2015年10月29日木曜日

ネイティブなのにカタカナ英語?

私がまだ小学生だった頃、 「ザ・モンキーズ The Monkeys というテレビ番組が放送されていました。
ドラマ仕立ての音楽番組で、恋愛ありドタバタあり・・・毎週ワクワクしながら観ていたものです。

仲良しだったクラスメイトのYちゃんは、デイビー・ジョーンズ Davy Jones / David Jones のファンで、私はサラサラヘアーでひょうきんなピーター・トーク Peter Tork が好きでした♪

デイビーは、きれいな女の子を見るとすぐに瞳にお星様がキラキラ輝いてしまうタイプでしたが、大抵うまくいかずに撃沈。。。
翌日に学校で、Yちゃん他クラスメイトと番組について語り合うのがとても楽しみでしたっけ。
LINEいじめなどのない、のんびりと平和な時代でよかったなあ。


残念ながら2012年に亡くなってしまったデイビーのソロによる、「デイドリーム・ビリーバー Daydream Believer は大ヒットし、日本ではCMにも使われました。

先日、とても久しぶりにこの曲を耳にしたら、あれれ?何だか違和感を覚えたのです。


例えば、サビの終わりの部分の
   ♪To a daydream believer and a homecoming queen. ♪
というところ、特に believer and a が、あまり英語の発音が得意でない日本人が歌っているかのように聞こえてしまった。。。

Daydream はよいのですが、その後バリバリのカタカナ英語で、「ビリーバーアンダ」 と歌っているような・・・?
この部分などは、ひょっとして私のほうが英語上手くないか・・・?
他の歌手がカバー曲としてこれを歌っているのを聞くと、そちらのほうが耳慣れた英語に聞こえてほっとします。

ザ・モンキーズは、イギリスのザ・ビートルズに対抗するグループを目指して、アメリカでオーディションによって選ばれた4人のメンバーで結成されたバンドです。
ですから、当然みんなアメリカ人なのだと思っていました。

気になって調べたら、デイビーって実はマンチェスターで生まれ育ったイギリス人だったのですね。
だから、発音がビミューに違うんだ・・・
競馬の騎手を目指していた話は聞いたことがありますが、出身地までは知りませんでした。

ザ・ビートルズの曲は、イギリス英語だと初めからわかっているからびっくりしないのですが、久しぶりに聞いた 「デイドリーム・ビリーバー」 はちょっと驚きでした。


私がよくアクセスするサイトに、FORVO というのがあります。
調べたい単語を入れると、色々な国の人の発音が聞けるので、とても参考になるのです。
And を入れてみると、アメリカ人はみんな 「エンd」 に近く、イギリス人はみんな 「アンd」 と発音しているのがよくわかります。

  ⇒ アメリカ人とイギリス人の and の発音の違い

そう言えば、water がアメリカではどうしても通じなかったのに、イギリスやオーストラリアでは 「ウォーター」 で通じたという日本人の話も聞いたことがあります。

Car だって、アメリカでは必ず最後に r の音を入れてこもった音で終わるけれど、イギリスでは日本人が 「カー」 と言うのと変わりません。

Hotho だって、アメリカ人は 「ハ」 なのにイギリス人は 「ホ」。
Walkwa も、アメリカ人は 「ゥワ」 に近く聞こえるのに、イギリス人は 「ウォ」。
この違いは、とても顕著で興味深いです。

  ⇒ アメリカ人とイギリス人の hot の発音の違い
  ⇒ アメリカ人とイギリス人の walk の発音の違い
  
私はイギリスに住んだことはありませんが、日本で子供たちがインターナショナルスクールに通っていたため、イギリス出身の先生方やご父兄と話す機会も多かったです。

あの発音とイントネーションは、何だか真似できないなあ。
英語は元々イギリスの言語なのに、アメリカ英語に慣れた耳には、かえって訛っているように聞こえてしまう。。。(ごめんなさい)
もしイギリス人と結婚していたら、私もクイーンズイングリッシュを目指していたかもしれませんが。

実はミネソタにも訛りがあり、他州の方々に笑いのネタにされることも! (自虐ネタもあり)
それでも、概してアメリカ中西部の英語は聞きとりやすく、標準語に近いとされているようです。

英語と一口に言っても、国により、地方により、使う人により、相当違っておもしろいこと。

私は帰国子女でもなければ、留学経験もなく、学校で習った程度の英語しか知らなかった典型的日本人ですが、ずっと楽器をやっているせいか、発音・イントネーション・リズムや強弱を含めた英語の 「音」 の部分に、とても興味があります。

わずかな発音の違いを耳をダンボにして聞き (この表現はもう死語かしら?)、それを真似してみるのが結構楽しみなのです。
ボキャブラリー数が追いつかないので、まだまだ道は遠いですが。。。


今日はとうとう初雪が降りました! 景色がガラッと変わってしまいます。
下の画像は、「雪を利用して熱いスープを冷ます」 の図。
おもしろいからブログに載せろと夫に命じられたので、素直に載せますよ~ん。



ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

2 件のコメント :

  1. もう初雪ですか!?
    雪で熱いスープを冷ますとは、ワイルド。
    思わず笑っちゃいました。おもしろいものを見せていただいて、ありがたい。
    凍らないうちに、スープを取りこまないと――ですね。

    昨日は東京もすごく寒くて、冷え性の私は「冬が来るのが早すぎる」と文句たらたらでした。
    東京に雪が降るのはまだまだ先なのに、いまから寒さに文句では、われながら先が思いやられます。

    返信削除
    返信
    1. marin さん、

      初雪は降りましたが、また暖かくなり、昨日は17℃もありました。
      日中晴れて暖かいと、夜になって気温が下がっても
      室内には暖かさが残っていて暖房もいらないほどなのが、アメリカの家の良い所です。
      家全体が、ぶ厚い断熱材に覆われていますので・・・

      確かに、東京の家のほうが寒かったなあ。。。
      どうぞお風邪などに気をつけてくださいね♪

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...