2016年9月30日金曜日

アメリカのゴミ事情 / 大統領選ディベート

日本に住んでいた時には、毎朝目が覚めると 「今日は何のゴミの日だっけ?」 と考えるのが日課でした。
ゴミを細かく分別する日本の習慣は、とても素晴らしいと思います。 老化防止にも良さそうだし。

アメリカでは可燃ごみ不燃ごみのような分別はなく、何でもまとめてポイ!なので、「これは何ゴミだろう」 と悩まなくてすむのがいいような悪いような・・・?

地域によってゴミ事情は違うと思いますが、この辺のシステムを記しておきます。

ビン・缶・ペットボトルについてはリサイクル可ですので、分けたい方はご自由にどうぞ・・・というシステム。
我が家では、その他のゴミとは別に保管して、ガソリンスタンド脇にある Dumpster という専用の大きなゴミ箱に、時々捨てに行きます。
でも、面倒臭がりの人はやらないだろうな。

粗大ごみについては、日本のように予約した上でステッカーを貼って出しておくような仕組みはなく、専用の集積所に自分で運ばなくてはなりません。 (都会では、違うかも?)


この辺りではゴミの収集日は週に1日で、木曜日だけです。 祝日が入ると、1日遅れで金曜日となります。
毎月約25ドルかかるので、節約したい人はゴミ契約をせずに自分でもっと大きな町に運ぶことも・・・そうすれば無料ですむのです。

朝8頃時までに自宅前に出しておけば収集していただけるのですが、私たちのようにとんでもなく辺鄙な所に住んでいる場合、話は別。。。

車の往来がちゃんとある公道まで、名前を貼ったゴミバケツを、毎回出しに行かなくてはなりません。
人様の庭の前に置かせていただくのは、ちょっと気が引ける感じ。 でも、そういう決まりなので仕方ない。


雨の日も雪の日も、雪解けのぬかるみの時も、この道をはるばる車でゴミ出しに出かけ、後でまた空バケツを取りに行くのがひと仕事!
日本ではマンション暮らしだったので、出勤時にゴミの保管室に出した後は管理人さん任せで楽だったな~


ゴミバケツを置くのは、人口約200名の小さな町の、一応メインストリートで一番賑やかな所。
トランプ氏を応援するプラカードが、道路沿いの庭に立っているお宅もあるので、下手に悪口言えません。。。

舗装していない私道も今は良いコンディションで、雪でスリップする心配もなく、ゴミ出しには最適の季節! (笑)
紅葉が本当に美しいので、ゴミ出しもまた楽しい♪



特に真夏は、週に1度だけのゴミの日を忘れたら一大事!
前の日から、ダイニングルームのカウンターにこれを置いておきます。


2L版サイズの紙に GOMI DAY とプリントしたのは私の案でしたが、娘の案により "GOMI" というニックネームの友人の楽し気な写真を組み合わせちゃった!
ミネソタに引越してきた最初の年から、この手作りリマインダーをずっと使っています。

写真の裏にはこんな支えをつけ、使う時だけ立体的になる仕掛けです。  "GOMI" と握手だってできるよ~


夫の元同僚であり、今は夏だけ湖の向かいのキャビンにやって来る彼のニックネームが、どうして "GOMI" になったかと言えば・・・
日本に住んでいた時、ゴミの有効活用がとても上手な人だったからです。

(日本では、まだまだ使えるものがゴミとしてたくさん捨てられているのを見て心を痛め、拾ってくるのが得意だったということ)

彼自身もこのニックネームに誇りを持っているらしいので、我が家の 「ゴミ出しリマインダー」 に写真を使わせていただくことについても、快く承知してくれました♪
これのおかげで、ゴミ出し日を忘れたことはありません。

その後リクエスト殺到で、Mr. GOMI をよく知っている色々な人に同じものを作ってあげました。
各ご家庭で、ゴミ出し日にはビール片手の彼の笑顔が活躍しているというわけです。
そして、GomiSushiTsunami のように誰でも知っている単語になりつつあるかも。  (ただし地域限定!)


この頃あまり天気がよくないけれど、紅葉がますますきれいになってきました♪
もうすっかり葉が落ちてしまった木もあり、庭には落ち葉がいっぱいです。





ところで、26日月曜夜に行われた大統領選ディベートの第1回は、36年前 (えっ、もうそんなに前なの?) のカーターとレーガンの対決を上回る、史上最高の視聴率だったそう。
もちろん私も、テレビの前に釘付けでした。

バリバリの共和党支持者の友人2名が一緒だったので、ヒラリーが何か言う度に、嘲笑したり揚げ足を取ったり騒がしいこと!
「おだまり!!」 と言いたかったけれど、やめておきました。。。

私は永住権だけでアメリカ市民権は持っていないため、選挙権もありません。
でも、両方の候補者が何を話すのかはしっかり聞きたかったのです。

どう見ても、トランプよりヒラリーのほうが、周到に準備して余裕たっぷりの印象でした。
わかりやすく明瞭な言葉づかい、自信にあふれた視線・・・スピーチ能力はさすがだなと思いました。

このままいけば、初の女性大統領誕生となるのかな。
でも、単なる飛沫候補と思われたトランプがここまで来ているということは、「国民の不満を代弁し、自国の国益を何よりも優先し、とにかく現状を大きく変えてくれそうな人」 を望んでいるアメリカ人が多いから。
最後の最後まで、どうなるかわかりません。

画像はCBSニュースのサイトより

兄弟でも親友でも、支持するのが民主党共和党かに分かれてしまうと、お互いに自分が正しいという主張が始まり、相手の言うことには耳を貸さず、どこまで行っても平行線です。

エスカレートすると、本気で喧嘩になることも・・・
私の周りでは、夫婦で違う政党支持というケースはありませんが、これは離婚の原因にもなりそうですね。

日本でこれほどまでに政治に熱くなる人には会ったことがないので、アメリカに住み始めたばかりの頃は、違和感を覚えました。
同性愛者中絶銃規制、地球温暖化対策などに対しても、どちらの政党を支持するかによって真逆の姿勢。

みんながみんなとは言いませんが、特に共和党支持者はどうしてそこまで何もかも盲目的に 「右へならえ」 になれるのかと言いたくなります。

ちなみに夫は、どちらかに全面的に偏ることは避け、その時々の優秀な候補者に1票を入れるという主義だそう。
今回の大統領選は、「どちらにも入れたくない、でも1票を無駄にするのは嫌だ」 ということで、ずっと悩んでおります。。。

今後のディベートに、また期待することにしましょう。



ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

10 件のコメント :

  1. sakuraさん、

    こんにちは。
    素晴らしい秋景色!冬は足早に近づいてますね!
    素晴らしい自然界、写真のような光景に住まれるにはちょっと大変さが感じられます。汗
    ゴミ出しが大変そう〜、もしかしたらご主人の仕事かしら?!こちらのゴミ事情、リサイクルを徹底的にしてる人もいれば殆どがそうでないんですね。市内、わが家近所は、ゴミ用とリサイクルの缶が別々なんです。2種類の仕分けのみ。これでも進歩したんですね。。笑

    トランプかヒラリーか。。う〜〜〜ん考えてしまいます。ただトランプ側の副大党候補がまともな人のようで,これだけに救いを感じる私なんです。いったいこれからのアメリカ社会はどうなってしまうんだろうか?始めての投票権、,考えてしまいます。

    人口密度200名の小さな町、リタイーアーするには最適!町民は顔見知りで親戚みたいに感じるのではないでしょうか?
    毎週のゴミだし,,リマインダーがなかなか良い感じですよ!

    返信削除
    返信
    1. ねこちゃんさん、

      ゴミ出しも大変ですが、郵便物も自宅まで届けていただけないので、
      郵便局の私書箱を利用しています。
      食料品店もなく、あるのは教会と郵便局とバーだけというのがすごいでしょ?
      材木業の盛んだった昔は人口も多く、学校もホテルも刑務所までもあったそうなのですが・・・
      家がポツンと離れているので、皆さんとの交流はそれほどありません。

      ねこちゃんさんは、市民権を得て初めての大統領選投票ですね。
      副大統領候補までは注目していませんでした。 まともな方なのですか?
      良くも悪くも、後世まで語り継がれる選挙になりそうです。

      削除
  2. 少し前に フランスが 使い捨てプラスチック容器を禁止 というニュースをちらっと見ました。⇦詳しくはわからないけど ・・・。ヨーロッパを旅行するときはエコバッグは必須、日本もスーパーの袋の有料化やエコバッグのポイント付加など少~しずつ進んでいますが まだまだ時間がかかりそう。でも 少しずつ前進してると思います。
    今 夫の遅い夏休みで ずっと来たかった日光金谷ホテルに来ています。洋館が多い日光を学びつつ 楽しんでいます。

    返信削除
    返信
    1. Akko さん、

      日光からのコメント、ありがとうございました♪
      アメリカでは、日本のように発砲スチロール容器や紙のゴミを仕分けることもなく、
      捨てる度に、何だか罪悪感を感じてしまいます。
      スーパーでエコバッグを使う方もたまに見かけますが、
      一度に買う量が日本よりずっと多いので、店員さんや後ろのお客様などに、かえって迷惑がられている様子・・・

      ゴミについての意識は低いのかなと思ってしまいますが、ミネソタのハイウェイはきれいですね。
      ゴミが落ちているのはほとんど見たことがなく、いつも感心しています♪

      削除
  3. 1日に帰宅し 今日3日から平日生活スタート、今月からゴミ収集の日程が変わり 一般ごみは月と木(今までは月 水 金) 資源ごみ・・・ビン 缶 紙類などなどは水(今までは火) プラスチック容器は火に(今までは木)になりました、慣れなくっちゃ。神奈川県のわが家から歩いて5分くらいは東京都M市でこちらは戸別収集です。決められたごみ袋を購入(だから有料)し 1軒1軒まわる。
    こちら(我が自治体)のごみ置場はカラスやネコが荒らすので しっかりネットをかけて守る。乾電池収集は今まで水だったけど これからは木ですって。
    それから わが家周辺は古新聞のトイレットペーパー交換が月1であります。USはデジタルが多いのでしょうか?新聞紙はいろいろ使い道があるから 日本はデジタル化は少ないかな。

    返信削除
    返信
    1. Akko さん、

      楽しいご旅行の後、日常に戻られたようですね。
      ネットのかかった日本のごみ置き場の風景、懐かしく思い出してしまいました。
      アメリカでは、乾電池なども一般ごみと一緒に捨ててしまうので、
      いつも、少なからず罪の意識を感じてしまいます。

      ビール缶などリサイクルする人は結構いると思いますが、
      日本のように丁寧に洗って乾かして・・・とやっているかどうかは疑問です。
      新聞紙も、読んだらそのままゴミとして捨ててしまう方が多いかも。。。

      削除
  4. Sakuraさんのお住まいの町は、以前、材木業が盛んだったそうですが、私が住んでいたウィスコンシン州北西部(Northwood)の町も曾ては材木業が盛んであったそうです。今でも、同州のヘイワードでは以下のlumberjackのコンテストが行われているそうです。http://www.lumberjackworldchampionships.com/  以下も見つけました。https://www.facebook.com/minnesotaonly/?hc_ref=PAGES_TIMELINE&fref=nf   東京は、ようやく夏が終わりかけていますが、明日は、32度だそうです。今年最後の夏日でしょう。そちらはIndian Summerの後、冬の到来ですか。

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん、

      こちらでは、しばらく肌寒い日が続いてついに暖房を入れた後に、
      昨日は急に暑いほどになりました。
      でも木曜からは、最低気温が1~3℃の日があるようで、いよいよ!という感じです。

      この辺は良質の木が多いですから、私たちの住んでいる小さな町にも、
      製材所は残っていて、今でも繁盛しているようです。
      ウィスコンシンでの Competition は、ずい分大規模のようですね。
      フェイスブックにも、ミネソタの自然の美しい写真が満載!
      ありがとうございました。

      削除
  5. 度々、同じような内容で申し訳ございませんが、今月末、デルタ航空が羽田・ミネアポリス間を就航するそうです。既に、ご存知でしたか。http://news.delta.com/Delta-Offers-Special-Discount-for-Flights-from-Haneda-to-Minneapolis-JP

    返信削除
    返信
    1. 羽田発着ですと、かなり楽です。
      次の一時帰国に利用できればいいなと思っています。
      いつも、情報ありがとうございます。

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...