2017年2月14日火曜日

30年以上作り続けているダブルチョコレートブラウニー

Happy Valentine's Day!

今日は、夫の大好きなダブルチョコレートブラウニー Double Chocolate Brownies を作ってプレゼント♪
生地に溶かしたチョコレートを加え、チョコレートチップも加えるので 「ダブル」 というわけです。

アメリカでは、ブラウニーはとても人気のあるお菓子のひとつで、大人もキッズも大好きですね。
クルミなどナッツ入りのもポピュラーよ~ん。


撮影のために、今回は材料を小さなボウルに入れていますけれど、普段はワンボウルでちゃちゃっと作れるので後片付けも楽ちん♪
30年以上、本当に数えきれないほど何度もくり返し作っているブラウニーなのです。

材料は以下の通り。


このブラウニーレシピは、私が初めてミネソタを訪問した時にプレゼントされた "Recipes from Minnesota with love" という料理本に出ているものを参考にしています。
砂糖の量が恐ろしいので、これでもかなり減らし、焼き時間なども少し変更しましたが・・・


Baker's製菓用チョコレート、今まで気付かなかったけれど、実は可愛い模様がついているのね。


このチョコとバターは、耐熱ボウルに入れて電子レンジで溶かしてしまいます。
チョコのほうが溶けにくいので、時間差攻撃するといい感じ。

オーブンに入れる前は、こんな状態です。 ミニチュアマシュマロがポコポコしています。


出来上がり! (濃い色でわかりにくいので、焼き過ぎにはご注意くださいね。)
インスタントのブラウニーミックスで作ったものとは食感が違って、ややケーキっぽいかな。
かと言って、軽くてふわふわではありません。

とても濃厚でしっとりしていて口どけが良いですが、「ねっとり」 というほどでもなく・・・
「ファッジのようにねっとりしていなくてはブラウニーではない!」 という頑固な人には、分けてあげないよ~



恒例の Royce ロイズもどきの生チョコは、夕べのうちに作って冷やしておきました。
四辺の周りを切って形を整えてから切り分けたので、今回は割とまともな形になった・・・

「友チョコ」 として、これからご近所さんに配りに行きます ♥♥♥

  ⇒ 目指せ! ロイズの生チョコ のレシピはこちら



マッシュしたさつまいも (中がオレンジ色のアメリカのものではなく、日本のと同じ種類) を加えた、フィナンシェっぽいマフィンも、おいしく焼けました。
白身がたくさん余った時の対策に、おすすめです。 (家では、冷凍して保管してあった白身を使用)


今日ご紹介したお菓子、3種類全部合わせると総カロリー数がすごいでしょうね~
でも、夫が独り占めするのではなく、ギフト用としても作ったのでご心配なく・・・

ご参考までに、レシピを載せておきます。

ダブルチョコレートブラウニー
   (21cmのスクエア型1台分) 

材料
  バター  アメリカの1スティック (113g)
  砂糖  130g
  卵  2個
  All-purpose flour または薄力粉  65g
  無糖製菓用チョコレート  60g 
  チョコレートチップ  45g
  ミニチュアマシュマロ  45g
  バニラエクストラ  小さじ1

作り方
 1) オーブンは350°F (約180℃) で予熱。 
 2) 耐熱ボウルに製菓用チョコを入れ、電子レンジに70秒ぐらいかける。
 3) そこにバターも加え、全体が溶けるまでさらに30秒ほど加熱。 
 4) 少し時間をおいて熱々ではなくなったら、卵を1個ずつ加え、その都度よく混ぜ合わせる。
 5) バニラエクストラ、チョコレートチップ、ミニチュアマシュマロも混ぜる。
 6) 小麦粉も加え、全体が均一に混ざったら、型に流し込む。 (アルミホイルを敷くと取り出しやすい)
 7) 予熱の終わったオーブンで20分焼き、冷めたら20個に切り分ける。

*電子レンジは1200Wのものを使用しています。 加熱時間は適宜調節してください。
*仕上げにパウダーシュガーを振りかけるときれいです♪
*元のレシピは、この倍量で13×9インチの型を使用しています。
  (高さが少し変わりますが、気にならない程度です。)


フィナンシェのようなさつまいものマフィン
  (マフィン型12個分) 

材料
  バター (できれば無塩バター)  130g
  砂糖  90g
  卵白  4個分
  All-purpose flour または薄力粉  65g
  ベーキングパウダー  小さじ1・1/3 
  さつまいも  180g

作り方
 1) さつまいもは皮をむいて小さめに切り、しばらく水にさらしてから茹でて水気をきり、マッシュしておく。
 2) 小麦粉とベーキングパウダーは、一緒にふるっておく。
 3) バターは小鍋で焦がさないように溶かす。 
 4) ボウルに卵白を入れ、砂糖も加えて軽く泡立てる。
 5) 1) のさつまいも、2) の粉類を加えて均一に混ぜる。
 6) 溶かしバターも少しずつ混ぜ合わせ、ラップをして室温に30分ぐらい置いておく。
 7) マフィン型に等分に生地を入れ、350°F (約180℃) で予熱しておいたオーブンで25分焼く。 

*形も違うし、フィナンシェ独特の焦がしバターやアーモンドプードルも使用していませんが・・・
 普通のマフィンよりずっとしっとりしていて、何とネーミングしてよいのやら? というお菓子です。


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2 件のコメント :

  1. ご主人さまと、ご近所さんに素敵なプレゼント。
    さすがです!

    アメリカのチョコブラウニーが懐かしくなりました。
    といっても、アメリカに住んでいたわけじゃありません。
    日本に住んでるアメリカ人が作ったブラウニーを、ときどき食べたというだけで。
    ねっちりして、甘さがズキューンと脳に突き刺さる感じのブラウニーでした。

    私が作るのは、もっぱらジャパニーズスタイル(?)のあっさりブラウニー。
    Sakuraさんのは、ほどよくねっちりで、ほどよい甘さのかな。
    作ってみます!

    レシピ本の表紙、かわいいですね。
    Baker's の製菓用チョコレートも素敵。
    私が使ってる溶かしやすいコイン型チョコが、味気なく思えてきました。

    返信削除
    返信
    1. marin さん、

      ミネソタの本に出ていたものは、倍量のレシピなのですが、
      グラニュー糖がアメリカの2カップ、つまり約400gなのです!!
      キャ~! と叫んでしまいますよね。

      私もアメリカに住み始めてから、「脳に突き刺さるような甘味」 に閉口しています。
      元々お菓子は大好きでも、甘すぎるお菓子を義理で口にしなければならない時は、
      かなり辛いです。。。

      チョコは溶かしてしまえば変わらないけれど、可愛い模様をみつけるとちょっと得した気がします。
      でも、コイン型のチョコ!? それは使いやすそうですね♪

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...