2016年4月22日金曜日

LODGE のスキレットでダッチベイビーを作ってみた

ずっと前から目をつけていた、LODGE (ロッジ) スキレットをついにゲット!
直径8インチの、お手頃サイズです。

アメリカ製ですから、こちらで買うとほんの10ドルちょっとなので、大げさに喜ぶほどのものでもないのですが・・・


このしっかりした重さ、とても頼り甲斐がありそう! 間違って足の上に落としたら悲惨だけどね。
何だか、のにおいがプンプンしてくる気がします。

LODGE 製品には100年以上の歴史があり、アメリカはじめ世界中で信頼されています。
この武骨さが、かえっておしゃれ~♪

スキレット購入の一番の目的は、この頃よく話題になっているダッチベイビー Dutch baby を作ることでした。
ドイツ風パンケーキ German pancake なのにダッチと呼ばれるのは、なぜかしら?
それはともかく、あの独特の形が出来上がっていく過程に興味津々だったのです。

LODGEのスキレットには、シーズニング (食油を吹き付け高温のオーブンで焼き付ける作業) が既に施してありますので、軽く洗ったらすぐに使い始めることができます。

予熱段階からスキレットをオーブンに入れてしまい、熱々になったらバターをじゅっと入れ、生地を流し込んでオーブンに戻して焼くだけ。

とっても簡単! オーブンの中でおもしろいようにふくらんでいきます。

オーブンから出したばかりのダッチベイビー、何だか帽子のようになっていました。
これで合っているのだろうか。。。 ちょっと違う気もする。。。


すぐにしぼみ始め、ダッチベイビーらしくなります。
今回はシンプルに、パウダーシュガーと夫特製のメープルシロップだけで。


スキレットにくっついてしまうことも一切なく、すべるようにはずせました。
外側はカリカリで底はもちもちという嬉しい食感! ちょっとシュー皮みたいな感じでもあります。

全体をオーブンに入れることができるのも、すご~くカリカリに出来上がるのも、スキレットならではですね。

ダッチベイビーは、果物やホイップクリーム、チョコレートシロップ、ナッツなどでおめかししてもいいですし、シナモンやバニラエッセンスは省いて、ソーセージやベーコン、卵料理などと合わせ、おかず系にしてもよさそう。
すりおろしたレモンの皮を入れるのも定番らしいので、今度やってみようと思っています。


このスキレットは、普段使っているノンスティック加工のフライパンと違って、思い切りの強火もへっちゃらなタフな奴です。
ダッチベイビーに限らず、石焼きビビンバやチャーハン、ステーキやハンバーグもおいしくできそうね。
ご飯のおこげの部分のことを考えただけで、うっとりしてしまいます。

汚れはたわしなどで落としてなるべく洗剤を使わずに洗い、火にかけて完全に乾かし、サラダ油などを薄く塗って保管すれば一生ものだそうです。
もっと大きいスキレットも欲しいかも・・・


実は、学生時代にみつけた Matapan というレシピが、このダッチベイビーに激似なのです。
よく読んでいた、アンアンかノンノに出ていたのではないかと思います。

母に教わったものや、友人・知人から聞いたもの、雑誌や新聞などでみつけたものなどをまとめた、手書きの秘密のお料理ノートの1ページ。
「レシピ」 という語もその頃は知らなかったし、「オーブン」「天火」 となっているところに、時代を感じるわ~


「タネを天火に入れると、急にふくれて焼き色がつく」 という部分にワクワクし、いつか作ってみたいな~と思いつつ、40年位があっという間に経っちゃった。。。

"Matapan" というキーワードで検索すると、グーグル様は 「もしかしてマタパン?」 とご丁寧に聞いてきます。
検索結果に表示されるのは 「マタパン岬沖海戦」 についてか、「マタニティパンツ」 の略語としてのマタパン (今はこう呼ぶの? 知らなかった) ばかり。 (゚´Д`゚)

そんなレシピは、どこにも載っていないぞ。 一体、これって何語なのかしら?
でも、私にとってずっと幻だった Matapan らしきものが、やっと現実のものとなって感慨深いです。

前回の記事でご紹介した、Bucket list (死ぬまでにやっておきたいリスト) の中の、とてもささやな望みが、ひとつ叶った気がします。

それでは、今回作ったダッチベイビーレシピです。  (そのうち、また少し変えてみるかも)
私は1人で完食してしまいましたが、小食の方でしたら2人で分けてもOKかな?

くれぐれも、やけどと落下には注意してね。

ダッチベイビー (直径8インチ / 約20cmスキレット) 

材料
  薄力粉 (または all-purpose flour)  40g
  卵  1個
  牛乳  60cc
  塩  少々
  シナモン  少々
  バニラエッセンス  小さじ1/2
  バター  15g

作り方
 1) オーブンを235℃ (450°F) で予熱。 スキレットは初めからオーブンに入れておく。
 2) ボウルに薄力粉とシナモンを一緒にふるう。 
 3) 別のボウルに卵と牛乳を入れて、泡立て器で軽く混ぜ合わせる。
 4) これを2) のボウルに数回に分けて加え、塩、バニラエッセンスも加えて、全体を混ぜ合わせる。
 5) 予熱が終わったらスキレットを出し、バターを入れて手早く底面と側面全体に回す。
 6) そこに生地を流し入れ、すぐにオーブンに戻す。
 7) 220℃ (425°F) に下げ、12~15分表面がきつね色になるまで焼く。
   途中でオーブンの扉を開けないこと。


ところで、昨日 (21日) は悲しいニュースが飛び込んできました。
故郷ミネソタをとても愛していた天才的ミュージシャンの、突然の訃報にびっくり・・・

ミネソタ生まれの世界的有名人は、元々数少ないのですが、その貴重な1人がプリンスさんでした。
チャリティ団体などへの寄付も、積極的に行っていた方だったそうです。
死因はまだはっきりわかっていないとのこと。 残念でなりません。


紫色の涙雨が降るかな・・・


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

8 件のコメント :

  1. こんんちは。

    今朝、ダッチベイビーをシシピどうりに作ったんですよ。。。
    ネットでちょっと検索もしました。簡単〜につられて,結局は失敗だったんです。。笑,悲,汗 何を間違えたんでしょうか。。。わはは。。。

    きっと家のオーブンの温度の問題かもしれません。
    古いから設定温度と実際の温度に差があるのかもしれませんね〜ダッチ帽子のように膨らまず,固〜い板のようなパンケーキでした。。。良い勉強になりました。。。爆笑!

    返信削除
    返信
    1. ねこちゃんさん、

      せっかく作ってくださったのに、固くなってしまったとは残念・・・
      失敗はへこみますよね。
      オーブンによって違いますので、次回は温度設定を少し低めにしたほうがいいかもしれません。
      私もよそで食べたことがあるわけではないので、これでいいのかしらと疑いながら (笑)、
      自分ではおいしくいただいたので、レシピ (色々な所からいいとこ取り♪) を載せちゃいました。
      またいつか、めげずにチャレンジしてみてくださいね~

      削除
  2. ご子息のガールフレンドのお父様が鉄道マニアとのこと。今週、京都に鉄道博物館が開館します。英語版もありますので、ご興味あればご参照ください。http://www.kyotorailwaymuseum.jp/ 先般のご主人がメープルシロップを作られた話に多くのコメントが寄せられていたことに驚きました。私はお菓子を食べることは好きですが、作ることは興味ありません。男性がお菓子を作ることは日本では一般的ではないので反響を呼んだのかもしれませんね。

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん、

      ゴールデンウイークに合わせて開館する鉄道博物館、ご紹介ありがとうございました。
      触ったり、体験したり・・・これは楽しそうですね!
      ガールフレンドのお父さんにお教えしたら、すぐに京都に飛んでいってしまうかもしれません (笑)

      アメリカでは料理好きな男性はめずらしくなく、奥さんは全くしないというカップルも多いです。
      だいぶ前ですが、夫の伯父さんが庭に生えているルバーブを使ってお手製のパイを手土産に持って来てくれ、文化の違いに驚いたことがあります。

      削除
    2. 今月初日、以下の団体が設立されました。米国人でも日本人でもご興味ある方がいらっしゃればご教示ください。http://www.jp.us-wbn.org/index.html 熊本の地震はそちらでどのように報道されているか存じませんが、ミネソタでは無関心な方がほとんどでしょうね。ニューヨークや西海岸では、多少、募金活動をしているかも?

      削除
    3. 匿名さん、

      息子が静岡在住ですので、熊本とどの位離れているかわからないこちらの親戚・友人たちは、
      ニュースを見て、大丈夫なのかと心配してくれていました。
      ミネソタでは、地震の揺れを経験したことがない人がほとんどですから、
      その恐怖は想像もつかないことでしょう。

      日米女性ネットワーク協会のご紹介、ありがとうございました。

      削除
  3. なんか、日本のわが家のオーブンにはデカいかなー、重そうだなーと思いました。ダッチベイビー(オランダの赤ちゃん?)って ポップオーバー ヨークシャプディングみたいなものですか?
    フライパンは鉄製を使っています、鉄分摂れますよね。コイヌ印の。最近はコーティング加工の物が多いですけど やっぱ鉄製ですね〜。
    フライパンは鉄製で

    返信削除
    返信
    1. Akko さん、

      確かにダッチベイビーについてのサイトを見ると、ポップオーバーに似ていると書いてあります。
      ハンドルまで含めた長さは33cm位ですので、小さめな日本のオーブンではちょっと無理なのかな?

      鉄のフライパン、結婚した頃から憧れはあったのですが、
      重いしお手入れが面倒かもと思って、つい手軽で安価なノンスティック加工のものばかり使っていました。
      フライパンから鉄分が採れるというのは魅力♪ これからは、じゃんじゃん使います。

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...