2015年11月20日金曜日

「みそまる」 を作ってみた

みそまる という、何だか可愛らしい名前のものが、日本で話題になっているらしい。
アマゾンのおすすめ書籍がメールで届いた時に、初めてその名を知りました。
宝島社と二見書房から、「みそまる」 という本が出版されています。

偶然にも、「ハンティングやもめ中のひとりごはんに、インスタントみそ汁があればいいのにな~」 と思っていたところ。 1人分だけ作るの、面倒だもの。

欲しくなった時に熱湯を注ぐだけで出来上がり・・・が実現するよう、「味噌汁の材料を前もって丸めて保存しておく」 というアイディア、すばらしいわ。
ってことで、みそまるは私のリクエストにばっちり答えてくれそうじゃないの!

一番オーソドックスな和風みそまるの材料を見たら、家にあるものばかりでしたので、さっそく作ってみました。

和菓子みたいな みそまる ちゃん!
味噌160g以外に用意したのは、以下の5点です。

  顆粒だし 4g
  乾燥わかめ 2g
  グリーンオニオン (小口切り) 5g
  油揚げ (オーブントースターで焼いて小さく切る) 8g
  乾燥ゆず 1g

クックパッドミソガールさんのレシピを参考にさせていただきました。

     Cpicon 【人気NO1】 和風みそまる by ミソガール

オリジナルでは、グリーンオニオンではなく乾燥ねぎを2gです。
顆粒だしの代わりに、鰹・いりこ・昆布などの粉、計15gをブレンドすると、さらに本格的な味になるそう。
味噌も何種類かミックスすると、より深みのある味になるとのこと。


全部の具材をボウルに入れて、混ぜ合わせたところ。


合計180gになったので、それを18gずつに分けてラップに乗せ、そのまま丸めました。
本当は手でまんまるに丸めるらしいけれど・・・


クックパッドには、他に中華風、イタリアン風など、いろんなみそまるレシピが出ています。

みそまる普及委員会というサイトには、まるでチョコレートトリュフのような美しいみそまるたちの画像が!
おしゃれ~ 楽しすぎるぅ ♥♥♥  
遊び心のある、こういうチマチマしたものが大好きです。


みそまるのひとつをお椀に入れ、熱湯150~160ccを注げば、お手軽に味噌汁がいただけます。
 (下の写真では、わかめが下に沈んじゃった・・・)

後から七味唐辛子を少しふりかけたら、さらにおいしかったです。
初めから、みそまるに仕込んでおいてもいいかも。 すりゴマなんかもよさそうですね。


ゴディバチョコの空き箱に入れたり、キャンディ風に包んだり、色々工夫すれば、あっと驚くギフトになりそう。
気になる彼のハートを射止めるのにも、もってこいですね! 今の時代は、その逆もありかな?

保存期間は、冷蔵庫で2週間、冷凍庫で1ヶ月が目安だそうです。
私は生のグリーンオニオンを使ったので、傷まないよう冷凍庫に入れました。
きっと、あっという間になくなりそうだ・・・

これも偶然ですが、こちらの親戚にも、味噌汁の作り方をぜひ教えて欲しいと頼まれたばかり。
味噌や顆粒だしをゲットする気、満々です。
私は普及委員会の回し者ではありませんが、みそまるのことも教えてあげて、ミネソタでも普及させようっと!

そう言えば、Minnesota の中には miso の音が含まれてるし、カタカナでは同じ4文字だし、覚えやすい名前かもね。
こちらの人は、勝手に 「マ」 にアクセントをつけて 「ミソマ~ル」 って言いそうだな。。。


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2 件のコメント :

  1. 可愛いチョコのような「みそまる♡」こちらだったら珍しいプレゼントに喜ばれますね。

    返信削除
    返信
    1. chopiana さん、

      見かけも名前も可愛らしい 「みそまる」、
      アメリカでは作れる種類が限られてしまいますが、
      ギフト用に、見た目は色々工夫できそうですね。

      次は、ほうれん草・チーズ・クルトン・トマトで、
      イタリアン風を作ってみることにします♪

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...