2014年8月26日火曜日

ミシシッピ川の源流は、家の近所!

ミネソタは、もう秋の気配? 昨日から急に気温が下がり、今夜は暖房を入れたいほどです。
真夏の暑さを懐かしみながら、今日は 「夏の思い出、第3話」 です。


世界三大河川のひとつで、誰もが知っているミシシッピ川
前にも書きましたが、実はその源流はミネソタ州にあるのです。
しかも、我が家から車で1時間ちょっとの所に! (広~いアメリカでは、1時間で行ければ 「近所」 と呼んでしまう)

ミネソタってどんな所?と聞かれた時、 「めちゃ寒くて、アメリカの冷蔵庫と呼ばれている町がある」 とか、「大小合わせると15,000以上の湖があって、夏は緑がいっぱいの美しい州」 に加えて、 「ミシシッピ川の源流がある」 ことも忘れずに自慢したいです。

Cちゃんファミリーにもぜひ見せたくて、ご案内することにしました。

義弟の友人に借りためずらしい色のバン、大勢乗せて出かける時に大助かりです。
駐車場でもパッと目立って、すぐに見つけることができるしね♪


源流のあるアイタスカ州立公園 Itasca State Park に向かって、みんなで出発!

32,690エーカーもあるこの公園内には、大小100以上の湖があり、その中のひとつアイタスカ湖 Lake Itasca が、ミシシッピ川の源流と見なされています。

32,690エーカーと聞いてもピンときませんが、換算すると約13,230ヘクタールですから、皇居 (約115ヘクタール) の115倍以上の広さです。

中にはハイキングコースやキャンプサイト、自転車用のトレイルもあり、ピクニックテーブルもあちこちに。
私たちも、持参のサンドイッチをここでいただきました。
(どうも周りの人々の視線が冷たいと思ったら、別の家族がキャンプするためにお金を払って予約していたテーブルだった・・・係員に注意され、謝りながらそそくさと片付けたのでした。。。)


ミシシッピ川の源流 headwaters には、こんな碑が立っています。


「ここ海抜1,475フィート (約450メートル) の地を始点として、壮大なミシシッ ピ川は、曲がりくねった2,552マイル (約4,107キロ) の距離を、メキシコ湾まで流れる」 と書いてあります。

この 「曲がりくねった」 がくせ者・・・川の長さを正確に測るのは、かなりむずかしいでしょうね。
日本語のウィキペディアには、ミシシッピ川は全長3,779キロ、延長5,971キロと書いてあります。
この碑とは、ちょっと違うぞ・・・?

「延長」 は、モンタナ州にあるミズーリ川源流からの長さも合わせた分だそう。
ミズーリ川は、ミシシッピ川の最大の支流です。 ミズーリ州のセントルイスの北で合流します。

ミシシッピ川の本流はミネソタ州から始まり、ウィスコンシン州アイオワ州イリノイ州ミズーリ州ケンタッキー州テネシー州アーカンソー州ミシシッピ州、そしてルイジアナ州の10州を通り、約90日かかってメキシコ湾まで流れます。



源流では澄んだ水の浅瀬に石が並んでいて、ミシシッピ川をほんの数十歩で横断することができます。
そこを渡った人は長く幸せな人生を得られるという、インディアンの伝説があるそう。
  ・・・インディアン、嘘つかない・・・

石の上はすべる危険もあるので、裸足が一番。 水の中を歩いてしまえば、もっと楽ちんよ。



碑から見て左側は大人の腰のあたりまでの深さがあるようで、泳いでいる人もいました。


チビちゃんも、頑張るのだ・・・


「源流」 にあやかって、ここで結婚式が行われることも多いです。
私たちも何年か前に、友人の息子さんの結婚式に参列したことがありますが、残念ながらそのカップルはあまり長続きしませんでした。。。


延長で比べると、ミシシッピ川は、ナイル川アマゾン川長江揚子江は、長江の最下流部の別名) に次ぐ、世界で4番目に長い川です。

昔はミシシッピ川が世界一長い川と考えられていたのですが、新しい水源が発見されるたびに、ランキングがコロコロ変わってしまいます。

なお、 「ミシシッピ」 は、オジブワ族インディアンの言語で 「大きな川」 という意味だそうです。
あまり芸のないネーミングだな・・・

英語で書くと、Mississippi s i がそれぞれ4個ずつ大サービスで入っていますね。
英語圏の人にとっても、これはスペリングを間違えやすい単語のひとつです。
"What you'll never MISS IS SIP PI." と分けて覚えるとよいそうですよ。


おまけ 母と息子、28年前にも同じ場所で並んでいた・・・
     人の様子はだいぶ変わっていますが、景色はあの時のままです。




ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

4 件のコメント :

  1. ♪あなたの心に 風があるなら そして それが 春の風なら
    私ひとりで ふかれてみたいな いつまでも いつまでも♪
    もっちろん、中山千夏さんの歌を覚えていますよ。歌えます!
    青春でしたね。笑
    ミシシッピー川の源流。いちど行って見たいところですよ~!
    広くて深そう。私はアメリカの大自然が好きです。緑色のバンを
    借りての大家族旅行。楽しかったでしょうね。
    確かに、駐車場でも目立ちそうです。助かるね。笑

    返信削除
    返信
    1. みどりさん、

      なぜ急に中山千夏さんの歌が頭に浮かんだのか不明です。
      脳の隅っこにへばりついていた記憶が、何かで刺激されたのでしょうね。

      これがあのでっかいミシシッピ川の始まりなのかと思うと、
      とても感慨深いです。
      広くて深い大河も、その源流は笑ってしまうほど狭くて浅いのです。
      ミシシッピ川に沿って、メキシコ湾の河口まで旅をするのも楽しそう。
      何日かかるでしょうね。

      削除
  2. こんばんは。

    緑がいっぱいですね。
    ミシシッピリバーの源はミネソタなんですか!
    てっきりノースダコタかと勘違いしてました、汗 本当に幅広い川ですよね。以前テネシー州ではじめて見た際は驚きましたよ。まぁ、国が大きいから川幅も広いんだろうなと自己解釈した訳です。楽しい家族旅行でしたね! 

    返信削除
    返信
    1. ねこちゃんさん、

      ノースダコタを通っているのは、
      ミシシッピ川の最大の支流のミズーリ川です。 (実は私もあやふやでした・・・)
      こちらのほうが長そうなのに、なぜ本流扱いにしないのかしら?

      私は逆に、ミシシッピ川の下流のほうは見たことがないので、
      その大きさが実感できません。
      慣れ親しんだ日本の川とは、スケールが全然違うのでしょうね。
      本当にアメリカでは何もかもがデカいこと (笑)

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...