2011年7月30日土曜日

Loon (ハシグロアビ)

家の前の湖には、loon という水鳥が生息しています。日本ではハシグロアビと呼ばれている鳥です。
北米の北方地域に多く住むこの鳥は、ミネソタの State bird (州鳥) とされ、湖でよく姿を見かけます。

下の写真は、National Geographic のサイトからお借りしました。


今年は幼鳥が2羽、すくすくと育っています。小さな時にはフワフワのグレーのボールのような雛・・・親鳥の背中に乗っている様子がかわいらしいです。
今頃の時期には、雛たちももうだいぶ大きくしっかりしてきて、自力でエサもとれるようになっています。

下の写真は、私が撮ったものです。上が親鳥で、下が幼鳥。撮影、むずかしい・・・




Loon の鳴き声を聞くと、誰でも最初はとても驚きます。
状況によって色々な鳴き方があるのですが、遠くまでかなり響く声で、ヨーデルのようにも、少しもの悲しい笑い声のようにも聞こえます。


夜中には、まるで気が狂った女性の叫び声のように聞こえることがあり、何ごとかとびっくりして目が覚めます。
実際のところ、英語で loony は 「気が狂った」 「愚かな」 を意味する単語です。

冬が訪れる前に、彼らは暖かい南方に飛んで行ってしまいます。
幼鳥たちもそれまでには、たくさんのエサを食べ、もっとたくましく育っているはず・・・頑張れ!


ランキングに参加してみることにしました。
更新の励みになりますので、クリックで応援よろしくね♪
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ中西部情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...