2016年7月6日水曜日

デスバイチョコレート Death by chocolate のレシピ

皆様のご期待に応え、前回ちらっとご紹介した6段重ねのケーキデスバイチョコレート Death by chocolate について、詳しく書きますね。
(誰も期待していなかったかもしれませんが・・・)

「チョコレートで悶え死んじゃう~」 みたいなネーミング、なかなかナイスでしょ?

このケーキに初めて出会ったのは、もう何十年も前のこと。
友人主催の持ち寄りパーティーで、ゲストの1人が作って持ってきたのがこれでした。

リッチそうな名前の割にはふわっと軽めで、甘味も意外と控えめだったので、レシピを教えていただきました。
それ以来、大勢集まる時には時々作っています。

材料はほとんどインスタント製品なので、言わば 「B級ケーキ」 ですが、手軽なのが魅力♪
アメリカ在住の方でしたら、普通のスーパーで買えるものばかりです。
(日本では手に入りにくいか、値段が高くなってしまうかもしれませんね。)


それでは、いよいよスタート! (計量カップはアメリカのものですので、1カップが約240ccです。)

1. チョコレートケーキを焼きます。

今回は、Betty Crocker のジャーマンチョコレート Super Moist German Chocolate 1箱 (15.25オンス) を使用しました。 どこのブランドのものでも構いませんし、普通のチョコレートケーキミックスで作ったこともあります。
箱の表示通りですと、卵3個、水1・1/4カップ、サラダ油1/2カップを加えて混ぜることになっています。

その通りでも結構ですが・・・
私は卵4個、サラダ油1/3カップ、Jell-Oのインスタントバニラプディングミックス (instant pudding & pie filling と書いてあるもの) 1箱 (3.4オンス)、サワークリーム1カップ を加えて作ります。 水は使いません。
もっとフワフワになり、ケーキミックス独特の人工的なにおいが減る気がします。

13×9インチ (約33×23cm) のパイレックスの型にアルミホイルを敷き、サラダ油を全体に薄く塗った所に生地を流し、350°F (約180℃) に予熱したオーブンで 30分位 焼きます。
(ホイルは、焼き上がったケーキを取り出しやすくするためです。 
 パイレックスを使ったのは、側面も見えるとおいしそうだから。 金属の型でも問題ありません。)


2. 焼いている間に、チョコレートプディングを作ります。

Jell-Oのインスタントチョコレートプディング2箱 (各3.9オンス) 
牛乳4カップ (約960cc) をボウルに入れ、電動泡立て器で2分間位混ぜるだけ。
今回は Jell-O のが1箱しかなかったので、もう1箱は Hershey's のを使いました。 どちらでもOKです。

3. 生クリームを準備します。

手抜きバージョンでは、16オンス入りの Cool whip 1個 をしばらく室温に置いてやわらかくしてから使用。
今回はもう少し愛を込めて♥♥♥ Heavy whipping cream 2カップ にグラニュー糖を加えて泡立てました。
グラニュー糖は大さじ2.5~4位、お好みの甘さに調節してください。

4. 合体させます。

チョコレートケーキが冷めたら、3等分にスライス。
このうち2枚だけ使用するので、一番上の段はこっそり食べちゃうか、何か他のデザートに使いましょ♪
ケーキの箱の表示通りに焼くと、これほどふくらまないかもしれないので、その時は2等分にして全部使ってくださいね。

ケーキを焼いた型に、スライスした1枚分を敷きます。


その上に、チョコレートプディングの半量を広げ、Heath English Toffee Bites 適量 を散らします。


いただいたオリジナルレシピでは、Heath Bars 4枚  (各1.4 オンス) を刻んで、半量ずつ使うのですが、今回は家にあったもので代用・・・


その上に、クールホイップの半量、または自分でホイップした生クリーム適量を乗せて平らに広げます。


2巡目は、チョコレートケーキのスライス、チョコレートプディング、生クリーム、ヒースバーの順番で。
はい、出来上がり!

横からだと、チョコレートケーキの部分の層がよく見えませんね・・・

パイレックスの型そのものが重いせいか、とてもずっしりしたケーキのように感じますが、ふんわり軽くて、お食事後にも抵抗なくお腹におさまってしまいます。

今回のパーティーでは、人数に合わせて24等分。 翌日の朝までに完売しましたっ!
今まで食べたケーキの中で一番おいしい! と言ってくれた人もいました。 (嬉しいけど、この程度でですか?)
他にもデザートがあったので、う~ん、もう少し食べたいかも・・・という量でちょうどよかったのではないかしら?

Death by chocolate という名のお菓子は、形も材料も実に色々なバージョンが出回っています。
似たようなので Better than sex というのもあり! (そんなにいいのか??)
おすすめのものが他にありましたら、ぜひ教えてくださいね~♪


おまけ 夕方の空、何とも言えず美しい色合いでした。




ランキングに参加中です。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

4 件のコメント :

  1. sakuraさん、

    こんにちは。
    death by chocolate 、名を聞いただけでリッチな雰囲気のケーキですね!
    6段のレイヤーで完成するまでに根気がいりそうです。
    better than sex,以前このケーキをごちそうになったとき美味しいな感じて名前を教えてもらった記憶があるんです。あ〜それでこんな表現するんだな〜と、,汗
    パーティーで皆からレシピを聞かれそう。
    余談ですが、以前持ち寄りでレシピをくださいって聞いたら,既に準備してた人がいました。この方は頻繁に聞かれるらしい。。

    夕暮れ時。。湖からながめた空でしょうか?

    返信削除
    返信
    1. ねこちゃんさん、

      どちらも誰かが考え付いた名前がウケて、どんどん広まったのでしょうね。
      色々なバージョンがあるようですよ。
      日本では、全く聞いたことありませんでしたが・・・
      レシピを聞かれることを想定して、初めから用意しておくなんてすごい!
      でも、誰にも聞かれなかったらちょっと寂しいかも・・・(笑)

      空の写真は、ご想像通り湖から眺めたものです♪
      しばらく、うっとりと見とれてしまいました。

      削除
  2. こんにちは。
    早速先日ご紹介されていたヨーグルトポムポム作ってみました。
    もうすっごくしっとり美味しくできて感激です!
    夫にも大好評でした。
    こちらのチョコレートケーキも絶対おいしそう。
    いかにもアメリカならでは!、という材料ですよね♪

    返信削除
    返信
    1. Reiko さん、

      さっそくヨーグルトポムポム作ってくださったのですね♪
      大成功だったようで、よかった~
      グリークヨーグルトで作ったのは初めてだったので、
      分量も適当でしたが、家でもとてもしっとり焼き上がりました。

      Death by chocolate も、失敗はあり得ないと思いますので、
      いつか機会がありましたら、ぜひ作ってみてくださいね。
      多分、大いにアメリカ人ウケするはず・・・

      削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...