2018年3月19日月曜日

セントパトリックスデーの新メニュー

ひな祭りと同じく、今年はアイルランドのお祭りセントパトリックスデー St. Patrick's Day も土曜日でした。
義妹夫婦と近所の友人夫婦を招き、我が家でお祝いを♪
全員リタイア組なので、曜日はあまり関係ないのですけれどね。

本当にアイルランドの血が混ざっているのは二人だけですが、「実は私のひいおばあちゃんもアイルランド人だったのよ~」と口から出まかせを・・・
数年前に聖ルシア祭に参加した時にも、「ひいおじいちゃんがスウェーデン人だった」の手を使って笑いを取ったっけ。
あまりやりすぎると、そのうちそっぽを向かれるようになるかもしれません。


今年も夫が、コーンビーフ corned beaf(アメリカのは、やたらとデカい塩漬けかたまり肉)、キャベツ、じゃがいもなどの根菜をど~んと料理してくれました。
これが定番メニューです。
まあ、ほとんどクロックポットにお任せなのですけれどね。


私はアイリッシュソーダブレッド(とても簡単!レシピこちら)と、フルーツサラダ担当。
フルーツサラダは、しつこくひな祭りの時と同じです(汗;)



友人が、アップルケーキを焼いてきてくれました。カスタードクリームは、ご主人作♪
甘さひかえめでおいしかったです!


お酒も、アイルランドのものがずら~り。
食前にはギネスビール (Guinness) をいただきました。
私たちはみんな好きですけれど、独特な色と味なので苦手な方も多いようです。



デザートと共にお出ししたコーヒーには、ベイリーズ Baileys を。
ドボドボと(笑)大量に入れていた方もいました。かなり甘いので私は少しだけ・・・


その後はアイリッシュウイスキー、ジェイムソン Jameson をオンザロックでちびちびと・・・
これがおいしいのよね~♪
この頃、甘いカクテルよりこういうお酒の方が断然好きです。大人になったかな?


セントパトリックスデーの夜は、こんな風になっちゃた人が多いかもね。



食事前のギネスのおつまみとしてお出しした新メニューが、なかなか好評でした!
特にセントパトリックスデーと関係があるわけではないのですが・・・
今年もメープルシロップ作りのシーズンが始まったのに、去年のが結構残っているのでね。


最近友人と町に出た時、銀行で待っている間に料理雑誌をパラパラと眺めていてみつけたものです。
この通りだったかどうかはビミョー?
一応、レシピを載せておきますね。(料理名も不明なので、適当に名付けました。)


ブリーチーズとピーカンのとろ~り焼き 

材料
  ブリーチーズ  1パック
  半割のピーカンナッツ  1/3カップ
  ドライクランベリー(オリジナルはチェリーだったような?)  1/3カップ
  メープルシロップ  1/4カップ
  ローズマリー  小さじ1/2

作り方
 1) オーブンは350°F(約180℃)で予熱。
 2) 耐熱容器にブリーチーズを丸ごと置いてオーブンに入れ、7分温める。
 3) ドライクランベリー、メープルシロップ、ローズマリー、塩こしょう少々を混ぜ合わせておく。
 4) ブリーチーズが温まったら、ピーカンナッツをチーズの周りと上に形よく並べる。
 5) 3) を上からかけ、オーブンに戻し、さらに7分温める。
 6) 好みで、上にクラックドブラックペッパー少々をふりかける。

クラッカーなどと共に、お熱いうちに召し上がれ♪


ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...