2016年5月8日日曜日

空一面のオーロラと冨田勲さん

昨夜は、真夜中過ぎにふと窓の外を見たら、空が何だかぼうっと光っているのを発見!
デックに出て眺めると、

おおっ、オーロラ northern lights ではないですか!?
 (注: こちらでは、auroras より 「北極光」 という意味の northern lights を使うことが多いです。)

家の電気を全て消して、庭へ・・・
東の空から西に向かって、やや緑色がかった薄い大きなスカーフが、風に飛ばされてゆらゆらと不規則に動き続けるような感じでした。

賑やかなカエルの合唱と色々な鳥たちのさえずりをBGMに、それはそれは幻想的な光景を楽しんじゃった♪
居ながらにしてオーロラを観察できるとは、何という贅沢でしょう!

イメージとしては、こんな感じかな? 昨夜のは、これよりもう少し白っぽかったですけれど。
ミネソタでは、こんな色のオーロラは時々見えますが、赤やピンクのものはまだ見たことがありません。

少し前のものですが、画像はこちらからお借りしました。

星もちらほら見えて、月は出ていなくてもオーロラのおかげで明るく、暑くも寒くもなくて最高の夜でした。
まだ虫も出てこないしね。 真夏だったら大変!


天空のショーを20分位楽しんで家に戻り、日本のニュースをチェックしたら、シンセサイザー奏者冨田勲さんが亡くなられたとのこと。

ショック。。。
若い頃、ヤマハエレクトーンの講師をしていたことがある私にとって、職人的な細かい技で電子音を自由に味付けしてしまう彼は、神のような存在でした。
宇宙的な広がりを感じさせる音、奥行きを感じさせる音、すごい、すごすぎる!

彼のCDで持っているのは、ホルスト「惑星」、そして "Dawn Chorus (ドーン・コーラス:暁の合唱)" というタイトルのもの。
他にも、FMラジオから録音したカセットテープ (懐かしい!) がたくさんあります。

Dawn Chorus のアルバムの音源はユニークで、宇宙から来る電磁波やフレア星 (変光星) なのです。
演奏は 「冨田勲とプラズマ・シンフォニー・オーケストラ」 となっています。

CDのライナーノーツ

シンセサイザーに初めから入っているノコギリ状の波形は単純すぎて味気ないので、冨田氏は宇宙に満ちている光度曲線を混ぜ合わせ、気の遠くなるような試行錯誤を繰り返しました。

こうして、生の楽器とはまた違った温かさを持った、独特の音を作り出したというわけ。


アルバム冒頭の不思議な音 (冨田氏によれば 「鳥の鳴き声のような音」) は、夕べオーロラを観ながら聞いていたカエルの合唱に、驚くほどそっくり!

弦楽器に例えると、地球をとりまく磁気圏はN極からS極に張られた弦、太陽から飛び出してくる微粒子は、その弦に振動を与える弓の役割をするのだとか・・・

冒頭のヒューイヒューイという音は、茨城県の電波天文台で収録されたものを、一切加工せずにそのまま使用した、まさしく天空のコーラスなのだそうです。

下の動画の曲は、ブラジル出身の作曲家ヴィラ=ロボス Villa-Lobos の 「ブラジル風バッハ第4番 "プレリュード"」 です。


オーロラの発生も、太陽風が地球を取り巻く磁場にぶつかるのが原因なので、不思議な偶然?
冨田勲さんがお別れのプレゼントとして、このオーロラを見せてくださった気がしてしまうほどです。
それとも、神様からの 「母の日」 のギフトだったのかな?


子供の頃からよく耳にした 「きょうの料理」 のオープニングテーマをはじめ、「新日本紀行」「ジャングル大帝」「リボンの騎士」 なども作曲されていたと知ったのは、冨田氏がクラシック音楽をシンセサイザーで編曲したアルバムをひと通り聴いた後でした。
ええっ、これもこれもそうだったの? と、とてもびっくりした覚えがあります。

巨匠のご冥福をお祈りいたします。。。
彼の魂は今頃、宇宙空間をを自由に飛び回っているのかもしれませんね。


おまけ 宇宙から見たオーロラ。 NASA提供の動画です。
     美しい地球が、愚かな指導者による核戦争などで破壊されてしまうことがありませんように・・・




ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

2 件のコメント :

  1. sakuraさん、

    おはようございます。
    ミネソタではオーロラが見えるんですね〜〜!!豪華だわ!
    変えるの合掌が聞こえる所にすんですなんて,最高のリタイア場所!!現地に住みながらにしてオーロラが楽しめる。。最高の贅沢!!きゃ〜羨ましい。そして宇宙から見た地球とオーロラの画像に感激です。地球では様々な事が起きてるのに,そんな事たいした問題ない。。と感じさせてくれますね〜〜いつか宇宙旅行が可能になったら行ってみたいですね!

    冨田勲さん、すみません,,あまり知りませんが,音楽の影響を多大に受けてるあなたにとっては残念なことですね。

    返信削除
    返信
    1. ねこちゃんさん、

      オーロラは、北極圏に出かけて行って、
      寒い時期に震えながら観測するものだと思っていらっしゃる方が多いでしょうね。
      春に、ひょいと庭に出るとオーロラが・・・というのは、かなりラッキー♪
      おしゃれでおいしいレストランなどが近所になくても、許しちゃいます (笑)

      宇宙から見ると国境も何も見えなくて、地球はひとつの美しい星です。
      そんな地球も宇宙から見れば砂粒のような存在ですが、大事に守っていかなくてはね。
      子供の頃は、大人になったら宇宙旅行が気軽にできる時代になるかも・・・なんて思っていましたが、それはちょっと無理かな。。。
      ぜひ行ってみたいですね~

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...