。
1日の新規感染者数が15万人以上・・・信じられない数ですが、これからもっと増えそうです。
日本でも増加傾向でニュースになっているものの、桁数が全然違います。

ミネソタも急激に感染者数が増えている州のひとつで、知事からの緊急要請命令により新たな制限措置が決まりました。
2週間後のサンクスギビングも(多分クリスマスも)、今年は大勢でワイワイ騒ぐのは不可能です。

明日と明後日に迫っているコンサートはどうなるのか不安でしたが、こちらは規則さえ守っていれば開催できるとのこと。
ほっ・・・
でも状況が悪化すると、12月以降はまたキャンセルの憂き目に遭うかもしれません。

90%以上有効というワクチンが近々承認されそうで、少しは光が見えてきたのかなという気もしますが・・・
今のところはひとりひとりが責任を持って、マスク着用・手洗い・ソ-シャルディスタンスなどの基本を徹底的に守るしかなさそうです。


ネガティブな情報の飛び交うニュースなどばかり見ていると、どんどん暗い気持ちになってきます。
何とか工夫して、精神の健康も守らなくてはいけませんね。

「笑う門には福来る」と昔から言われていますので、意識してたくさん笑っちゃいましょう♪

私はほとんどテレビは観ない代わりに、YouTube にはよくお世話になっています。
最近、全然笑うつもりはなく観ていた動画に、思いがけず爆笑してしまいました!


「コペル英会話」というチャンネルで、別にふざけた内容ではありません。
顔芸はおもしろいけれどね。
100連発ってどんなものが選ばれているのかな~と、軽い気持ちでチェック。

短くて簡単なセンテンスばかりなのですが、一瞬ごにょごにょして聞き取れない所があったため、字幕オンにしてみました。

これが、大間違いの元・・・!

英語の部分には素直に英語の字幕を出してくれればいいのに、「字幕くん」は何とか意味のある日本語に置き換えてやろうと苦戦している様子。(なぜか、まともな英単語も時々混ざる)
それが「空耳アワー」風になって、笑いを誘うのです。
全部が、ジョン万次郎「掘った芋いじるな」式になっちゃった。

このチャンネルの講師イムラン先生は、日本生まれで日本語もお上手なのですが、字幕がつくとそれも不思議なニュアンスに。。。
(経歴見たら、何と夫の昔の教え子だった!!学校でも成績優秀だったとのこと。夫がコーチしていた陸上競技の選手でもあったそう)

まあ、いくつか見てくださいな。


That sounds difficult. ⇒ 雑種オスで息を送っ


I'd love to. ⇒ アイドルは普通


I'm sick of working late. ⇒ 世界冒険がいい


What exactly do you do? ⇒ 俺咲きで言うよ


How's your new job? ⇒ ハウスいいじゃーん

半分の50フレーズが終わった時点でのお言葉にも、かなりユニークな字幕が!


OK guys, very good. We're halfway there, OK? 今50まで来ましたよ。
 ⇒ oka guys デイリーゲイバーハーフふぇーでー受け今  (?????)

他にも、

I feel bad. ⇒ アイスバー
Can you say that again? ⇒ 京成だろ件

とか、「字幕くん」暴走しすぎです。
この通りに真似しても、多分通じません・・・

お暇な方は、ぜひ全編ご覧になってみてね。これでもかこれでもかと迷走しまくりです。
日本語の部分にもとんでもない表現が続き、「字幕くん」はどこの国籍なのかよくわかりません。

もし動画が表示されない場合、リンクはこちらです。


2020/11/04

どうなる?アメリカ大統領選挙

昨日はミネソタ北部でも気温が22℃まで上がり、半袖のTシャツ1枚で落ち葉かきに励んでいました。
この前の雪が、冗談のように感じられます。

大統領選挙の当日にこんなに気温が高いのは、記録的だったそう。
そして、投票率の高さも記録的・・・どちらの支援者も必死です。

昨日は寝る前に速報を見ていたら、トランプ優勢の様子でした。
ミネソタ州ではバイデン勝利!」の瞬間も見ましたけれどね。
水色だったのが、濃い青にぱっと変わったよ~!
ミネソタでは70年代からずっと民主党候補が勝ち続けていて、今回もそれが守られました。

今朝は夫が先に起きていたので、「トランプに決まっちゃったよね?」と聞いたら、「まだわからず、決まるまでに数日、またはもっと長くかかるかもしれない」とのこと。
あらら・・・

画像は CNN より

4年前にはトランプを選んだミシガン州ウィスコンシン州が、今回はバイデンを選んだのは、トランプにとっては痛手だったことでしょう。
夕べ地図を見た時には両州はピンク色で、「ああ、これが赤に変わっちゃうのだな」と思っていたけれどね。

夕べの「トランプ優勢!」のニュースには、正直のところ、がっかり気分とほっとした気分が入り混じっていました。
「バイデンさん、ご高齢なのにお疲れ様でした。残念でしたが、これで命を狙われたりはしなくてすみますね」なんて思いながら眠りについたのです。

一夜明けたら、あ~らびっくり!
4年前は、逆のどんでん返しでしたが・・・

まだ結果はわかりませんが、もしトランプが負けたら、郵便投票による不正などを理由に法廷に持ち込む用意も既にできている様子。(間違いや不正は、実際にあるのかもしれません)
トランプの過激派サポーターたちも激怒し、あちこちで暴動が起こるかもしれない。
それを恐れる人々が、またトイレットペーパーなどの買いだめを行っているそう!

今回の選挙で残念なのは、バイデンに期待してというより、トランプを大統領にのさばらせ続けてはいけないという理由で票を入れた方が多そうなことです。
もしバイデンが勝利しても、明るい未来を思い描くのは難しく、がっかりさせられることが次々と起こるような気もします。

国内でも外交面でも問題山積みで、彼にとって茨の道が待ち受けていそう・・・
どちらに転んでも、この国の行く末が本当に心配になってしまう、2020年の選挙です。

ミネソタ時間で11月4日の夜は、こんな状態。
明日の朝は、どんなニュースが飛び込んでくるのかな。
長期化、泥沼化しそうな気配です。



4年前も、選挙の後しばらく悶々としていたっけ。
 *その時の記事 ⇒ 大統領選後、人間不信になりそう

戦争を起こさなかったことなど、トランプには評価できる点も色々あります。
それでも、これほどまでに分断の種を蒔いてしまった大統領が、これから4年間、その芽生えにさらに水をやり光を当て、肥料をやって大きく育てるのでは?と想像すると、本当にぞっとします。

夫の周りでも、トランプをめぐっての口論がオーバーヒートし、今まで良好だった人間関係がぎくしゃくしてしまったケースが色々と・・・寂しいことです。

そしてコロナ対策の大失敗は、許されることではありません。
それなのに、これほど多くのサポーターが存在するのが不思議でならないのですが。
トランプに習ってマスクをしない「自由」を叫んでいる人たち、それは「自由」ではなくて「自分勝手」だということに気付いていないのかな。

でも多くの人が語るように、対中国には彼のような強気のリーダーが必要なのかも。
日本の今後のためにはトランプがベターという意見にも、頭から反対はできません。

やれやれ、考え始めるとやはりモヤモヤしてしまいます・・・


昨日も今日も、ニュースから離れて無心で長いこと庭仕事に励んだのは、良いセラピーになりました。

しばらく雪に埋もれてしまって、来年春までサヨナラかと思った落ち葉も、やっときれいに掃除終了!
植え込みにもたくさんの落ち葉が入り込み、細かい部分が大変でした。


夏に楽しんだホスタも、枯れた葉を取り除いて周辺を整えました。また来年ね♪



今週はずっと暖かそうですが、来週はぐっと冷え込んで冬に逆戻りなのが、さすがミネソタです。
週末から鹿のハンティングシーズンも始まり、また賑やかになりそう。
気温がこんなに高いので、撃った鹿はすぐに処置しなくてはならず、いつもより大変かも・・・