2013年8月29日木曜日

近親相姦はダメよ!

ガーデンの野菜、今日は失敗例について。。。

じゃがいもと玉ねぎの隣りに、バターカップスクワッシュ Buttercup squash という、日本のかぼちゃに似た野菜の苗を初めて植えてみました。

成功すれば、こんなのが出来るはずでした。


花がたくさん咲いて、ワ~イワ~イと楽しみにしていましたが、一向に実がつかない。
あれれ?

野菜作りの大先輩に、話を聞いてみました。
すると・・・

スクワッシュきゅうりズッキーニなどは雌雄異花同株・・・つまりひとつの株に、めしべを持つ雌花 female flower と、花粉をつけたおしべを持つ雄花 male flower が両方咲くのですね。
こんな基本的なことも知らなかった!

雌花のめしべが、色っぽく (?) 濡れた感じで花粉がつきやすい期間は限られています。
雄花もたくましそうな印象ではなく、すぐに萎えてしまう・・・もっと頑張れよ~
受粉のタイミングって、結構むずかしいみたい。 

しかも、同じ株の雄花と雌花同士では受粉できないのですって。
近親相姦みたいなものですものね。
野菜の世界でも、それはモラルに反することなのでしょう。。。


雄花は数多く咲くのに、根元がぷっくりふくれた雌花はたま~にしか咲かない。
人間の男女がもしこんな比率だったらと考えると、恐ろしくなります。

たくさんの株を育てる農家でしたら、スクワッシュのお花ちゃんたちにとって、合コンやお見合いのチャンスもいっぱいで、婚活の成果が見込めます。
でも、家庭菜園で育った子たちには、出会いのチャンスがなかなかありません。

我が家ではたった2株しか植えなかったので、雌花が咲いた朝に、隣りの株の雄花はゼロだったことが多かったのでしょう。
受粉に成功しないと、せっかくの子房もそのまま茶色く干からびてしまいます。

スクワッシュの雌花
スクワッシュの雄花

めでたく婚活 → 結婚 (?) が成立すると、さっそくご懐妊・・・根元がふくれてきて、縞模様がくっきりしてきます。
受粉を、仲人さんである虫任せにしていたので、今年実ができたのは1個だけ。
それも、なかなか大きくならないなあ。。。



無知だったため、ズッキーニもハニーデューメロンも、全然ダメでした。。。

来年はもっとたくさんの株を植え、おせっかいして人工受粉に挑戦してみようっと!
羽や筆の穂先に、その日の朝に咲いた雄花の花粉をたっぷりつけ、めしべを優しくそっと愛撫してやると喜ぶのですって。

目指せ、仲人おばさん!!
でも、人間様のお仲人はやめておきます。



ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

10 件のコメント :

  1. おかべ なお2013年8月29日 22:24

    へ~ 知りませんでした。なんでも植えて水さえあげれば・・なんて思ってましたから (^_^;) 
    雄花 雌花 さえ気にしたこともなく、写真でそうなんだ~と

    なんだか小学校の理科の勉強みたい (笑)

    会社の前は農家で畑。そこで、これなんだろう?と覗きズッキーニを見てこうなるんだ!と先日知ったばかりです

    来年は色々できるといいですね

    返信削除
    返信
    1. なおさん、

      小学校の理科の時間におしべとめしべのことを習いましたが、
      雄花と雌花があることまで教わったかしら・・・?
      思い出せません。

      去年育てたきゅうりも、雌雄異花同株だったことは!
      株数が多かったので、知らないうちにちゃんと実がなったのね。
      ズッキーニ、花は咲いていたけれど収穫はゼロ。
      来年また頑張ります (^▽^)

      削除
  2. あはは。何のことやらと思ったら~日米ハーフね。
    これが実現すれば大金持ちか?!
    そういえば、我が家の’ほったらし花壇に咲いた花。
    これですね。なんでだろう?

    返信削除
    返信
    1. みどりさん、

      うふふ・・・ちょっと過激なタイトルでした!
      スクワッシュ類は、もし自宅のガーデンで雌花が咲いている時、
      雄花が全然なかったら、よそから花粉をもらってきても良いのですって。

      でも、一番近い家に行くまでも車で数分かかる環境なので、
      それはちょっと無理かな?

      鳥の落し物から、とんでもない植物の芽が出てきたりすることもありますね。
      それも結構楽しみです♪

      削除
  3. おはようございます。

    べ,べ,勉強になりました...ただメスとオスを受粉させればいいと思ってたんですよ。。
    どうりで実がつかなかった訳だわ〜〜大汗
    同じ株では受粉しない..近親相姦だw。

    狭い菜園で何株も植えるのって大変..でも豊作を願って来年はたくさん植えてみます..勉強になりました。ありがとう!

    返信削除
    返信
    1. ねこちゃんさん、

      スクワッシュなどが、雌雄異花同株だなんて!
      知らなかったのは、私だけではなかったようですね。
      何だか、ほっとしてしまいました♪

      スペースが限られているので、難しいかもしれませんが、
      来年こそは、全ての野菜が大豊作になるといいなあ・・・
      ブログで、うれしいご報告ができますように。

      削除
  4. Sakura さん、こんにちは。
    さっそくコメントありがとうございました。

    Sakura さんちのガーデンは大豊作だったのね。
    トマトもラズベリーもピカピカですね。
    ラズベリーソース見たら口の中に唾液が…。やったっ。
    わたしシェーグレン症候群なので唾液があまり出ない
    ので・・・。
    Sakura さんとこから写真をコピーしてPCの背景にしようかな。

    うちはブラックベリーもみんな暑さにやられて収穫ゼロでした。
    ソースが作れるぐらいベリー類収穫したいな。

    スクワッシュのことはホント初耳でした。
    道理で花は咲くのに実はならないわけだ。
    自然の中に真理があるなあ、と感じました。
    近親で交配できないし、オス同士でも子孫は残せない
    ものね。 勉強になりました。
    これから残っているメロンの花の仲人おばさんになってみようかと・・・。
    で、どれが雌花でどれが雄花だか・・・。そこからかっ。

    返信削除
    返信
    1. じんさん、

      お久しぶりです♪
      テキサスは、野菜などがやられてしまうほど暑かったのですね。
      散水制限が出ている地域は、大変だわ。
      家では、湖の水をポンプで吸い出して水を撒いています。
      そうしないと、井戸の水が涸れてしまいそうなので。

      ラズベリーの写真、お役に立つならどんどん使ってください。
      梅干しの写真も効果があるかも?

      スクワッシュについては、
      意外と皆さんも知らなかったようですね~
      私だけ無知だったのかと、ちょっと恥ずかしかったのですが・・・
      また来年、頑張ることにしましょう♪

      削除
  5. 林檎のことは主人から聞いていましたが、かぼちゃもそうなんですね!
    昨年、今年とかぼちゃを収穫していたのに知りませんでしたぁ~♪
    雌花と雄花もこうしてわかりやすくあるんですね。来年はしっかり見て、受粉させたいです。
    そっかぁ~自然に花が咲いたら出来るもんじゃなかったんですね。
    頭の皺、一本増えました!うぅ~ん、減少傾向なので…^^q

    返信削除
    返信
    1. chopiana さん、

      あら、林檎もそうなのですか!?
      いつか庭に、おいしい実のなる林檎の木を植えたいなと思っていましたが、
      1本だけではダメということですね。

      かぼちゃは、たくさん収穫できましたか?
      今朝、雌花と隣りの株の雄花が両方咲いていたので、
      人工授粉にチャレンジしてみましたが、
      よく考えたら、今からでは実が大きくなる前に寒くなって
      株が枯れてしまいそう。。。

      頭の皺、増えちゃいましたか?お顔でなくてよかったわ (笑)

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...