2014年2月20日木曜日

頑張ったね!真央ちゃん♪

ソチ冬季オリンピックも、閉会式まであとわずかですね。
色々楽しんでいますが、やっぱりフィギュアスケートが一番華やかで好きです。

まずは、男子フィギュアで見事に金メダルに輝いた羽生結弦くんにうっとり!
思い切り母性本能をくすぐるタイプね (❤ฺ→∀←)ノ
コケてしまった時にはどうなるかとハラハラしましたが、後半の立ち直りのすばらしかったこと。


コンビを組んで何と17年という、アメリカのメリル・デイビス Meryl Davisチャーリー・ホワイト  Charlie White の、ぴったりと息の合ったアイスダンスは、優雅で躍動感にあふれていて、二人の世界は誰にも邪魔できないわ~って感じでしたね♪

メリルさんはかなり個性的なお顔立ちですが、何とも言えない気品があります。
チャーリーも、力強さと優しさをあわせ持っていて、何てイケてるお兄さんなのでしょう!
歴代最高点で、アメリカに金メダルをもたらせてくれました。

こちらでは、オリンピック放映の合間のCMに、まだ幼かった二人が一生懸命に練習している様子が出てきて、微笑ましかったこと。


すみません、だいぶ興奮して前置きが長くなってしまいました。
今日の本題に入ります。


大注目の浅田真央ちゃん
昨日のショートプログラムでは、まさかの16位。。。

茫然として泣きそうな顔の彼女を、ぎゅっと抱きしめてあげたい気持ちでした。
日本中の期待を背負い、きっとものすごいプレッシャーだっただろうな。

心ないコメントも一部ありましたが (某元総理大臣とか) 、多くの日本人は (いいえ、世界中の人たちが)、真央ちゃんを温かく応援し続けました。
もし転倒したのがキム・ヨナだったら、お隣の国ではどんな反応だったのかしら。。。


眠れない夜だったのではと心配でしたが、今日のフリーではトリプルアクセルも見事に決め、その他のジャンプも全て大成功、のびやかな表情で最後まで滑りきりました!!

曲は、ロシアの作曲家ラフマニノフピアノ協奏曲第2番
途中のチャンチャカチャカチャカの所から、観客の手拍子が入っていましたね。

6種8トリプルって、すごすぎます!世界中で真央ちゃんにしかできないこと・・・


演技が終わってから思わず浮かべた涙に、こちらも思い切りウルウルとしてしまいましたよ。
前日の成績に心が折れてしまうこともなく、自分の納得できる演技で最後のオリンピックを終えることができて、本当によかった。 あなたは強い・・・大した精神力です。

フリー自己最高の142・71点という快挙!

安全策に甘んずることなく、あくまでもこだわったトリプルアクセルの大成功、これこそ真のスポーツマン精神というものですよね。

前日の16位から6位へ。 メダルは取れなかったものの、他のどの選手よりも胸を熱くさせてくれました。
真央ちゃんのお母様も、きっと天国から応援してくださっていたのでしょう。

「辛」 という漢字に 「一」 を足すと 「幸」 という漢字に変わります。
どん底の思いだったでしょうに、一夜明けて、あんなに輝く笑顔を世界中に見せてくれました。


(1枚目と3枚目の画像は http://www.huffingtonpost.jp/ より、2枚目は YouTube より転載させていただきました。)

本当に頑張ったね、感動をありがとう、真央ちゃん♪


おまけ やっとお雛様を飾りました!
       ブログに載せるのは3年目なので、違ったアングルで。

       何となく、真央ちゃんと羽生くんに似ているような気がする・・・




ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

9 件のコメント :

  1. Sakuraさん、こんばんは♪
    ショートは王子が起きたのでちょうど見てしまったのですが、残念な結果になってしまい、見た後はため息になってしまいました。16位ってもうだめでしょう。と思ったけど、6位に巻き返したのは見事でした。それだけにショートの失敗が悔やまれました。もしショートが5位や6位くらいなら、メダルにも届いたんじゃないかって。ほんと、残念です。でも、最高の演技と笑顔で、その気持ちは晴れましたね。やっぱり、真央ちゃんはすごかった。今朝結果をみて、私も涙しちゃった。

    返信削除
    返信
    1. たまごろうさん、

      真央ちゃんの涙と笑顔、最高でしたね♪
      普通の人が遊んでいる間にも、厳しい練習を重ねてきた選手たちの姿から、
      たくさんの元気と勇気をもらえるのが、オリンピックです。

      政治的に現在は緊張関係にある韓国や中国の方々からも、
      感動した!一緒に涙した!という声が届いているのがうれしいな!

      削除
    2. こんにちは
      ソチオリンピックはドキドキでしたね。
      日本とアメリカを応援しているうちに、わけが
      わからなくなりました。だって、どの国の選手も
      ここにくるまで必死で練習をつんでこられたのですよね。
      そう思うと、選手皆さんのことを祝いたくなりました。
      真央ちゃんも10人抜き。よかったですね。
      これで引退宣言もなし。やれやれ。
      羽生選手の演技は、爽やか。そしてパーフェクト。
      素晴らしかったですね。
      Meryl Davis はね、地元なんですよ。
      ミシガン大学の子。当然、応援です。
      Charlie Whiteさんと子供の頃からのコンビ。
      両方のご家族ともの交流の画像をみました。
      まさに、スケートにかける人生なんですね。
      美しいお雛様。実は、うちにも7段飾りが
      あるんですよ。ただ、面倒で何年も出していません。
      今年は、出してあげようかしら?
      (日本では、私もママチャリしていましたよ。買い物袋を
      ハンドルにぶら下げるのね。笑)

      削除
    3. みどりさん、

      Meryl はミシガン出身ということで、私もよけいに身近に感じていました。
      とてもチャーミングな方ですよね。
      あんなに小さな時からコンビを組んでいて、家族ぐるみのお付き合い・・・
      恋人同士ではないようですが、お互いに絶対的な信頼感で結ばれているのでしょう。
      うらやましい関係です。

      7段飾りのお雛様ですか!?
      アメリカの家は収納場所がたくさんあるから、邪魔にはなりませんね (笑)

      削除
  2. こんにちは。

    こちらは晴天です。雲一つない腫れマークを見て吃驚してしまいました。

    真央ちゃん、素晴らしいフリーの演技でしたね。大粒の涙がこぼれ感無量だったんでしょうね。こちらも涙しちゃいましたが。。金メダルなんかより、彼女の笑顔の方が素晴らしく思えます。オリンピック明日終幕。ストレス度高かった私ですが(笑)、真央ちゃんを甘い応援するあまり。。笑 隣国の報道に一言言いたかったわ。。

    おひな様。。とっても素敵!!
    お内裏様とおひな様だけでもほしんですが$$が。。笑 あれば一年中飾っておいたいです。笑 落ち着いた色合いで上品な顔立ち。。ほしい〜〜爆笑

    返信削除
    返信
    1. ねこちゃんさん、

      真央ちゃん、今日のエキシビションでは、とても晴々とした表情で、
      またまた素敵な演技を見せてくれましたね。
      引退してしまっても、世界中の人が真央ちゃんのこと決して忘れないでしょう。
      ああ、明日はとうとう閉会式ですね。。。
      どっと気が抜けてしまいそうだわ。

      お雛様、着物の色が褪せてしまったりすると困るので、
      チビちゃんとは反対に、日差しの強い時間には日陰に移動させています (笑)

      削除
  3. 国境を越え、またメダルを超える感動を浅田真央が世界に伝えたことは、本来の世界的なスポーツ大会で見せる純粋なスポーツマンシップだったと思います。「人間が苦境から立ち直る力」これは、違った場面で苦境を乗り越えているひとたちにとって大変な勇気と感動をもたらしたと思います。カナダCBCのフィギュア解説者が今回の締めくくりとして一番記憶に残った選手としてMao Asadaを賞賛していました。これは、同じスケーターとしてそれがどれほどのものかという脅威とまた人としての生き様をスケートという芸術で力強く刻印したことについての最高の賞賛と思います。自国のオリンピアンをさておき他国のメダリスト以外の選手をここまで褒めるのはまず無いと思います。近年、オリンピックで聞くいろいろな不正…そんなところを一掃してくれるような見事な演技を披露した真央ちゃんに一ファンとして大きな拍手を送ります。

    よくここまで失言を学習しない役人が東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長であるのがお粗末な話です。シンキロウといわれる由縁の理解不能の発言がこれからいくつでることか…日本の恥になることは是非謹んでいただきたいと思うところです。

    返信削除
  4. ひとつ書きもれてしまいました;
    お雛様、真央ちゃんに確かに似てる♪どこまでもやさしく穏やかで実は力強い。ん~これは真央ちゃんそのものですね!

    返信削除
    返信
    1. chopiana さん、

      私たちも、実はカナダCBCも観ていました!
      日本国内はもちろんですけれど、海外の解説者がこのように称賛してくださるのはうれしいですね。
      ネットで中国の放送も観ましたが、真央ちゃんのフリーの演技中は解説者はし~んとしてしまい、
      終わった途端に、涙声になって大興奮、大絶賛でした!

      何年もの間、キム・ヨナと比較され続け、どんなに嫌な思いをしたことでしょう。
      国民感情を巧妙に組み込んだ悪意のある中傷など跳ね飛ばして、
      輝くばかりのスマイルを見せてくれた真央ちゃんが、本当の勝者だったと感じました。

      メダルを取った選手たちよりも誰よりも、Mao Asada は伝説のスケーターになりましたね。
      ショートプログラムの思いがけないミスがあったからこそ、
      自分に負けることなく見事に立ち直った彼女に、世界中の人が涙したのでしょう。
      辛い目にあうことがあったら、私もあの時の真央ちゃんを思い出すつもりです。

      お雛様、やっぱり似てますよね~♪

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...