2018年7月9日月曜日

遅めの 4th of July / セミのその後

今年のアメリカ独立記念日(7月4日)は、見事に週のど真ん中の水曜でした。
独立記念日のお祝いは親戚ほとんど全員集合が恒例で、同じミネソタ州内とは言え、遠くから来る人も多いです。

今年は、週末から(または週末まで)続けて休みを取るのは難しそう。
というわけで、当日は何も特別なことはせず、終わってから週末に行うことになりました。

義弟は例によって早々と水曜に登場。(ワクワクしすぎて待てない男です・・・)
娘と彼氏&ワンコたちも、木曜の夜中近くに我が家に到着でした。

金曜の午後から義妹の家に続々と集まり、3日続きのパーティー開始です!
姪の1人がお揃いのTシャツを用意してくれ、全員にプレゼント♪

ファミリーネームの初めの4文字 Warf を 「4日」の Fourth にかけて、”Warf of July"ロゴ入り。
しかも姪は、みんなのファーストネームが歌詞に入っている変な替え歌を作っちゃった。
それが、Tシャツの背中側に印刷してあったのです。(甥のギター伴奏で、姪自身が歌ってくれた♪)

自分では見えないため、ダイニングテーブルの周りで輪になって、前の人の背中の歌詞を読んでいるところ・・・
本当に、変な親戚一同です(笑)



湖で遊んだ土曜日は風が強く、ボートに乗っていても虫がいなくて快適でした。
ただしポータブルトイレを使う時、隠すためのシャワーカーテンが風で舞い上がりそうで大騒ぎでしたが。


これは数年前の写真。
こうやってみんなに周りを押さえてもらいながら使うので、用を足している間ドキドキなのです。


こういうのも、きっと良い思い出になりますね~

食事は、みんなで手分けして用意。
私たちシニア世代が準備し、あまり料理をしなそうな若い子たちは、チーズやチップスなどのスナック類を持ってきてくれました。

義弟のプライムリブは、抜群の焼き加減。料理上手がいると本当に助かります。


2年続けて天ぷら担当だった私は、今年は春巻よ~ん!


あっという間に売り切れでした。
来年もリクエストされたので、覚書のために次回レシピを載せますね。


そうそう、この前のブログ記事にアップした羽化したばかりのセミちゃん。
午後3時頃に殻から出て来たのに、夜中になっても全然動きませんでした。
死んでしまったのかと気の毒に思いながらも、様子を見ることに・・・

その日の夜中はひどい雷雨!雨の当たらない場所に移してやればよかったな。
翌朝チェックしたところ、背中に雨粒をつけたまま相変わらずじっとしているセミを、ゼラニウムの葉の裏に発見。

前日に比べ、ずい分色黒になっちゃったわね。


恐る恐るちょっとだけ触ってみたら、足を動かした!よかった、生きていたのね~
日本で一番よく見かけたのはアブラゼミでしたので、こんなに透明の羽には何だか神々しさを感じます。見かけも、アブラゼミよりひと回り小型です。

明るい時間に羽化してしまってびっくりでしたが、ミネソタのセミは色々な点で習性が違うのかもしれませんね。


その後1時間おきぐらいにチェック・・・なかなか飛び立とうとしません。。。
大丈夫なのだろうかと、やきもきしちゃう。セミにこんなに愛情を感じたのは初めてだわ。

羽化してちょうど24時間後、やっと姿が見えなくなっていました!
Good luck! 元気に夏を楽しんでね~


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...