2012年11月4日日曜日

亭主元気で留守がいい

Daylight saving time が、夜中の2時に終了!
家中の時計を1時間遅らせることから、1日が始まりました。

略してDSTとも言うデイライトセービングタイム「サマータイム / 夏時間」 と呼ぶのは何だかそぐわないかな・・・?
そのまま 「日光節約 (活用) 時間」 とでも訳した方が、意味がわかりやすいと思います。

コンピュータやテレビのチューナーなどの時刻は、自動的に切り替わります。
その他は掛け時計、腕時計、電化製品やカメラなど、全部手動で遅らせるのでなかなか大変・・・
ウォーキングのお供の万歩計も、忘れずに直さなきゃ。

朝は、8時に起きてもまだ7時でした!
何だか得した気分でしたが、夕方早々と暗くなってしまうのが困ります。


ハロウィンもあるし・・・と玄関前に何となく置いてあったパンプキン、一昨日見たらこんなになっていました。


犯人は、そこらをウロウロしているこの子かな?


逮捕しようとしたら、木の上に逃亡・・・
ここまで来られるものなら、来てみたら?って顔してる。


今日はさらに、こんなになっちゃった!


ちゃんと目鼻ができていてびっくり!なかなかの芸術家のリス君ですね。
まあいいや、うんとお楽しみなさい♪

*その後、アライグマかも?というコメントいただきました。 リス君、疑ってごめんね!


いよいよ昨日から鹿のハンティングシーズンが始まり、男性陣は舞い上がってその話ばかり。
夫も一昨日から泊りがけで、友人の所有するハンティングランドに出かけていきました。

寒~い外で、じっと鹿がやってくるのを待つなんて、よっぽど好きでないとできませんね。
でも長いことミネソタを離れていた夫にとってのハンティングは、鹿を殺すことが第一の目的ではないのだそう。
それは、 「禅」 に通ずるものがあるとか・・・?

はあっ???殺生の場で、ですか?

無我の境地で自然と一体になり、風の音や雲のたなびき、空の色の変化などを全身で感じ取るのが、彼にとってはハンティングの醍醐味なのだそう。

だから、鹿を仕留めることができなくても全然構わないのですって。
ほうっ、なるほどね。。。

瞑想 (というか、居眠り?) なんかしちゃって、鹿を見張るための deer stand から落っこちないでね。


ハンティングの後はお酒を飲みながら、男共で政治について熱~く語り合っているに違いありません。
大統領選、いよいよ明後日ですもの。

一緒に行ったメンバーは、共和党派の人、民主党派の人、ちょうど半々です。
アルコールが入って、ケンカになっていないといいけれど・・・

話し始めると止まらない人たちばかりなので、ちょっと心配です。
みんな自分の意見は絶対曲げずに、相手を改心させようと企んでいます。

私としては、銃規制についてどのような態度で臨むのかが気になります。
どちらの候補者もお茶を濁している感じ。
明言すると、銃規制反対の人たちからの反発が目に見えていますからね。

ハンターたちは、安全に配慮した上で銃を所有するのは、自分たちの当然の権利と信じていることでしょう。
でも家の中に銃が並んでいるって、新米ミネソタンの私にはやはり怖いです。


政治の話は、彼らに任せて・・・
夫の留守中、私は友人とのブランチに出かけ、帰りにゆっくり買い物したり、息子と一緒に家で映画を見たり合奏したり、ちょっと優雅に楽しく過ごしました♪


亭主元気で留守がいい

日本ではよく言われますが、アメリカでそんな発言をしたら非難ごうごうかも!?
一緒にいたいという気持ちがなくなったら、終わっちゃってると見なされるようです。

だから、夫がいなくても楽しかったのは、ここだけの秘密ですよ~

夫の定年退職後、いつも顔を突き合わせている状態ですので、たまに離れるのは 「寂しい」 より 「ほっとする」 のが本音・・・

携帯電話で毎日様子を確かめ合うようなことは、私たちはしません。
妻子のことは忘れて男同士で盛り上がるのは、大いに結構。

一緒の時にも、ひとりの時にも、それぞれ違った楽しみ方ができる・・・
いつもべったりでお互いの行動を全て把握していないと不安になるより、よっぽど良い関係だと思うのですが、人によって考え方も違うのでしょうね。

明日夫が帰ってきたら、ちゃんと I missed you... (あなたがいなくて寂しかったわ・・・) と伝えるつもりよ~ん♪



ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

4 件のコメント :

  1. こんにちは。
    確かに、亭主元気で留守が良い。
    夫が飲み会で遅くなる日は、何食べよう?何しよう?
    ワンコたちとまったりできるかな?なんていろいろ画策するだけでワクワクしちゃう(笑)。

    でもそれって、信頼してるからですよね。
    どうでもいいからじゃない。
    相手を信頼してるからそう思える。
    わたしたち夫婦も携帯でメールすることも、電話も帰るコール以外は全くありません。
    別にそれでも大丈夫。
    日本人だけの感覚なのかしら?
    でもそれってステキに思えるけどなぁ。

    大統領選挙興味津々です。
    自分たちで国の代表を選べるってすごく大事。
    日本人の政治の関心が低いって言うけど、
    係れないんですもの、政治に・・・
    それで、あの体たらく・・・
    日本はどうなるんでしょうか?



    返信削除
    返信
    1. greenさん、

      やはり 「亭主元気で留守がいい」 派ですか?
      おっしゃる通り、信頼関係があってこそですね。

      私たちのように、時にはお互いを解放し、
      相手の行動にいちいち口出ししない夫婦もあれば、
      マメに連絡を取り合うことが愛情の証と信じている夫婦もあって、
      その形は様々です。

      どちらかが、いつも構って欲しいタイプで、
      相手がそうでない時が難しいですね。
      自分の知らない所で、相手は友達と楽しんでる!?許せない!!
      ・・・となってしまうのでしょう。

      選挙に熱狂するアメリカ人を見ていると、
      国のリーダーを国民が選べない日本って、
      何だかおかしくない?と思ってしまいます。

      削除
  2. ご主人はハンターさんですね。あれは楽しいらしい。
    庭の木に、撃たれた鹿が吊り下げられている光景。
    のきぞりましたよ、初めて見たときは。苦笑
    そのパンプキン、もしかしたらアライグマかも。
    リスの歯ではそこまで食べれないかもしれません。
    特に、その赤リスちゃんの歯では・
    夕べもうちにアライグマが~~~~ぞぞぞ。
    大統領選。一体どうなることやら。

    返信削除
    返信
    1. みどりさん、

      鹿が吊り下げられているとは、恐ろしい風景だこと!
      話には聞いたことあります。

      リスにはものすごく詳しいみどりさんに言われて、気付きました。
      あの小さな赤リス君が、
      こんなダイナミックな歯形を残すわけないか・・・

      アライグマ!?
      以前見かけたことがあるので、そうかもしれません。
      意外と凶暴なのですよね。
      どんな様子でかじっているのかしら、見てみたいです。

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...