2011年9月18日日曜日

暖炉

ずい分冷え込むようになったため、暖炉に火を入れることにしました。
9月に暖炉って、東京ではあり得ないけれど・・・ここは 「アメリカの冷蔵庫」 と言われるミネソタですもの。
真夏だって、朝晩には使用することもあります。


この暖炉の薪、本物のように見えますが、「な~んちゃって薪」 を使用しています。
実はガスなので、パイロットランプさえついていれば、リモコン操作で簡単に火がついてしまうのです。

火をくべる時のパチパチした音や、ほっこりした暖かさ、何とも言えない香りは望めませんが、本物の薪に比べてとにかく簡単!
周りが汚れる心配もありません。

たくさんの木々に囲まれているので、材料には事欠きませんが、薪割りも一仕事ですしね。

暖炉がすばらしい働きをしてくれるため、リビングルームはあっという間にぽかぽかになります。
その前に座って、マシュマロを浮かべた熱いココアを飲んだ後には、体もほかほか・・・
う~んと幸せな気分です♪


ランキングに参加してみることにしました。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2 件のコメント :

  1. おかべなお2012年10月2日 20:07

    お久しぶり なんやかんやと追われて 読むだけでお便りが出来ませんでした。薪! 以前若かりし頃 北海道にいたときに・・ナタで木を伐り薪を作りました。意外と難しいのよ (~_~;) 
    嫁ぎ先の母が使うので、遊び?に行くと冬が越せる分を作らされてましたね~ 多分もうできないでしょうね。草むしりでも腰が痛くなるんだもの
    でもあの香りが懐かしいかも

    返信削除
    返信
    1. なおさん、

      お久しぶり!お元気でしたか。
      私も、日本の友人の別荘で薪割りにチャレンジしたことありますが、
      怖いのよね。。。
      手が滑って足にざくり・・・なんてことになったらどうしよう。
      私を含め、初めてやった人はみんなへっぴり腰で、おかしかったです。

      家を新築中の義妹は、本物の薪の暖炉にするそうなので、
      またいつか手伝うことがあるかもしれません。

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...