2015年1月22日木曜日

こんな時に不謹慎かもしれませんが

ついに日本人にも、テロリストの魔の手が!
過激派組織 「イスラム国」  Islamic State が日本人2名を人質にし、72時間以内に身代金 ransom 2億ドルを支払わなければ殺害すると脅しているとのこと。

日本政府がどのように対応するのか、世界中が注目しています。
人命は最優先したい・・・でも身代金を支払えば、それが新たなテロ活動の資金として使われるのは明らか。

こっそり裏取引などしようものなら、今後各国からそっぽを向かれてしまうでしょう。
安倍首相がどう出ようと、どちらにしてもまた国内外から非難の嵐なのだろうな。

安倍さんを責めるのは簡単ですが、今はとにかく皆で協力してほしいものです。
どのようにするのがベストなのか、連携して対策を練るのが先決です。


拘束されているお二人とそのご家族のお気持ちを考えると、のんびりとお菓子作りなんて本当に申し訳ないのですが・・・
明日からまたしばらく、夫の遠い親戚の1人が泊まりに来るので、クッキーを焼きました。

四角と丸型のつもり。
やはり罪悪感が邪魔したかな。 今回はちょっと失敗かも。。。


スライスアーモンド、ミニサイズのチョコチップを混ぜたココア生地のクッキーです。
生地をまとめてラップで包み、しばらく冷蔵庫で冷やしてからスライスするアイスボックスクッキーは、型抜きクッキーより楽なのでよく焼きます。


夫はおいしい!と何枚もポリポリ食べていましたが、実は私の好みはサクサクホロホロのクッキーなのです。
今日のは、ちょっと固めになってしまいました。

バターと粉の比率が問題ね。
今まで焼いた中でおいしかったな~と思うクッキーは、バターと小麦粉などの粉類の比率が1:1.5~2ぐらいです。

お気に入りの絞り出しクッキーなんて、1:1.2だ! サクサクなはずだわ・・・
その分カロリーも高いということか。。。

今日のクッキーは、1:2.5ですので、かなり食感が違うのは当然ですね。
こういう固めのクッキーのほうが好きな方だって、たくさんいらっしゃると思いますけれど。

今まで材料の比率などにはあまり注意を払わずに、何となく焼いていました。
お菓子作りや料理への科学的なアプローチ、凝り始めるとおもしろくてたまらないでしょうね。
自分なりの黄金比を見つけ出すのも楽しそう。

バターの量を増やして納得いくものが焼けたら、レシピを載せることにします♪


おまけ 世界平和への祈りを込めて。 心に沁みる音色です。




ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

6 件のコメント :

  1. こんにちは。

    本当にイスラム国過激派の行動には全世界が対抗してほしいです。こんな悪が世に存在するということが悪夢。身代金を払うか否かで安倍首相の気持ちは既に決まってるようです。。払わない、私も同意です。。と書くと冷たい感じられるでしょう。。大汗、過去に、ある首相が“人間の命は何よりも尊い。。”と払いましたが、そこに目を付けた過激派。再度同じことの挑戦してます。もし払ったら諸外国から非難されること100%間違いなし。テロでイラクやシリアから石油の井戸を乗っ取り、オイルを安く売って資金を稼ぎ、今ガソリンが低価格ですが、これはテロ組織にオイルマネーが流れ込むのを妨害しようとしてるからなんですね。安倍さん、、どのような判断を下すか。。興味津々です。

    写真のクッキー、お肉に見えてしまいました。。大汗。 ベターと小麦の割合で食感が違うんですね。このあいだ焼いたスノーボールは割合が1対1。カロリーが高かった〜〜美味しかったけどね。。笑

    返信削除
    返信
    1. ねこちゃんさん、

      本当だわ、お肉にも見えますね~
      私が気に入っているスノーボールのレシピも、改めて見てみたらやはり1:1の割合でした。
      バターたっぷりでおいしいはずですね。

      このところガソリンがどんどん安くなっていると思ったら、そのような裏事情ですか。
      去年の半額位になっていませんか?
      テロ組織の助長になるからと、身代金による解決を図らないよう、
      アメリカは日本政府に釘を刺しているとのこと。
      もしそれに従わなければ、今度は日米関係に大きな影が射すでしょう。
      一般市民が気を揉んでも仕方のないことですが、
      成り行きが非常に気になる事件です。

      削除
  2. おかべ なお2015年1月22日 22:00

    おうちに帰ってTVをつけたら(>_<) 日本人拘束!身代金要求! と目に入ってきたときは
    信じられなくて・・

    後藤さん(ジャーナリストの方)は 多くの 又日本の子供たちにも慕われて  
    人望がある方なんですね

    赤ちゃんも生まれたばかりだとの事  奥様もお気の毒です
    今(昼休み)お母様の会見が流れましたが 辛いです

    本人は {自己責任で}と言う映像もありましたが・ 助かって欲しいと思います

    身代金を払えば資金源になるでしょうし、味を占めて二度三度と日本人を拘束される可能性は?
    何とも複雑な気持ちです

    どうして平和な世界を目指さないんだろう
    タイムリッミット迄後少し  成り行きが気になりますね

    返信削除
    返信
    1. なおさん、

      私も後藤さんご本人とお母様と、両方の映像を見ました。
      私たちが結婚式を挙げた教会で洗礼を受けていらっしゃると聞いて、
      ますます心を痛めています。

      国家は国民を守る義務があるのですから、
      「自己責任」 だからと放置するわけにはいきません。
      交渉期限が迫る中、お二人の安否の確認もできていない様子。
      本当に恐ろしい世の中になったものですね・・・

      削除
  3. 最初に拘束された湯川さんはビジネス目的でしたが
    後藤さんはその湯川さんを助けるために渡航したんですよね。
    同じように拘束される危険があったため、後藤さんの渡航予定をしった外務省が
    渡航をあきらめるように3回も説得したそうですが
    どうしても!という決意であったのか、直前にビデオまで撮ってシリア入りされてしまいました。
    その結果、自称イスラム国というテロリストに利用され、帰らぬ人となってしまいました。
    テロリストは話の通じる相手では無いということですね。
    日本政府はお二人の解放について、自称イスラム国側と交渉していましたが
    相手の要求通りにお金を払うことはしませんでした。
    支払えば、それがテロ活動の資金になるので当然ですよね。
    今回の件で、自称平和主義者たちが「身代金を払うべきだ」「イスラム国を怒らしてはいけない」
    などと言っていましたが、本当にあり得ない言い分だと思います。

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん、

      もし日本政府が身代金を払っていたら、
      諸外国から非難轟々だったことでしょう。
      後藤さんご自身も、それは望んでいらっしゃらなかったと思います。

      今さら 「もし・・・」 を考えても仕方のないことですが、
      やはりあの時外務省の忠告に従ってくれていたらと残念です。
      戦地で暮らす人々の窮状を、命がけで伝えようとしていたお仕事に敬意を表しますが、
      あまりにも危険な地域は避けて欲しかったですね。

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...