2011年9月20日火曜日

オーケストラに入団

私たちの住む小さな町から、車で30分位の所にある人口約13,400人の町では、
Bemidji Symphony Orchestra という市民オーケストラが活躍しています。

私も、ぜひ入りた~い♪♪♪
日本でもアマチュアオーケストラに所属していたので、みんなと演奏することに飢えていました。

サイトを見たら、入団にはオーディションがあるとのこと。
恐る恐る問い合わせてみた所、ヴァイオリンは人数足りないのでぜひ!とすぐに返事がきました。
経験者ならオーディションなしでOK・・・ラッキーでした~

けれどもスケジュールを見たら、10、11、12月、来年2、3、4月と毎月のようにコンサートがあります。
今までは定期演奏会が年に1度だけで、あとはミニコンサートが数回でしたので、ついていけるかちょっと心配。

今日は10月初めのコンサートに向けて、最初のリハーサルでした。
リハーサル4回とゲネプロ1回で、もう本番です。アメリカの作曲家の特集ですって!!

曲はガーシュインの  「ピアノコンチェルト ヘ長調」  他です。
「ラプソディー イン ブルー」 のように有名な曲ではないけれど、ジャズっぽいノリで、とてもかっこいい♪
CDを聴きながら練習するうちに、ガーシュインの他の曲にもすっかりハマってしまいました。

ガーシュイン:作品集

練習場所は、大学のバンドルームです。
このオーケストラの活動は、大学や色々な企業がバックアップしてくれています。
また、年間通してのシーズンチケットを買うことで、応援してくださっている方が大勢いらっしゃいます。
だから、練習場所代、楽譜代などもタダ・・・ 「団費」 なしです。何だか夢のよう!

団員に知り合いがいるわけではないので、ドキドキしながら部屋に入ると、メールの返事をくれた方が、向こうからにこやかに挨拶してくれました。
団長やヴァイオリンの他のメンバーも歓迎してくれて、ああよかった・・・

一緒に演奏していると、自分が外国人であることを、すっかり忘れてしまいます。
音楽は世界の共通語。 英語は100%理解できなくても、楽譜はみんなと同じようにちゃんと読めるのがうれしい!

メンバーは、11才の女の子から70代と見受けられる方まで、老若男女そろっています。
皆さんかなり上手で、最初の練習なのに特に混乱もなく、最後まで通せて驚きました。

指揮者は、宝塚の男役風 (?) 、スラッと背が高くて小顔のチャーミングな女性です。
何だか愛してしまいそう・・・危険だわ・・・


YouTube に載っている、数年前のコンサートの様子です。



ランキングに参加してみることにしました。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 大人の音楽活動へ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...