2015年5月21日木曜日

娘のロースクール卒業式

ミネソタ大学ロースクール University of Minnesota Law School に3年間通った娘が、先週の土曜日、ついに晴れの卒業式を迎えました。
夫の親戚一同と友人たち、娘の彼氏 (同じ学校を共に卒業した) の親戚一同も集まって一緒にお祝い♪

前日、「このガウン、豪華すぎて何だか笑えるよね~」 と見せてくれた娘。
何だかふかふかのお布団みたいで暖かそう・・・というのが私の第一印象でした。
首から後ろにかぶるフードみたいの (名称がわかりません) と、角型の帽子タッセル一式で借りるそうです。

黒いガウン (アカデミックドレスとも呼ばれるらしい) の袖に縫いつけられた紫のビロードの3本線は、Juris Doctor (法務博士) の資格を表します。

これは卒業式が終わってからの写真です。
かぶり方がよくわからない・・・と言っていたフードみたいなものは、スクールカラーをあしらっているそう。
本当は、全ての色がきちんと見えていなければいけなかったらしく、これは失敗例 (汗;)


他にも、フードのかぶり方がイマイチな学生多し・・・色々な国籍、年齢で、お子さん連れの方も!
今年は、全部で270名以上の卒業生だったそうです。


このロースクールには、自国で既に法科大学院を卒業した外国籍学生のための、1年間のプログラム LL.M. も用意されています。
日本人の学生さんも、4名卒業しました!中国、韓国からの留学生も大勢です。

ホールいっぱいの来賓と卒業生。
一応フォーマルな格好の方がほとんどですが、ジーンズ姿もちらほらというのが、さすがアメリカです。
全体的に、日本の卒業式に比べるとかなりカジュアルな印象かな?


卒業生の入場は、お決まりのエルガー「威風堂々」 と共に。

娘は卒業式の進行責任者でしたので、最初にスピーチも! 見ている私のほうがドキドキしてしまいました。
ステージ上に並んで座っているのは教授陣で、やはり全員ガウン姿です。
サンタさんみたいな赤いガウンの方もいらっしゃるな~


これをもって皆さんは在校生から卒業生となりました、という学部長の宣言により、帽子のタッセル tassel (房飾り) を右側から左側に自分で動かします。
日本に住んでいた時、インターナショナルスクールのハイスクールの卒業式でも同様でしたので、懐かしいな。

卒業生1人ずつの名前がアルファベット順に呼ばれ、壇上で学部長と握手し、記念撮影をしたのですが・・・

あれ?
卒業証書授与は、どうなっているの???

後日、それぞれの学生宛に郵送されるのだそうです。 ええっ、ずい分味気ないじゃないの?
それに、映画でよく見る派手な帽子投げも誰もやっていなくて、何だか拍子抜けしてしまいました。


式の最後には、アメリカ国歌ではなくミネソタ州の歌を、代表の学生たちが合唱です。 娘はこれにも参加♪
ミネソタ州歌は、20世紀初めに、ミネソタ大学の二人の学生によって作られました。
詳しくは、 「ミネソタ基本情報」 をどうぞ。


無事に卒業はできたものの、多くの学生は多額のローンを抱えていますし、実は就職先がまだ決まっていない人も大勢です。
はっきり言って、今のアメリカでは弁護士が過剰!

そんな現状ですので、ロースクール入学希望者もこれからは減っていくことでしょう。
学生の数をキープするためにレベルを落とせば、学校のランク (現在は全米で20位以内にランクイン) が落ちてしまい、ますます就職が難しくなるという悪循環となるため、学部長は頭を抱えています。

みんなの次の課題は、ミネソタ州の バーイグザム bar exam (司法試験) に合格すること。
就職は決まっているのに、司法試験に落ちた・・・では、目も当てられません。

アメリカの司法試験は、州によって内容も合格率もかなり違うようです。
これから、試験のための特別なクラスをまた取るのだそう。 娘よ、頑張れ!!!


親子共に決して忘れられない、人生での特別な1日となりました。
私たちは、経済的に娘を助けることはほとんどしませんでしたが、自力でよくここまで来たな~
いつも励まし、支えてくださった周りの方々に、心から感謝いたします。


おまけ 弁護士の卵をたくさん見た後に、家の裏口の階段下でロビンの卵をみつけました。
       どちらも、しっかりと新しい世界に羽ばたいてくれますように。




ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

12 件のコメント :

  1. はじめまして。ノンと申します。。子供の頃から大草原の小さな家の大ファンの者です。ブログから、実際にミネソタで生活されている方の御様子を知ることが出来、とてもありがたい気持ちで拝見させていただいていております。
    今夏、思いきってウォルナットグローブに行こうかと計画を立てております。
    もしご迷惑でなければ少し教えていただきたいのですが、ミネアポリス・セントポール国際空港からレンタカーで、マンケート→ウォルナットグローブに行きたいと思っています。帰りもミネアポリス・セントポール国際空港へ戻ります。
    地図を見ながら、どうような日程で移動したら良いものか思案中です。
    ミネアポリス・セントポール国際空港から、ウォルナットグローブまでレンタカー移動した場合、どの位の時間がかかるのか、もしわかるようでしたら教えていただけますでしょうか?
    また、ローラに関するコースを走るツアーバスなどは現地にございますでしょうか?
    突然の書き込みでお願いをしてしまい、申し訳ありません。どうぞよろしくお願いいたします。

    返信削除
    返信
    1. ノンさん、

      はじめまして。
      私も 「大草原の小さな家」 がテレビで放送されていた時には、
      まさか自分が住むようになるとは想像もしませんでしたが、楽しみに観ていました。

      私たちが住んでいるのは、カナダとの国境に近いミネソタ北部ですので、
      実はミネアポリス付近には詳しくありません。
      こちらのサイト http://disween.com/walnut-grove-mn-us/MSP によると、
      ミネアポリスからウォルナットグローブは、車で約2時間40分とのことですが・・・

      また、ツアーバスに関しては聞いたことがありません。
      どこに行かれるかを決めるには、このサイトあたりをチェックしてみてはいかがでしょうか。
       http://walnutgrovemn.weebly.com/uploads/4/8/2/2/48222523/hwy_14_front_2013.pdf

      あまりお役に立つことができず、申し訳ありません・・・

      削除
  2. Sakuraさん、

    お嬢さん、ロースクールご卒業おめでとうございます!!
    ガウン姿とっても素敵ですね。
    ガウンもこういう色使い(後ろ姿)、威厳がありますね。
    全部で270名以上の卒業生、ミネソタ大学、大きい大学ですがそんなに沢山の卒業生、と数の多さにびっくりしました。
    弁護士と言ってもいろいろな分野がありますが、どんな分野に進んでいくのかを決めていくのもわくわくしますね。

    返信削除
    返信
    1. Reiko さん、

      お祝いのお言葉、ありがとうございます♪
      何これ!?と笑っていたガウンですが、
      大勢の学生さんがこの姿で並ぶと圧巻でした。

      娘は第一希望の分野は逃してしまったものの、
      このご時世に就職先が決まっていることだけでも、ありがたいことです。
      さ~て、どんな弁護士になることやら・・・?

      削除
  3. 娘さんのLaw schoolご卒業おめでとうございます!
    ご本人も、そしてご家族の花の咲くような笑顔が目に浮かぶようです♪
    これからBar examに向けてまた力強い一歩、ご家族の応援も頑張ってくださいね!

    返信削除
    返信
    1. chopiana さん、

      お祝いと励ましのお言葉、ありがとうございます。
      娘はペットOKのアパートメントに引越し、これから子犬を飼うそうで、
      今からルンルンしっぱなしです。
      子犬のしつけのキャンプにも送り込むのだとか (笑)
      子育て (?) も加わり、ますます張り切りそうな気配です。

      削除
  4. ノンです。
    お返事ありがとうございました。
    空港からウォルナットグローブまで、結構遠いのですね。
    サイトの案内までありがとうございます。いろいろ検討したいと思います。

    我が子も留学を希望しているようですが、海外の大学は日本の大学に比べ卒業するまでが大変と聞いております。
    娘さん、頑張ってこられたのですね。ご卒業おめでとうございます。
    今後もブログ拝見させていただきますね。ご丁寧にありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. ノンさん、

      ミネソタ州は本州とほぼ同じ広さですので、
      同じ州の中でも、移動には結構時間がかかります。。。
      ミネアポリス周辺については、私はそれほど詳しくなく、
      はっきりお答えできず、申し訳ありません。

      娘へのお祝いのお言葉、ありがとうございます。
      入学してひと安心・・・と怠けていると、アメリカではなかなか卒業できないのは事実です。
      でも、息抜きや気分転換のために、みんな上手に遊んでもいます。
      お子さんも、留学の夢を叶えることができるといいですね♪

      削除
  5. 娘さんロースクールご卒業おめでとうございます。
    まるでハリーポッターの世界・・・
    ますますのご活躍を東京の片隅で応援しております!
    ピアノのレッスン頑張っています。いまは、ショパンのワルツに悪戦苦闘です・・・

    返信削除
    返信
    1. saorin さん、

      お祝いのお言葉ありがとうございます。
      こんな卒業ガウン集団を見ると、確かにハリーポッターを思い出しますね~
      帽子投げがなかったので、少し拍子抜けでしたが・・・
      卒業生の名前が呼ばれると、ワーワーキャーキャー大変!
      静かで厳かな雰囲気で進行する日本の卒業式とは大違いです。

      ショパンのワルツ、ぜひ頑張ってくださいね。
      私ももっとレパートリーを広げようと、マイペースで練習しています♪

      削除
  6. Sakura さん、こんにちは。
    娘さんのご卒業、おめでとうございます。ほんとに才色兼備。Sakura さんも頼もしく思っておられることでしょう。将来が楽しみですね。博士のガウンもよくお似合いです。
    自分の卒業式の時、あのガウンの表すものや意味を初めて知りました。壇上に並ぶいつもとは違う恩師たちを感慨深く眺めたのを思い出しました。
    卒業式といえば、私たちの頃、日本では「仰げば尊し」と「蛍の光」でしたが、今では違うようですね。アメリカでは「威風堂々」だったのに驚きました。あまりの立派な曲にこそばゆく思いながら行進しました。娘さんの時もこの曲が流れたのでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. じんさん、

      お祝いのお言葉、ありがとうございます。
      「威風堂々」 は、アメリカの卒業式の定番のようですね。
      娘たちもやはり、この曲と共に入場でした。
      じんさんもガウンを着たということは、アメリカの大学を出られたのですか?
      私たちの時は、「仰げば尊し」 だったのかしら・・・よく覚えていません。
      娘のガウン、式の前の晩に私もこっそり着てみればよかったわと、今さら後悔しています (笑)
      教授たちもガウンをお召しになるのだということも、初めて知りました。。。

      卒業生たちは、これからどんな道をたどるのでしょうね。
      就職も狭き門で、なかなか大変そうです。

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...