2012年8月4日土曜日

な~ん茶って抹茶

日本に帰った時、お菓子やパン作りに使おうと、抹茶を買ってきました。
そのまま飲み物としていただこうという発想は、全然なかったのですが・・・

娘が突然、抹茶が飲みた~い!と騒ぎ始めました。
でもね、急に飲みたいと言われても、ここには抹茶はあってもお道具がないのよ。
困ったなあ。。。


抹茶には、二人だけの共通の思い出があります。
6年前、娘の高校卒業記念に一緒に京都を訪れた時のこと。
宇治で、自分で挽いた抹茶を点てるというステキな体験をしました。

石臼を使って抹茶を挽くのは、力加減もむずかしいし時間もかかって大変。
でも、あたりに漂っていた新鮮で上質なお茶の香りは、きっと一生忘れないでしょうね。

その時娘が来ていた母の手編みのセーターも、抹茶色でした!


そう言えばわたくし、若かりし頃に茶道のお稽古にしばらく通ったこともあったっけ。
(お茶と一緒にいただく、おいしいお菓子が目当てでした。)

あれから数十年・・・お茶の点て方なんて、すっかり忘れてしまいました。
母からもらった棗 (なつめ) だけが、たび重なる引越しにもめげずに残っていますが、茶杓は行方不明。
茶筅はきっと、使い物にならなくなって捨ててしまったのでしょう。

点て方をネットで調べたら、抹茶を茶こし (tea strainer) に通すと細かくなって溶けやすいとか。
竹の茶筅は必需品のようですが、小さめのステンレスの泡立て器 (wisk) でも、何とかなるかも!?

茶杓の代わりは、100円ショップで買ったマドラースプーンです。 ちと大きすぎるけど。。。

抹茶茶碗はないので、手持ちの器の中で一番それらしいものを使用。
何しろここはミネソタ。 ないものについてブーブー不満を言うのでなく、手持ちの品で何とか工夫することを楽しまなくちゃ!

・・・というわけで、こんなお道具を準備いたしました♪


茶碗に抹茶を入れ、80℃位のお湯を注ぎ、娘と一緒にミニ泡立て器でしばらくシャカシャカシャカ。
何だか笑える光景です。

茶こしを通したので、全然ダマにならない・・・確かにグッドアイディアです。
ほうら、何とか抹茶らしくなってきたではないですか!
茶筅を使った時のように細かな泡にはならないけれど、許せる範囲です。

夫は残念ながら抹茶は苦手。 普通の緑茶は大好きなのですけどね。
ですから、娘と二人だけのおうちカフェです。

いただきま~す♪


お茶の先生には怒られてしまいそうな点て方ですが、娘は大満足♪
日本の友人にもらった落雁 (らくがん) が、ぴったり合いました。

今度日本に帰った時にゲットする品のリストに、茶杓茶筅を加えなきゃ・・・


おまけ 満月とのコラボで、五輪が六輪になってしまった写真を発見!!
       神様のいたずらかな?
       写真は YAHOO! SPORTS からお借りしました。




ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...