2012年9月11日火曜日

大好きな甥と

夫の甥は、息子と2歳違い。 息子が赤ちゃんの頃から、いつもかわいがってくれたっけ。
そのまま変わらず、とても気持ちの優しい青年に成長しました。
息子にとっては従兄であり、大親友でもあります。

息子が子供の頃、ミネソタに来たのは夏休みの間だけでしたが、その目はいつも輝いていました。
楽しい企画を思いつくのが得意な甥が、遊び相手になってくれたおかげです。


週末、彼が久しぶりに我が家に2泊していきました。
子供の頃と同じように、朝から晩まで息子と二人で精力的に遊びまくり状態・・・
夫と私のことも誘ってくれたので、ありがたく遊んでもらいました。

甥のジープで、紅葉が始まっている林の中へ。
夫の指揮により、折れた枝の片付けや、チェーンソーで木を切る作業もこなします。


切り株の上に、夫が変なリクライニングチェア (?) を取り付けたばかり。
景色はすばらしいけれど、足元がすぐ崖なので、座るとかなり怖いんですけど・・・


林の後は、家の前の湖で・・・

甥が自分で工夫して作った wakeboard もどき。 ボートに引っ張られて、湖面を気持ちよく進みます。
慣れているので、ビール片手に余裕の甥!


手ほどきを受け、すぐにコツをつかんだ息子。 くるくる回ったりして楽しそうです。



いいな~、私は試す勇気がありませんでした。。。


そして夜は、ゲストハウスにしているキャビンでミュージック・セッション。 これにも混ぜてもらいました。
ギターが得意で作詞作曲もする甥は、ステキな声の持ち主です。

ギター2台、ベースドラムを3人で代わりばんこ。
CCRピンク・フロイドなど、私が若かりし頃の曲も二人とも大好きなので、一緒に演奏しました♪
楽譜なんてないけれど、適当に・・・

以前ロックバンドで叩いていた息子に教わり、最近ドラムのごく基礎のリズムが叩けるようになってきました。
時々適当におかず入れたりして、めちゃくちゃ楽しいのよね~ ストレス解消にも最高!!


私が高校の時に親に買ってもらったギターを、甥に貸しました。
弦が腐って (?) いたので、取り替えるのも手伝ってもらっちゃった。

(高校生だった私、女の子だけで歌って踊ってギター弾いて・・・という楽しいクラブに入っていたのです。
 新宿駅の雑踏の中、皆様にぶつかってご迷惑をかけながら、ギター抱えて通学していました。)


1973年という購入年と値段の入ったレシートがケースから出てきて、男の子二人にウケてしまいました。
君たちはまだ、影も形もなかったよね。

こちらのは、元プロの方に譲っていただいた由緒正しいギターです。 やっぱり音が違う・・・


カクテル飲みながら、夜中までセッションが続きました。
おばさんと遊んでくれて、ありがとうね!

大都会のシアトルからミネソタのド田舎に帰ってきたことを、甥のおかげでしみじみ喜ぶ息子・・・
小学校の教師をしている甥が、かなり遅ればせながら教育実習中の息子に色々アドバイスしてくれます。
それを見て、ほっと胸をなでおろす母です。


おまけ その1 幼かった二人。 この頃から、とても強い絆で結ばれていました。


おまけ その2 Pink Floyd の名曲、 Wish You Were Here (あなたがここにいてほしい)
             これを、3人で心を込めて演奏しました。

             あの東日本大震災から早くも1年半、そしてアメリカ同時多発テロ事件から11年・・・
             犠牲になられた全ての方々に、この曲を捧げます。




ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

8 件のコメント :

  1. 先日選手交代のブログを読ませて頂きましたが
    コメントする時間がなくなってしまい済みませんでした
    ご家族の 特に娘さんや息子さんとご一緒のsakuraさんを目を細めてみていたのですよ
    お子さんたちの成長を認めながら見守る母の姿・・・ご立派です
    私は早くに娘たちが嫁いでしまったのでいきなりおばあちゃん業にはちょっと抵抗を感じつつ
    子育てしながら自分も成長していく娘たちの姿も満更ではないかなと思い始めています

    甥御さんと息子さん
    従兄同士の繫がりは時に兄弟と同じ位強くなるものなのですね
    お二人の小さい頃のサイズが大きくなっても同じですね

    それにしてもピアノにバイオリンが弾けるsakuraさんが
    ドラムまで叩く姿は カッコ良すぎですよ

    パセリねぇ 少なくなってしまうんですよね(-m-)

    返信削除
    返信
    1. YUKIさん、

      全然おばあちゃんには見えない、溌剌としたYUKIさんの姿にも、
      密かに憧れています。

      まだ若くて元気なうちに、お孫さんとの時間をどっぷり楽しめるのは、
      とても羨ましいことですよ。
      母となったお嬢さん方の成長を見守るのも、
      先輩お母さんとしてワクワクするでしょうね。

      私のドラムは、初めてまだ数日です。
      レッスンプランを用意してくれているようなので、
      錆びてきた体と頭をほぐしながら、少しずつチャレンジするつもり♪

      削除
  2. 楽しそうなファミリー!
    ドラム ストレスフリーになるみたいで私も叩きたい、勿論難しいと思いますが。

    Pink Floyd 大好きです。  
    これが演奏できるとは凄いですね。
    聞きたかった、サクラさんのWish You Were Here!

     

    返信削除
    返信
    1. staさん、

      ドラムは、基礎リズムだけでもかなり楽しいですよ!
      ・・・とは言え、場所は取るし近所迷惑にもなりかねないので、
      やたらとおすすめしてはまずいかな?

      Pink Floydお好きですか?
      私もあの頃のブリティッシュロック(特にプログレ)に、
      どっぷりとハマっていました。
      YES、EL&P、King Crimson、そしてQueenやLed Zeppelinも♪
      私の影響で、息子もそういう系をよく聴いています。

      削除
  3. こどものときの小さい2人が、今も強く結ばれている…

    清々しい若者の友情が写真にあふれていました!

    写真で見ると、小さかった頃は昨日のような感じがしませんか?

    返信削除
    返信
    1. chopianaさん、

      写真を見ると、本当についこの前までこんなだったような気がします。
      二人とも、少年のような気持ちをいまだに抱えているので、
      よけいそのように感じるのかも・・・?

      いつも意欲にあふれてハッピーで、人を喜ばせるのも上手な甥、
      息子にもそうなって欲しいだけでなく、私自身も見習わなくちゃと思っています。

      削除
  4. 素敵な光景です。いとこ同士が楽しく遊ぶ姿って大好きです。
    スクスクとそだって立派なアメリカ市民となってください。
    うちの生徒もそんな風におもいます。みんな立派に育って
    ほしい。責任という意味かな。
    Sakuraさん、素敵です!

    返信削除
    返信
    1. みどりさん、

      「立派なアメリカ市民」というフレーズに、
      ちょっとドキドキしてしまいました。

      アメリカ人としてアメリカに暮らし、国に忠誠を誓う場面に遭遇することが多いけれど、
      半分は日本人である自分のことも、大切に誇りに思っているようです。
      ハーフ(ダブル?)の子にとって、自分のアイデンティティーを模索するのは、
      きっと一生の課題となるのでしょうね。

      国籍に関係なく、責任ある行動を取れる立派な大人になってほしいと
      願っています。

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...