2016年4月18日月曜日

うんちコーヒー (コピ・ルアク) って何なのよ?

週末に、また義弟がふらりとやって来ました。 手土産は、バリ島特産のコーヒー
ただし自分でバリに行ったわけではなく、ヨガのインストラクターである彼女からのもの。
ヨガの研修&観光で、1ヶ月ほどインドネシアに行ってきたそうです。

「ごめん、自分へのおみやげだと思って、袋を開けて少し飲んじゃった・・・」 とのことで、既に開封済み (爆笑)


「ある動物にコーヒーの実を食べさせ、ウンチの中のコーヒー豆を集めて挽いた、特別なものなんだよ」 と、真顔で説明あり。
冗談好きな義弟なので、「またまた~!」 と笑いながら袋の裏の説明をさっと見たら、どうも本当らしい。

・・・一体どんな味がするのだろう・・・

普通のコーヒーと違って、コーンスターチのように非常に微細なパウダー状になっています。
義弟が間違って開封してしまった時、自宅でいつものようにペーパーフィルターを使ってみたら、お湯が全然通らず、いくら待っても無理だったそう。



夫が、「これは、カウボーイコーヒー式 (西部劇に出てくるように、挽いたコーヒー豆をポットに直接入れて煮出し、濾さずにカップに注いで上澄みを飲むワイルドな方法) が合うに違いない」 と言うので、彼に淹れてもらいました。
仕上げに冷水を少し足すと、挽いたコーヒー豆の部分が一気に沈むのだそうです。

ブラックで飲んでみたところ、なかなかいける!
苦味も酸味も強すぎず、普通のコーヒーよりコクがある気がします。
(もちろん、ウンチっぽい味は全くしませんのでご安心を。)

でも、カップやポットの底にべったりと沈んだコーヒーかすを、ぬぐって始末しなければいけないのが面倒かな。
コピ・ルアクはいつも極細挽きで売られている、というわけではないようですが・・・


先に飲んでしまってから、コピ・ルアク (またはコピ・ルアック) Kopi Luwak / Luwak Coffee と呼ばれる、アラビカ種のこのコーヒーについて調べてみました。

コーヒーノキの熟した果実 coffee cherries


ジャコウネコ Luwak / Asian Palm Civet が食べると、


未消化のコーヒー豆だけが糞の中に残るので、
(お食事中の方が読んでいらしたら、ごめんなさい・・・)

それを集めて洗浄した後に乾燥させ、浅めに焙煎したものがコピ・ルアクだそう。

ジャコウネコは普通のネコ位の大きさだそうですが、どちらかというとラクーンかタヌキっぽい顔。
冗談ではなく本当に、通称うんちコーヒー (Cat) Poop coffee なのですって!!

顔がイタチにも似ているのでイタチコーヒー Weasel coffee という別名もあるし、Civet という英語名にちなんで、シベットコーヒーと呼ばれることもあるようです。

ジャコウネコは、よく熟して質の良いきれいな実だけを本能的に選んで食べるそう。
その消化器官内を通るうちに、コーヒー豆の発酵が進むのがおいしさの秘密。
腸内のタンパク質分解酵素が豊富なアミノ酸を作り出し、コーヒー豆に浸透させて、独特の香りと味を与えるとか・・・

このように希少価値があるため、世界一高価なコーヒーとされていると聞いて、またまたびっくり!
500グラムにつき、500米ドルもする場合があるそう! 円に換算すると5万円以上!?


2007年のアメリカ映画、The Bucket List (邦題は 「最高の人生の見つけ方」) で、億万長者役のジャック・ニコルソンが愛飲していた最高級コーヒーが、このコピ・ルアクでした。

実はジャコウネコの糞からとれるのだというコーヒーの正体をばらすため、その説明文を彼に渡した友人役のモーガン・フリーマンが、病院のベッドで大笑い!
そして、Bucket list (死ぬまでにやっておきたいことのリスト) の中の、「涙が出るまで大笑いする」 の項目に、「達成済み」 という意味で横線を引くシーンがありました。


おみやげでいただいたコーヒーは、50グラム入り。 少量でもずい分高かったのだろうなあ。。。
じっくりと味わって、感謝しながらいただくことにします。


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

8 件のコメント :

  1. バリ島在住の友人がいるから このコーヒーのこと訊いてみたい。

    鴨せいろ、お蕎麦に温かい鴨とお葱の汁、おいしいです。数年前からはまってます。鴨肉と言っても合鴨?家鴨? 最後に蕎麦湯と頂きます。
    冷たい汁はちょっと・・・。暖かくなって 鴨せいろにいい季節、冬は鍋焼きうどんや味噌煮込みうどんです。

    返信削除
    返信
    1. Akko さん、

      バリ島のお友達、ご存知かもしれませんね。
      何十年も前に行った時には、全然気がつきませんでしたが、
      どこかでは売られていたのかもしれません。
      娘は、タイ名物の 「象のうんちコーヒー」 なら知っているそう!

      鴨肉には独特のおいしさがありますね。
      他の動物のものと違って、脂の部分も体に良いと聞いたことがあります。

      削除
  2. こんにちは  以前テレビで見た事があるのですが、ベトナムでは猿の糞だった様に記憶してます。
    飲んでみたいような、みたくないような・・・でも美味しいのですね。

    昨日デパートの催事で九州物産展を開催してたので行ってみたのですが、熊本県の商品は少なくて、でもチョット買ってきました。
    アンテナショップにはお客さんが大勢いらして、行列が出来るほどだそうです。

    早く余震が収まればいいのですが。

    返信削除
    返信
    1. RMK さん、

      猿のもあるのですか!?
      ジャコウネコのはOKでしたが、人間にもっと近いせいか猿のは抵抗があります。。。(猿に失礼かな?)
      タイの象のコーヒーは、「ブラックアイボリー」 と呼ばれているそうです。

      皆さんが色々な形で熊本を応援していらっしゃるようで、
      個人の力は小さなものでも、それが集まると大きなパワーとなることでしょう。
      九州地方の大雨で、被害が拡大しないことを祈っています。

      削除
  3. 色々な動物のが存在するのですね~。私としては ✖︎△菌とか大丈夫かな、考えてしまうので・・・ですね〜。
    バリ島在住の友人は 昨日一時帰国したんですが 大分の実家に行くので 会えるかどうかわかりません。
    プリンス 亡くなりましたね!

    返信削除
    返信
    1. Akko さん、

      日本人でも知っているミネソタ生まれの有名人があまりいないという理由もあり、
      プリンスが亡くなったと聞いて、とても残念です。
      マイケル・ジャクソンが急死した時のことを、思い出してしまいます。

      コピ・ルアクは 「集めて洗浄した後に乾燥させ・・・」 と書いてありますが、
      どのように洗浄するのかは疑問です。
      やっぱり少し不安ですね。。。

      削除
  4. sakuraさん、

    こんにちは。 え〜〜と目を疑ってしまいました。
    本当なんですね。。コピ ルアルク。世界一高いコーヒ!

    ジャコウネコ Luwak / Asian Palm Civet が食べると、
    未消化のコーヒー豆だけが糞の中に残るので、
    (お食事中の方が読んでいらしたら、ごめんなさい・・・)それを洗浄し乾燥。。いったい何の思いつきから始まったのでしょうね!?形を見て。。う〜んん。。家のチビちゃんのを思い出してしまった、トライできるかな?

    返信削除
    返信
    1. ねこちゃんさん、

      確かに形はにゃんこのに似ていますね。
      あそこからコーヒー豆を分別するのは、あまり愉快な仕事ではなさそうです。
      元々は、植民地のコーヒー農園で働いていた現地の人々が、
      自分用にコーヒーの実を採ることは禁じられていたので、
      自分たちもこっそり飲みたくて、動物の糞からということを思いついたようです。

      おみやげでいただいたので、ありがたく飲んでいますが、
      私も自分では買わないだろうな。。。

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...