2018年12月30日日曜日

どうぞ良いお年を!

ぐ~んと冷え込んできたミネソタでは、明日の大晦日の最低気温はマイナス30℃ですって!
お正月も引き続きかなり寒そうですが、1月3日から5日の昼間は、いきなり0℃前後だそう。
ここに住んでいると、0℃なんていうのは本当に暖かく感じるように身体が変化しました。

日本のように大掃除したりおせち料理を作ったりはしないものの、今日は家じゅうに掃除機をかけて新年を迎える準備です。
しばらくの間、クリスマスとお正月の飾りが混在する不思議な空間となります。

来年はカエル年だっけ?

洋食ばかり続いたので、今日は純和食。
やはりお肉がどで~~ん!より、色々なものをちょこちょこ少しずついただくのがほっとします。
明日は年越しそばも作る予定です。


ミネソタ暮らしも、早いもので8年目進行中です。
3日坊主で終わるかも・・・という危惧と共に始めたこのブログも、更新頻度は低いながらも我ながらよく続いています。

ブログを始めたばかりの頃の記事を読み返すと、何だか初々しいこと!
夏しか来たことのなかったミネソタで、初めて秋・冬・春を迎えることや、サンクスギビングクリスマスなどのイベントを体験することに、とてもワクワクしていたのでした。

最近は前回の記事のように「やれやれ、またか・・・」という態度になっていたことを、深く反省です。。。


それほど立派なことはしていなくても、日々家族(今は夫&ネコ)と自分のために快適な環境を整え、こんな年になっても少しずつ何らかの形で成長していくことに小さな喜びを感じています。

変わらず温かく包んでくれる夫、心優しい親戚や友人たちとオーケストラの仲間にも感謝です。
「ミネソタナイス」の言葉通り、困った時には手を差し伸べてくれる大勢の方々がいらっしゃらなかったら、孤独感に押しつぶされていたことでしょう。


さて、来年はどんな年になることやら・・・
世界情勢はあちらもこちらもきな臭く、心配の種はつきませんね。
でも、くよくよしていても私たち個人の力ではどうしようもないことですから、笑顔でいることにしましょう。

個人的には、人様のお役に立てる機会があればどんどん飛びつこうと思っています。
そして、まだまだ試したいレシピ、弾けるようになりたい曲、読み直したい本がいっぱい!

英語力もさらにつけたく、来年はそれに関するブログ記事にも力を入れる予定です。
英語を英語らしく話すには、顔の「英語筋(?)」も腹筋も鍛えなくてはいけません。
これ、真面目な話です。詳しくはまた来年・・・

それでは、皆様もどうぞ良いお年をお迎えくださいね♪




にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2018年12月27日木曜日

やれやれ、クリスマスが終わった・・・

アメリカ式にクリスマスの飾りはまだそのままですが、一連の騒ぎがようやく終わりました。
今年は1週間続けて誰かを呼んだり呼ばれたり押しかけられたり(笑)が毎日続き、途中でベビーシッター役まで頼まれ、さすがにもう限界・・・

一番賑やかだったのは22日(土)で、家族同様の友人宅でのパーティーに出かけました。
メインはレストランから取り寄せのポークリブ、あとは持ち寄り料理でした。


考えるのが面倒になって、私は去年と同じく炊飯器持参で炊き込みマッシュルームバターライス


オーブンを取り合わなくてすみ、時間がずれても簡単に温かさをキープできるので便利です。

色々なスパイスの効いた、ジンジャーブレッドマンクッキー(写真には、なぜか女の子ばかり写っていますね)。
アイシングは面倒だけれど、作業しながらニコニコしてしまいます。


そして北欧のお菓子クルムカカ krumkake、今年はちゃんと丸めてみた・・・(力尽きて平らなままのもあり)
熱々のうちに丸めなくてはならないので、手袋をしたほうがさっさとできます。
すぐに固くなってしまうので、大忙し。。。


バターたっぷりでサクサクのクルムカカ Krumkake、とてもおいしくてみんな大好きなのに、日本ではあまり知られていないのかしら?
家では毎年必ず作っています。レシピはこちら

話が脱線しますが、スペイン語を習っている友人がクラスでクルムカカの話をしていたら、先生があわてて「カカなんてやたらと口にしてはダメ!」と言ったそう。
「カカ」ってスペイン語で「ウ●チ」のことなのですって。

フランス語も堪能な人の話によると、フランスでも同じだそう。
他にも色々な国で、「カカ」は「ウ●チ」を意味するようです。気をつけなきゃね。


湖に面した大きな窓に映える、真っ白なクリスマスツリー
こういうシンプルなのも素敵ですね。



別の日に森林の中の空き地では、キャンプファイヤーで野外クッキングもしました。


さっさと飲まないと、ビールが段々凍ってきます。


外のテーブル一面に、きれいな雪の結晶が!肉眼でもよく見えて感激です。




クリスマスのプレゼント交換は、親戚間ではしないことにしているので、平均のご家庭よりは楽なのかな?
どこの家でも物があふれている今、このルールには皆さん納得です。
家族と夫の親友、チビちゃんたちにだけちょこっと・・・

キキにもあるよ。ラッピングペーパーが気に入ったみたい♪
(店でラッピングしてくれるわけではないので、自分でするのが結構大変です。)


楽しかったけれど、正直のところ今年の私は「クリスマス疲れ」に襲われているようです。
日本式にクリスマスの翌日には飾りを全部片づけて、新年に備えたい気がしています。
夫が寂しがるため、例年1月初めまでツリーも何もかもそのままなのですけれどね。

明日は吹雪だそうですので、どこにも出かけずゆっくりすることにしましょう。
ずっとよく働いてくれた胃腸にも、休みを与えなくては・・・


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2018年12月21日金曜日

リストの「ラ・カンパネラ」を(何とか)暗譜した♪

2018年も、あと少しで終わってしまいますね。
これからクリスマスまでずっとバタバタするので、その前に記録しておきます。

今年の目標のひとつに決めていた、フランツ・リスト作曲の「ラ・カンパネラ La Campanella暗譜で弾くこと・・・何とか実現しました。
ふ~、ギリギリセーフ!!

「鐘」という意味のこの曲、高音による鐘の音色が実に美しくて、ドラマティックな構成です。
こういう超難曲は、つかえないで弾ける状態になると暗譜もほぼできてしまっていたりする・・・

初めて弾いたのは、趣味でピアノを習っていた大学生の時だったと思います。
でも難しすぎて、一応は弾いたけれど「まだ全然ダメ」という状態で投げ出してしまいました。
それから数十年の放置状態を経て、また挑戦したいな!という気持ちに・・・


きっかけは、グリーグピアノ協奏曲(4月に、所属オーケストラのコンサートで演奏)を YouTube で聴き比べているうちにみつけた Alice Sara Ott(アリス=紗良・オット)さんの演奏でした。
グリーグの後だったのかな?彼女がアンコールで弾いたらしい「ラ・カンパネラ」、一音一音がキラキラ輝くようです。


こんなに楽しそうにニコニコしながら「ラ・カンパネラ」を弾く方、初めて見ました。
超絶技巧なのに、まるで無心に遊ぶ子供のような表情・・・?

で、私もそんな境地に達してみたいものだと、古い古い楽譜を引っ張り出して練習を始めたわけです。
もちろん初めは指がもつれ、音ははずれまくり、なかなか大変でしたが。。。

結婚後ずっとマンション暮らしで、思い切りガンガン弾くのは無理だった日本と違い、ここミネソタではご近所に迷惑をかける心配がないのが嬉しいです。

夫がいない時は、夜中でも弾いちゃう♪
時々ネコのキキが、鍵盤上にジャンプしてきますが・・・

辻井伸行さんのように、曲が心の目で見えるようになるまでにはまだまだ程遠いです。
彼の魂の清らかさがそのまま音になったような、とても心を動かされる演奏ですね。


そして「ラ・カンパネラ」と言えば、この方・・・
80代になられても、フジ子・ヘミングさんの「ラ・カンパネラ」には他の方には真似できない何かがあります。


若いピアニストたちに比べるとかなりゆっくりに感じますが、彼女の間の取り方には独特の主張があり本当に魅力的です。
私も、自分で弾くにはこの位の落ち着いたテンポが好き。(というか、上のお二人のように速くは指が回らない・・)
もう少し余裕がでてきたら、細部まで弾き方をお手本にしたいなと思っています。

まだ日によって全然調子の出ない時もありますが、この素晴らしい曲を心の中に住まわせることができるようになってハッピーです♪
スーパーのレジがめちゃくちゃ混んでいたりしても、心の中でプレイボタンを押せばそこは即コンサート会場となり、イライラせずにすみます。

それにピアノを弾くのはかなりの運動量のようで、腕もたるんだりせず、結構いい感じに筋肉がついているのが密かな自慢よ~ん。
寒い日でも弾き続けていると汗をかくほど・・・暖房費節約になるかも?


作曲者のフランツ・リスト Franz Liszt、若い頃はかなりのイケメンだったそう。


彼がピアノを演奏する姿に、女性ファンが失神したとか・・・
そんな様子を思い浮かべながら弾くのも、また楽しいですね。♥♥♥*:..。♦♫⁺♦*♥♥♥


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2018年12月13日木曜日

「スノーマン」のサウンドトラックとクリスマスソングを演奏

クリスマスコンサートも無事に終わり、オーケストラ活動は1ヶ月ほどお休みです。
前半は、去年大好評だったアニメーション "The Snowman スノーマン" のサウンドトラックを、今年もまた演奏しました。
 詳しくは去年の記事をどうぞ ⇒ 大人の心の中に住む子供の部分

ステージ後ろのスクリーンに映す映像とタイミングがうまく合うかな・・・と心配だった去年と比べ、今年はもう余裕!
演奏する私たちにはスクリーンは全く見えないので、優秀な指揮者のおかげですけれどね。

お客様には「生のオーケストラの演奏だということを忘れるほど完璧だった」と言っていただけ、ほっとしています。


自宅では、サウンドトラック入りの映像と楽譜を交互に見ながら何度も練習しました。
これが一番効果ありです。
楽しい一夜を過ごしてひと眠りした朝、溶けてしまったスノーマンを見つける主人公の少年の表情には、いつも涙が出てしまうな。。。


前半の「スノーマン」が終わると、休憩をはさんで後半はクリスマスキャロルなどの演奏でした。
客席の皆様が一緒に歌う曲もあり、楽しんでいただけたみたい。

以前も共演したことのある歌手の Emily Walter さんが、忙しいツアーの合間を縫って駆け付けてくださいました。
その代わり、初めて一緒に合わせたのはコンサート本番2時間前という綱渡りでしたが・・・(汗;)

湾岸戦争の時には軍曹だったというすごい経歴の Emily さんは、南極大陸を含めてツアーでは7大陸全部制覇していらっしゃるそう!
素晴らしい声量と笑顔、いかにもプロらしい大ぶりのパフォーマンス、3回もお召替えの素敵なドレスで、お客様をとりこにしました。


私たちが演奏したのとアレンジは全く違う雰囲気ですが、YouTube で見つけた大好きなクリスマスソングです。
歌詞も載っているので、ご一緒に歌ってみてくださいね~♪

Do You Hear What I Hear?


O Holy Night


アンコールで演奏した A Mighty Fortress / Angels We Have Heard on High は全く同じ編曲のものを見つけたので、これも貼っておきます♪
コンサートの締めくくりにふさわしい、華やかで明るいアレンジでした!




♪12月11日 クリスマスコンサートのプログラム♪
  グリーンが、Emily Walter さんと共演した曲です。

     ”The Snowman" movie and music (Howard Blake)

           Intermission

     Do You Hear What I Hear (Gloria Shayne Baker and Noel Regney)
     O Holy Night (Adolphe Adam)
     Sleigh Ride (Leroy Anderson)
     Christmas Festival (Leroy Anderson)
     Santa Baby (Joan Javits and Philip Springer)
     Christmas Sing-along (Traditional, arr. by Bob Cerulli)
     Christmas Wish / Let There be Peace on Earth (arr. by John Darling)

     A Mighty Fortress / Angels We Have Heard on High


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2018年12月8日土曜日

ネコ用クリスマスストッキング

今年も夫が自分で木を切ってきて、クリスマスツリーその他の飾りつけが無事に終わりました。
まだそれほどをかぶっていなかったので、去年みたいに入り口からリビングルームにかけてびしょびしょに濡れなくてほっ・・・


市販の木と比べると、枝葉がまばらかな?それにしてもタダですからね~、文句は言えません。
ツリーは良い香りを放ち、毎日水をグングン吸い込んで元気にしています。

でもね・・・何百本、何千本の木が生えているとはいえ、やはり殺してしまうわけですから、木を切る時は胸が痛みます。
1ヶ月ほど毎日じっくり眺めて、感謝と愛情を伝えまくることにしましょう。

まだそれほど積もっていませんが、外はすっかり雪景色


家の前の湖ももうカチカチに凍り、今日は近所の人たちがアイスフィッシング用の小屋を設置中です。


昨日友人と買い物に行った時、ネコ用クリスマスストッキングを見つけちゃった♪
ハロウィーン前にも、今年新しく買ったオーナメントをここに飾ったっけ。


キキに見せたら、さっそく飛びついてきた!


鈴のついたネコの顔とお魚が、かなり気に入ったようです。
英語でのネコの鳴き声、"MEOW" の文字入り。


夏で7歳になったキキ・・・お腹のタポタポが気になるなあ。。。おばちゃん体型?


サンタさん、キキのストッキングにプレゼントを入れてくれるといいね♪

ロフトからつり下げたクリスマスストッキングにも、小さなツリーにも、子供たちとのたくさんの思い出が詰まっています。


クリスマスの飾りつけをこうやって夫と一緒にできるのも、あと何回なのか・・・
「老い」の足音が聞こえてくると、そんなことをつい考えてしまいます。
面倒に思うこともありますが、こういう行事は大切にしなくては。

あれ?サンクスギビングでも、同じようなことをつぶやいていたかな?
毎日の小さな出来事を、いつも深く味わいながら暮らしたいですね。


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2018年11月30日金曜日

世界の怪食のひとつ、ルタフィスクがおいしいと感じるようになった

2年前に続き、ルーテル教会の「ルタフィスク・ディナー」に行って来ました!
ルタフィスク lutefisk とは、乾燥させた白身魚(ほとんどの場合タラ)をライ水酸化ナトリウム、苛性ソーダ)に数日間浸して、ゼリーのような独特の食感に仕上げたもの。

2年前のブログにかなり詳しく書いたので、そちらをご覧ください。
  ⇒ 臭くて不味くて危険と言われる、ルタフィスクに初挑戦!

4時開始で4時ちょっと過ぎに行ったのですが、教会の駐車場はびっくりするほど混雑!
この町には、そんなにルタフィスク好きが多いのかしら・・・?

私たちは、今年は9名で参加。
でも実は皆さんルタフィスクは苦手で、北欧風ミートボールがお目当てでした。

先に支払いを済ませて番号札を受け取ると、しばらく待たされ、ダイニングルームに案内されます。
ドキドキだった最初の年に比べ、どんなものが出てくるのかわかっているので今回は余裕!

はい、今年もボウルいっぱいのルタフィスク!!!


ぷにょぷにょしていて、いかにも怪しい。。。
一緒に行った北欧系の友人のご両親の中には、ルタフィスクが大好きな方も多いそうですが、次世代の嗜好は全く別。
みんなほんの少量しか手を出しません。

食感もさることながら、タラ独特のにおいが苦手なようです。
日本で育った私は、母が作ってくれたタラ入り湯豆腐など懐かしく、においは特に気になりませんが。


毎年同じメニューのようで、他にミートボールマッシュドポテトルタベガ(スウェーデンカブ)、北欧のポテトクレープのようなレフサコールスロークランベリーが並びます。


最初は遠慮して、ほんの数口分のルタフィスクを盛り付けました。


皆さん、たっぷりの溶かしバターと塩で味をごまかしながら食べている感じ。
ご先祖様に敬意を表して、年に一度ひと口だけ味わえば十分らしいです。

そう言えば2年前、「しょうゆが合うのでは?」と思ったことをすっかり忘れてた。
どう思う?と聞いたら、みんなに怪訝な顔をされてしまいました。

寿司は大好きな人たちばかり。
でも、ルタフィスクにしょうゆは考えられないってさ。
寿司の時は、刺身を大量のしょうゆの池に泳がせて食べているくせに!

しょうゆを忘れたことを残念に思いながらも、私はひとりでルタフィスクのお代わりをしてしまい、みんなに変態扱いされました。
なぜか、おいしいとさえ感じるように・・・
今度食べる時は、ポン酢しょうゆもみじおろしで食べてみたい気がする。。。

デザートのアップルパイコーヒーもいただき、お腹いっぱいで苦しかったです。
サンクスギビングからず~っと食べすぎ・・・あっさり系の和食が懐かしくなってきました。


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2018年11月25日日曜日

2018年 サンクスギビングの御馳走 / コストコの発音

去年に続き今年のサンクスギビング(感謝祭)の集まりも、当日ではなく土曜日に行いました。
ドタキャンもありましたけれど、3世代の親戚・友人総勢25名で!
ポットラック形式で料理や飲み物を分担するため、ホストの負担はかなり減るのがありがたいです。

オードブル担当がやたらと頑張りすぎ、これだけでお腹いっぱいになっちゃった。。。
全てコストコで買ったものだそうですが、見栄えも良くてパーティー向きですね。



日本で「コストコ」と呼ばれている Costco の発音は、ミネソタでは「-スコゥ」に近いです。
(アメリカは広いので、地域により最初の音がもっと「コ」寄りの所もあるようですが。)

途中の t は舌の動きをほんの一瞬止めることによって表す t で、ほとんど無音です。
T を発音する時の位置に舌を移動して間(ま)は取るけれど、弾かずに上あごにつけたままで co につなげる感じ。
アメリカ暮らしがかなり長い日本人先輩にとっては、「コストコ?何それ?嘘でしょ!?」・・・だそうです。


オードブルの後はしばらくおしゃべりしながらお腹を休ませ、いよいよメインコースです。
ターキー、マッシュドポテト、スイートポテトなどの定番料理、その他色々と。

なるべく楽をするため、紙皿、紙ナプキン使用です。
Hobby Lobby という店で、半額で大量にゲット。 デザインも良く、厚みもあって気に入りました♪


そんなに嬉しいかい?


スライスアーモンドなどが入った歯触りのよいサラダ、ボウルも知り合いの手作りですって!
おいしかったな~ 今度会ったら、レシピを教えてもらおうと思っています。


義弟の作るドレッシング
(ターキーのお腹に詰めて焼く時は、同じものがスタッフィングと呼ばれます)

野菜と角切りパン(Cubed stuffing という市販のものを使用)が、セージなどのスパイス、ブロスやバターなどと合わさってしっとり美味しく出来上がります。


ターキーは結構パサパサしているため、こういうドレッシングやマッシュドポテト、グレービーソース、クランベリーソースなどと共ににいただく習慣です。

いつものスイートポテトキャセロールの他、この前のブログ記事でご紹介した Pinterest で見つけた料理にも、チャレンジしましたよ!
元の英語のレシピはこちら


写真がボケてしまいましたが・・・
芽キャベツは苦手という方にも、これはおいしい!と言っていただけてほっとしました。
分量などは少し変えた部分もありますが、最後にレシピを載せます。

この他、ローストビーフ、じゃがいものクレープみたいなレフサ、デザートのキャロットケーキとクッキーもあり、本当にお腹がはち切れそうでした。


従妹が、おばあちゃんのものだった日記帳やアクセサリーを持って来てくれ、女性陣は交代でつけてみたりしてしばらく楽しみました。
残念ながら、1921年の日記帳は字が細かすぎて読めない。。。


悲しいけれど、私たちもいつかは順番に「思い出の中の人」になってしまうことが100%運命づけられています。
ですから、大勢招いてパーティーを主催するのは大変であっても、皆さんと一緒に食べて飲んでおしゃべりして笑い合う時間を、元気なうちに大切にしたいなと思っています。

交わされた温かい会話と視線が、いつまでもみんなの心の中に生き続けますように・・・


スクワッシュ、芽キャベツ、ピーカン、クランベリーのホットサラダ 

材料
  バターナッツスクワッシュ(ひょうたん型のかぼちゃ) 1コ(今回は1,280g)
   オリーブオイル 大さじ2、 メープルシロップ 大さじ5、 シナモン 小さじ1
  芽キャベツ (brussels sprout)   680g
   オリーブオイル 大さじ2、 塩 小さじ1/2
  ピーカンナッツ(ハーフタイプ) 230g  
  ドライクランベリー 130g
  メープルシロップ 大さじ2、 バルサミコ酢 大さじ1

作り方
 1) スクワッシュは皮と種を除き、2~2.5センチ角に切る。(今回は正味962g)
 2) ボウルに入れ、を混ぜ合わせる。
 3) 天板にホイルを敷き、オリーブオイル(記載外)を薄く塗り、重ならないように並べる。
 4) 芽キャベツは半分に切り、軸の変色した部分や汚れた葉を除く。(今回は正味634g)
 5) ボウルに入れ、を混ぜ合わせる。
 6) 別の天板にホイルを敷き、オリーブオイル(記載外)を薄く塗る。
    切った面を下に重ならないように並べる。
 7) オーブンを350°F(約180℃)に予熱し、ホイルに並べたピーカンナッツをロースト。
    5分ぐらい少しカリッとするまで。(焦げやすいので時間に注意)
 8) 400°F(約200℃)に温度を上げ、3)をローストする。
    10分経ったら取り出して混ぜ合わせ、さらに10分加熱。
 9) 続けて6)を同じ温度でロースト。12分位経ったらひっくり返し、さらに6分位加熱。
   (キツネ色の焦げ目がつくように時間を調節。焦げないよう注意する)
 10) ピーカン、クランベリー、と共に混ぜ合わせ、塩少々で味を調節。

今回はパーティー前日にピーカン、スクワッシュ、芽キャベツをロースト。
当日、スクワッシュと芽キャベツを350°F(約180℃)で5分温め直し、盛り付けの直前にピーカンとクランベリー、を混ぜ合わせました。


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2018年11月20日火曜日

鈴木亮平さんと英検1級

これからイベント続きで、バタバタ忙しい季節ですね。
ひとりで静かに過ごせる時間も、なかなか取れなくなってきます。
今年の初めに立てた色々な目標に近づくためには、最後のあがきが必要かな?

「新年の誓い」のひとつが、英検1級用の単語・熟語集にチャレンジしてみることでした。
(もうひとつ大きな目標があるのですが、また別の日に・・・)

世紀が変わった頃に買ってはみたけれど、数ページであきらめて投げ捨てていたテキストです。
例文集が別冊になっていて、その字が恐ろしいほど細かいのも難点。。。


でも今年は、可能な限り毎日少しずつ時間を取って、何とか最後までたどり着きました~♪
行ったり来たり、前に覚えた分を何度も繰り返しながらです。
あとは年末までもう何周かして、復習にあてようと思っています。


きっかけは、今年の大河ドラマ「西郷どん」主役の鈴木亮平さんに刺激されてでした。
彼の英語の実力は誰もが認めるところで、英検1級の資格を持っているという話も今では結構知られているようですね。

まだ持っていないうちに「英検1級取得者」だと何かに紹介されてしまい、それでは詐欺になってしまうから・・・と本当に受験して合格してしまったのだという伝説(?)を聞いたことがあります。
それが事実だとしたら、いかにも彼らしいですね。

ドラマが始まった頃よりどんどん立派な体格になってきて、最近はすっかり西郷さん


何年か前「天皇の料理番」で主人公のお兄さん役だった時と同一人物だとは、とても思えません。


この時は結核で死んでしまう役柄に合わせて、20kgも減量したそう・・・
このドラマでは、主人公の秋山篤蔵を演じた佐藤健さんの包丁さばきも、実に見事でした!
皆さんの役者魂、心の底から尊敬します。

「天皇の料理番」では佐藤健さんの奥さん役だった黒木華さんが、「西郷どん」では鈴木亮平さんの奥さん役で、ちょっと頭が混乱しています。。。


話がすっかり脱線してしまいましたが、英語の話に戻ります。
英検1級のテキストに出てくる単語の中には、ネイティブ(しかも元英語教師!)の夫でさえも知らないのがあったりします。

日常会話の中では絶対使わなそうな英単語が多いです。
ですから、覚えるそばからどんどん忘れていきます(汗;)
それに、今さら英検1級を受験しようなんていう野望も全く持っていません。

それでもなぜチャレンジするかと言えば、老化防止のためかな?
「自分の能力の限界に挑戦!」なんて言えば、かっこいいけれどね。

すでによく知っている単語の中に、スペリングや響きの似ているものを探して関連付けたり、しょうもない語呂で覚えたり、絵まで描き込んじゃうのが結構楽しくて、自分でも意外なほど続きました。

単語だけ切り離して眺めていても眠くなるので、センテンスも音読してその中で覚えるようにしています。
英語を英語らしく話すには、口周りの英語筋(笑)を鍛えるのが大切ですからね~

日常会話にはほとんど出てこない単語でも、ニュースや本、誰かからのメール、ネットの記事などでお目にかかると嬉しくなります♪

意味がぱっと思い浮かばず、「これを覚えようと努力したことがあった気がする」と思い出す程度でも、全然わからないよりはマシだと思っています。
また調べて「ああそうだった!」と思い出せば、最初よりはぐ~んと定着します。

最後のページまでたどり着いたとはいえ、今はまだ単語がザルからどんどんこぼれ落ちていく感じ(笑)
何度もすくっては戻し、ザルに残る分を増やしていかなくてはね。
新しいことを覚える喜びは、いくつになっても心をときめかせてくれます。

鈴木亮平さんのおかげで、今年は少し前進することができました。
私のは「井の中の蛙」のちっぽけなチャレンジですけれど、彼は演技力も確かですから、英語力を生かして将来はハリウッドに進出してくれますように!


さて今年も、サンクスギビングデーが迫ってきました。
本当は今週木曜日ですが、私たちは土曜日にお祝いします。今年は、28名+ワンコたちの大所帯になりそうです。

Pinterest でみつけた、スクワッシュ、芽キャベツ、ピーカン、クランベリーを使った一品が、彩りよくてサンクスギビングにぴったりのようなので、トライしてみようと思っています。


英語のレシピですが、こちら ⇒ Thanksgiving Butternut Squash Salad with Roasted Brussels sprouts, Pecans, and Cranberries

うまくできましたら、またご紹介します!


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2018年11月13日火曜日

「肉食系」ハンターたちの心理

鹿のハンティングシーズンは、この辺では次の週末までですが、地域によってはもう終了です。
週末には義弟と甥と近所の友人が、家の周りの広大な森林で鹿を狙い、を持ってウロウロ。

誤射防止のため、シーズン中にはオレンジ色を着るのがお約束

甥が2頭、友人が1頭仕留め、夫はその度に駆り出されて鹿の解体を手伝う羽目に・・・
血にまみれた服を見るだけで私は気分が悪くなるので、真っ白な雪の上で鹿の体にナイフを入れて内臓を取り出す様子など、考えたくもありません。。。

鹿狩りをすることには、増えすぎた鹿の数をコントロールし、農作物への被害や交通事故を減らすという正当な理由があります。
時々庭にも遊びに来るつぶらな瞳の鹿ちゃんたちを見ていると、どうして平気で殺せるの?と思ってしまいますが、「可哀そう」ではすまされない問題なのでしょう。

一昨日の夜のことでした。
町から戻った時、我が家のドライブウェイの真ん中に小さめの1頭の鹿が立ちはだかっていたのです。
車がかなり近づいても、何だか訴えるような目でじっと私たちを見ていた鹿ちゃん。
もしかしたら、親か兄弟か誰かを殺されたのでは?なんて想像してしまいました。


2頭の鹿を仕留めた甥は、普段は本当に心優しく、誰に対しても穏やかな態度で接します。
つい最近は、ダックなど鳥類のハンティングのお供だった愛犬を事故で亡くして涙したばかり。
その甥が、鹿を殺すことに対しては非情なまでの執念を燃やすことが驚きです。

育った文化の違いをつくづく感じ、それを受け入れるのは私にとって難しい・・・
でもミネソタで生まれ育った夫には、甥を含めたハンターたちの心理はよ~くわかるそうです。

子供の頃には、両方の祖父や父親などから、ハンティングの手柄話をさんざん聞かされたそう。
一緒に連れて行ってもらえるほど大きくなった頃には、嬉しすぎて前の晩眠れないほどだったとのことです。

借りものではない自分の銃で初めて鹿を仕留めた時、これでやっと一人前の男になったと心から感じたとか・・・
周りの大人たちに褒め称えられ、頬を紅潮させた少年の頃の夫の姿が目に浮かぶようです。

退職してミネソタに戻ってきた頃はハンティングに出かけていた夫も、次第に自分の手で生き物を殺すことに抵抗を感じるようになり、もうすっかりやめてしまったのですが。。。

ハンティング中は、食事もキャンプファイヤーでワイルドに

「郷に入れば郷に従え」ですから、理解できない・・・と感じても、ハンティングについてのネガティブな発言は控えるよう、私も気をつけています。

もちろんハンティングの最大の目的は、その肉を味わうことです。
単なるゲームのように、動物を殺して終わりではありません。
鹿肉 venison は低脂肪でヘルシー、栄養価も高いとされています。

お父さんが仕留めてきた鹿を、家族みんなでいただく・・・まさしく、狩猟民族ですね~
「草食系」ではなく「肉食系」の男たちが、ここミネソタにはまだ揃っていますよ。

手伝ってもらったお礼にと、一番美味しいとされる backstrap の一部を甥が置いていってくれたので、有難くいただくことにします。
命を差し出してくれた鹿に感謝を込めて食べるのが、せめてもの礼儀でしょう。



ハンティングシーズンにもかかわらず、日曜日のコンサートには大勢のお客様がいらしてくださいました。
この町出身、まだ20代のナイスルッキングなチェリストの親衛隊と思われる方たちも、熱い歓声を♪♪

チェリスト Eric Haugen さん

初めあまり気乗りのしなかった難解なチェロコンチェルトは、指揮者ではなくチェリストの希望による選曲だったそうです。
正直のところ、なぜこの曲を?と指揮者も思ったようですが、練習を重ねるうちに
  "It's growing on me.(段々と好きになって来たわ)" 
・・・との感想でした。

私たち団員も同じで、曲の中に何か精神的な美を感じるようになり、次第に魅了されてきました。
ハンターたちも森の中で鹿を待つ時、自分が自然の中に溶け込むような恍惚の境地に達するそう。
案外、似たような喜びを味わっているのかもしれませんね。


♪11月11日 コンサートのプログラム♪

     Fanfare for Bemidji  (Beverly Everett)

     Chell Concerto チェロ協奏曲 (William Walton)
       Ⅰ. Moderato
       Ⅱ. Allegro appassionato
       Ⅲ. Allegro

           Intermission
     
     Blades of Grass  (Romeo Cascarino)

     Symphony No.2, Op. 30, "Romantic" 交響曲第2番「ロマンティック」 (Howard Hanson)
       Ⅰ. Adagio - allegro moderato
       Ⅱ. Andante con tenerezza
       Ⅲ. Allegro con brio

 チェロ協奏曲については ⇒ 「今回はハズレかな・・・?」
 Blades of Grass については ⇒  「ホルンと呼ばれるのにホルンではない?」
 ハンソンの交響曲第2番については ⇒  「今シーズン最後のコンサート」
 をご参照ください。


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...